ビロードの闇

0
    本当は映像感想全部残しておけたらいいなって思ってたんだけど、文字打ち飽きてきたから全部は断念^^;。

    POTATOのキンキさん特集のとこで

    「それまでは先輩のバックで踊っていたけど、『ザ少年倶楽部』で初めて自分たちがメインで歌わせてもらった曲。ひとりで踊るんじゃなくて、グループで踊ることを意識して譲り合いとかも学ぶきっかけの空間だったと思う。」

    ってひーさんが言ってたの気になってたの。

    これかな?(2007年10月)


    これより前もあるんだよ(2007年5月)でもねこれだとありたんとゆやくんのバックだよね?





    たしか、大冒険でこのへんのメドレーやってたよね?“グループで踊ることを意識して〜”のくだりはそっちの記憶だったりするのかも?だとすると、少クラでいえばやっぱ10月の方かもね。




    2007年の10月は滝翼さんも出てたー。


    サムライ、今の彼らで踊ったらちょーかっこいいんだろうねー。Taste meとかDo me crazyとか今更だけどやってほしいーってまた書いておく(定期便)笑

    ティアドロ

    0
      生放送もMUSIC DAYもちゃんと書き残しに来ようと思ってる(意気込みだけ充分)。けども、なにはともあれBWB。

      なにがびっくりしたってさ。これよ!


      あたしさ、

      ♪世界を変える法律の♪

      だと思ってた@@!←耳鼻科行け

      そのあと、♪いますぐ飛び立てる♪とか♪追いかけるディスティニー♪みたいなのはなんとなく聴き取れてたからさ。

      『すのーまん、いや、滝さまなんつーレジスタンスな曲をすのーまんに歌わせようとしてんだ!重責じゃん!』

      って勝手に思い込んで、こんな難しそうな歌詞は聴きとれる自信がないっつって、メモとるの放棄したんだよな・笑。

      ♪世界を染めるFalling snow♪

      ですか・笑。

      実はものすごーく彼ら寄りな甘い歌だったというわけですね・笑。いやいや失敬失敬←

      またそっちよりな目線で考察したいなー(意気込み充分)・笑。


      で。今日は、その映像感想を残しに来る前にどうしても書きとめておきたいと思ったことがある。とは思ったものの、時間がなくて以前(2014年歌舞伎のころ)書いたものを引っ張り出してきた。短い言葉でまとめられないんだよな(いいわけ)。*青文字過去記事



      以前。ほめことばを50個並べてみようみたいな記事を、当時まだブログを書いてた友人と連動して書いてみたことがあるんですけども。その中の26番に

      「よどみなく振り下ろす真剣のような峰の尖った鼻筋。」

      って書いてあって、そのあとの27番に

      「とがった鼻の穴。でも力が入ると膨らむウソのつけなさそうな小鼻。」

      って鼻に関する連想がつながってたんだ。

      50個を読み返してみると“ほめことば”というよりは、自分が渡辺くんのどういうとこが好きなのかってことの羅列みたいなかんじで、我がことながら今さらだから尚興味深かったです。43番「翔太のために着て来て欲しい浴衣の妄想ラバーぶり。」とか・笑。あーこれいつなんの雑誌で言ってた記事だっけね・笑。

      で。お話を元に戻しますと。なんとなく書き残しておきたいなと思った渡辺くんの鼻のお話をつらつらと。

      “やばい。このひとをもっと好きになる!”・・・って気持ちにエンジンがかかった日の彼の表情というのが(ふふん。見たきゃみれば。(妖笑))みたいな流し眼と、俗世のものとは思えない美しい逆三角の背中の残像だけ残してふわりふわりメインステに戻って行くのを見たのがきっかけだったんですけども。この記憶。思えばこれまたただの主観というか、自分の個人的な妄想んなかで作りあげた非常に勝手な渡辺くん像にすぎないなとは自覚してるんです。それでも、この時感じたこういう彼のお高いかんじとか、触れたら消えてしまいそうで決して手をのばしちゃいけない孤高なかんじは、その時とは見えてる形に変化の多少はありますが今でも好きだなあと思う部分でもあります。

      でさ、その表情にそういう感想を持ったおっきな要因には、あのとんがった鼻の造形美にあると思うわけですよ。ほんっとこの鋭角さ加減の美しさたるや。あたしにとっては、できるなら時間を止めていつまででも眺めていたい東山魁夷の宵桜と同レベル(多少誇張だろってな・笑)。

      で、過日、歌舞いてまいりまして・・・。

      前列花道の真横あたりというありがたいお席に座らせていただきまして・・・。

      で。あたしついに!

      祝御開帳!いや、もとい。(多分)初!!生尖った鼻の穴!!!

      できたんです><><><@ ←あー前置きのわりにくだらんオチだなとか言わんといて


      場面は、一幕。五右衛門の梯子を支える場面なんですけども。

      梯子支える刺又担いでシモテ袖から大股で風切って出てくる渡辺くんの瞳は険しめで、ぴりぴりっとした緊張感がその表情だけでもびしばし伝わって参ります。そこから梯子の先端越しに五右衛門の荷重をこれでもかと受けるべく広く足幅を取って中腰になった太腿が、二度ほど落ち着きどころを模索して踏みしめ直すのが超絶雄々しくってたまらーん><@うつむいてグッと顎に力の入るかんじもおっとこくっせぇぇぇぇ><@・・・とどぎまぎしておりましたらば。

      わたなべくんごえもん見あげたっ><@><@><@!!!

      ノドボトケの隆起越しに見あげる渡辺くんのとんがった鼻!いや!鼻の穴><@@@!!!

      嗚呼昇天。新橋演舞場で見あげた大輪の花火ですよまじで。←

      んで見あげた瞬間

      “これ!これ!この形どこかで観たことあるあるぅぅぅぅ><><><”

      と、ひとり一瞬悶として、すぐにこの記憶の引き出し引っ張ってきたあたしエライ!←

      うん。

      いつか

      で見たこれですよ。

      ティアドロップス。

      いつか の一番サビのあたりで滝さまとピエロさんの踊る向こうに、キラキラと光るティアドロップの映像が流れてる記憶なんですけども(違ったらごめんなさい)、翔太くんの鼻の穴の形ってほんっとこういう形してんだもん。めっちゃキレイ><ちょーときめいたぁ><こんなときめきひさびさだぁ><@

      はあ。パーツフェチの話は楽しいね。←どんなオチ


      *注意*五右衛門の梯子の場面は、そういうの堪能する場面ではございません。梯子上の五右衛門を皆で支えるこの場面。春の大舞台を身を呈して支える役者たちと座長とのこの舞台の縮図とも言えるとても感動的な場面でございます。ええ、ええ。一応わかっちゃいるんです^^;。



      はい。ここまで読んでいただいた方にはうすうす感じていらっしゃるとは思います。

      今回のBWB。

      やばくないっすか?

      これとか


      いや、これか。



      なんならこうだな。


      涙型の鼻の穴。美しすぎる。←要は言いたかったのはそれだけです。はい解散・笑。










      When you wish upon a star

      0

        あれ?二胡の前奏は?笑





        アイドルも盛りっつーもんがあろうに、ハタチもとうに過ぎて今更初めてとかさ。そりゃこれだけの大御所さんに手掛けていただきゃ呼ばないわけにもいくわけあるまいとかさ。思うには思うよ。


        初めての単独クリエでみやちゃんがおもむろに発した「やっとできたんだから!」って言葉を思い出したりしてる。


        やっとだね。


        それが彼らの歩調だよね。


        そして万事はすべて繋がっているんだろうね。


        そんなとこにちんまり座ってるの、なんかちょっとくすぐったくて見てるこっちが照れるよ。




        今更

        「こんなの初めて」

        みたいなやつ言えるなんて。

        嬉し恥ずかし初MCブースです・笑。




        ひとつひとつの階段を一緒に上らせてもらえる感覚を共有させてくれてありがとう。


        嬉しいなあ。やっとだね。

        提案

        0


          Rush of Light見てる(2006年リアフェ)。

          この曲のバックにいるかは確認できないけど、周辺の曲のちびっこたちの中にいるのは間違いないのかな。ジュニボでもないころの彼ら全員が多分最初に一緒になった現場ってことでよいのかな?スレイブオブラブをソロに選曲したひーさんのロマンチシズムを思えば、ラッシュオブライトにそういう観点もあるのかも?なんてぼんやり思ったり。

          でさ、懐かしくなってダラダラダラダラ流して見てたんだけども。


          !!

          みやちゃんは来年木村先輩(いや、正確にはキムタクの曲をパフォする亀梨先輩?)をやるんでしょ?←決めつけ・笑。

          ならさ、かつん曲の枠が空くのよ!(←あんまかんけーねーか・笑)


          これ!

          来年はもう25だしさ?こーゆーのやろっ?ね?ね?←


          ピンキー(//∇//)


          歌舞伎のムショくんたちにバックお願いしてさあ(//∇//)





          ま、リクエストが届くとはゆめゆめ思ってはおりませんが。←


          ムラサキも直立で歌い上げずに踊りながら歌えば良かったのになーとは今でも思うのよ。ここだけの話←。


          はい、脱線。

          で、最後まで見たらボーナストラックに YOU が入ってて



          雨の夜のちょっとセンチメンタル。笑

          Rush of LightのCメロは、YOUのBメロから繋がってるんだなあ


          みたいな・笑。


          YOUがクリエのセトリにあったのは2年目の時だっけ?今の彼らが歌ったらまたかなり違う趣きになるんだろね。楽曲もこうして育むことができるんですねー。ってお手紙書こう、あべちゃんに。←

          夜長月

          0


            ♪カラダの線や髪型に僕は
            ときめいていたわけじゃないよ

            信じて たとえ抱かなくても君を

            好きに違いないのさ♪



            あ、これはひかる。





            PGF見て やっぱ好き ってなってる。そのあと歌舞伎の映像感想残そうと思ってたのに、結局ディスクチェンジしてOH!!まで見てウルウルしてBaby3見て やっぱりやっぱり好き ってなってる。この舞台を生で見られなかった私はどこまでいっても一生新規って思い知らされたりする・笑。まだまだだなあ。

            ばかーーーー!

            0


              夜な夜な書いてたステージナビの感想飛ばした(T_T)

              もうやだやめるじゅげむなんてやめたるばかばかばかー(T_T)


              とりあえず全然関係ないけど、今日の癒しに置いてく(T_T)

              HIGHER FLY
              記憶の中で黒髪の残像だったから歌舞伎の時期?はビンゴだった。

              2010年4月


              だんだん少クラでの出番が減って行ってるころで、すのーまんだけで編集したら2分とかさ、そんな時期で。んで、たしかこれ革命のあと歌舞伎を待つまでのなべロスな期間だったのもあって。




              この瞬間から

              目線が来たのがすごく嬉しくて


              目があった!みたいな感覚に泣きそうになった記憶の映像。


              捌ける姿もたおやかでいかにも渡辺翔太で。好きを募らせた映像。


              痛々しいな←いまだから談

              この間奏群舞最高よね。久々に見たけどやっぱ好きだわ。






              こんなにかっこいいのに・・・


              捌け際、ひーが靴すっとばすオチ付き・笑。



              この月、憧れのエゴイストもあった。いろんな感情思い出しちゃうな。




              そろそろ桜も見ごろだね。(ステージナビ感想飛ばした現実逃避感)

              定期検診

              0
                みたいなもんです。私にとっては。好きの上書きを重ねる作業のような。


                昨日は濱田担の友人たちと顔合わせてまして。そしたら“みんなの担当くんがいる映像見よう!”って話しになりまして。

                そりゃあこれ見るよね。


                今は好きを高度10000メートルの水平飛行中ってかんじなんだけど。



                この頃って、その10000メートルにものすごい急角度で上って行く時の“好き”だから、想いの重量感がハンパない笑。

                ただただシンプルに“ああ本当にかっこいい”って思える渡辺くんです。

                多分今の方が何倍もかっこいいんだけどな・笑。


                昨日はガヤ担もいたからちょうどこれも見てた(*^^*) えびきすさんと濱ちゃんたちのリアデラ(*^^*)


                数年後、この緑のジャケットはショート丈にお直しされるんだねー・笑。感慨深いや(^-^)

                ♪誰かのために笑えたら

                0
                  素敵さ♪


                  雪やだよう

                  はあ。今週も頑張りましょう

                  た。






















                  はつうた劇場楽しそうだね(*^^*)


                  ハーブレ

                  0


                    昨夜は、友人のラインに浮き足立って記憶の破片のままの言葉をあげちゃいまして・汗

                    ブレイクスルーじゃなくて、ブレイクザレコーズと

                    ハーブレはHEARTBREAK でひとくくりのHEARTBREAK CLUB でした・汗

                    まず、こんなところからググったりする方もいらっしゃらないとは思いますが、一応訂正をしにきました。


                    おはようございます。



                    あの後。ハーブレ映像求めて過去少クラディスクを漁っておりました。なんの縁か、多分渡辺くん入所後最初の少クラの月から我が家にも地デジがやってきたので、KAT-TUNがハーブレ歌ってるようなころは完全アナログで。まあ、画質悪いねー。バックには、2がつく前のキスマイさんとエビの兄さん方いらっしゃるけど、これこの映像からバックの人にハマるのはなかなか難しいよね。改めて現場至上のバック担のしんどさと、地デジの効能を感じてます。



                    あ。

                    ハーブレ歌う渡辺くんは、きっとかっこいいに違いない


                    と、思うとき想定している場面はここなの。Cメロ。


                    ♪さびしさに乱れて
                    切なさに酔いしれて
                    悲しみを口説く場所

                    ふてくされたみたいに
                    とんがったその胸も
                    優しく刺激してやる

                    lonely lonely
                    気がすむまで
                    lonely lonely
                    ここは
                    HEARTBREAK CLUB♪


                    まあ、今月だったかのサディラ見てると、このへんの曲はストーンズさんたちが歌っていくのかなーって勝手に諦めてたから、ここまで歌ってないかもしれなくても仕方ないし、歌割りとか贅沢なこと言ってらんないや・笑。ホール収録に呼ばれてハーブレ歌わせていただいたらしき事実に感謝感謝だね(*^^*)


                    あ、そうそう!真田担によれば、ふみきゅんとの曲はホテルマン衣装だったんだね(*^^*)

                    ジャケットはないけどパンツこれかな(*^^*)


                    この曲を ふみきゅんと パフォーマンスしてることがとっても意義深いですね(*^^*)

                    孝行息子たち的な・笑



                    さて!日常!がんばるよ!



                    やばばばば!

                    0

                      今夜は何人か、お友達が入っておられて。ほぼ同時刻になるお知らせ音!!

                      あ、ネタばれネット上に書いちゃいけないんですよね?


                      だったらせめて叫ばせてー≪≪≪≪≪


                      あたしこれ結構念願だったやつーーー≪≪≪≪≪

                      絶対絶対似合うと思ってきたやつーーーーー≪≪≪≪≪

                      うれしいいいいいいーーーーー≪≪≪≪≪


                      夢がちょっとずつでも叶って行くのは、彼らの精進のおかげだと心から思います。









                      ブログ内探したらいっちゃん前で2009年の5月に書いてた。喜びの歌感想@ぶれいくするーざれこーど期。


                      このあとの亀梨くんの日あたりに『Heartbreak Club』とかの
                      バックにつかないかなぁ・・・
                      なんて、個人的エゴですか?
                      ぜ〜〜〜ったいかっこいいと思うんだけどなぁ。

                      中略

                      強めのまなざしで、きっちりカメラ目線で惹きつけたあと、
                      090519_1524~0001-0002-0001.jpg

                      優しい笑顔で骨抜きにされたかと思うと、
                      090519_1525~0001-0001-0001.jpg


                      ふっと視線を上へ泳がせて
                      「ちゃんとオレがいてやるから」と言わんばかりに
                      最後はさらさらの黒髪で表情にクローズをかける。
                      090519_1615~0001-0001.jpg

                      そのSっぷりに、ほんとまんまとやられてる。
                      翔太の“S”は、やっぱりその“えす”なの?(・・・てか、希望してるでしょ?自分・笑)



                      今回収録参加の友人の言葉からすると、バックではないよね?他ユニさんと一緒といえメインでのパフォーマンスなんだよね?

                      かみさまぁぁぁぁぁ≪≪≪≪≪

                      こんな未来を

                      ありがとうございますぅぅぅぅぅ≪≪≪≪≪




                      追記

                      ♪昔の名前で出て〜いま〜す〜♪ 笑

                      yui(優結)は、次男が女の子で生まれてきたらつけるはずだった名前でした・笑



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      渡辺翔太

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode