【Reboot!!!】〈A.B.C-Z〉(初回限定5周年Anniversary盤・初回限定5周年Best盤・通常盤) (2017.2.1発売)

0
    2017年2月1日はA.B.C-Z先輩のデビュー5周年おめでとうの日でした。おめでとうございました!

    シャワーゲートに続きすのーまんをご一緒させていただきありがとうございました(と、あたしがお礼言うのってなんか変な気はするけど)って思ったんだけど、そっかシャワゲはシングルじゃないんだっけ。MVで言うとトゥインクル以来なんだね。んんんーよかったねえうれしいねえ。

    はっしーがピタゴラみたいなの大好きって言ってる場面の“ぱっ!”って花が咲くみたいなとこのトゥインクルの渡辺くんが首でカウントとってるもの笑顔もかわいくて大好き。いっぱいりぴったなーって思い出しながら、久々に見てやっぱり一緒に笑顔になったりして、アニバーサリー盤ベスト盤も合わせて楽しませていただいてます^^

    キスマイ先輩のライブ映像に晴れて残していただいたZZLといい、えびちゃん先輩のMVに五関さま共演で技残してもらえたアクロバティックといい、二曲ともほんとにシアワセもんだね。いつか、すのーまんの映像が公式のもので残してもらえる日が来たときも、きっとこの嬉しさ思い出したりするんじゃないかなって思いました^^。いつまでたっても頭の上がらない先輩方だなー。きっと言葉にはいろんな含みがあるんだとは思うけど、ライバルなんて言わせてもらえることも感謝しなくちゃだね。


    河合先輩がキューブ扱うことについて答えてる場面もなんか感慨深かったなー。他は思い出せないけど、帝劇でえびさんたちがキューブって聞いて思い出したのが手越くんとすばるくんとのドリボかな?って思ったんだ。サーカス小屋の場面だっけ。流れもすぐには思い出せないけど、カミテ側の通路でさっくんがえびさんに混ざってロープフライングしてさ、下にいるJACさんにクルクル回されてて。クルクル回されてる遠心力で負荷がかかるに比例して、さっくんの塩ビ人形みたいな体が ぎゅぅぅぅぅぅ〜 って絞られて筋肉が浮き出てくるのを下から見上げて、なんてえろい光景なんだ!って、私はのんきにうはうはしてたけども。←

    んでたしかその場面だったかのキューブもさっくんが回してて。

    佐久間担ちゃんたちが、“ロープもキューブもで。さくちゃんがえびさんに入っちゃったらどうしよう”ってオロオロしてたっけなってのを思い出してる・笑。はっしーがえびさんに加入してほどなくのドリボだったから、そんな心配したのかも・笑。(あ、当然だけどえびさんに加入することが怖いんじゃなくて、すでに愛情いっぱい育んでしまっていたみすのが解体されちゃうのが怖かっただけだよ・笑。結果その未来には解体されたけど・笑。←)

    そしてそれから、えびさんにさっくんが加入することはなく・笑。デビューされて5年が経ちました・祝。

    ってな・笑。

    歳月とはそれぞれにそれぞれ様に流れていくものですな。

    で。渡辺くんもキューブ回ししたことってあったっけ?←だれか


    そうして、リブートのメイキングも見始めると止まらなくなっちゃうんだけども、ミュージッククリップコレクションの方も一旦再生するとしばらく見入ってしまうよ。その曲ごとに日生劇場のステージの渡辺くんたちを思い出して、その連鎖で舞台映像見ちゃったりして。レッシンあたり初めて聞いたときの心震える感ったらたまんなかったなーとかね。ほんと名曲だらけ。

    歌は世につれ世は歌につれ。

    歌ってほんとタイムマシンだね。

    10年そしてその先にそうして振り返ったとき、“5周年のときはすのーまんについてもらったよね”って思い出してもらえたら嬉しいね^^。思い出せたら嬉しいね^^*



    【CONCERT TOUR 2016 ISCREAM】 〈Kis-My-Ft2〉(Blu-ray/DVD) (2016.12.21発売)

    0
      しょーたん、まもなくメリクリ^^。おげんきですか?^^*

      ひとめぼれした〜。ポインセチア^^*


      クリスマスと言って自分にとってはもはや特別なものでもなんでもないけど、抱えて帰る自分の姿を客観的に見たら、ものすごくクリスマスっぽい人みたいだなって思っておもしろかった。なはは。でもやっぱ“こんなのにフンパツするくらいなら通常版も買えばよかった?いや、それよりなにより新幹線乗る方向に意識上げてけばよかった?”とは少しは思った・笑。

      でも大満足。大事に育てるね。うん、綺麗だよぉ^^*


      キスマイさんのDVDはいそいそと前日に入手したよ。ソロドキュメンタリー映像がいまのところとっても好きです。カメラ意識してノリノリでかっこつけてるのもまあそりゃかっこいいとは思うけど、素のなんでもないぽーっとした表情眺めてるほうが体温上がるかも。

      それからそれから。

      ZIG ZAG LOVE おめでとう^^*

      北山くんが“ここからはペンライトを白くして・・・”って言ってくれたときの、冷房のかかったドームの香りと、彼が緊張していないといいなと祈った緊張感がフラッシュバックして鼻の奥がツンときた。あのときは映像に残してもらえるとは思ってなくて、というかそういう期待はしない癖がついてしまってるから、だからこそ自分の目で見ておかなきゃって気負いが今まではあったように思う。日生で初披露された日、こんなにクリアな映像に残してもらえる日がくること想像してた?答えは否ですよ。

      日を増す分だけ大切の重みも増していく曲ですね。40歳になってもみやちゃんの上とんでロンダートバク転につないでね・笑。


      今日はキスマイ担だった(過去形・笑)おともだちーずと観賞会♪どれから見ようかな〜^^。

      DVD 「滝沢歌舞伎2016」(2016/9/14発売)

      0
        白地に金文字のパッケージまでもがとっても縁起よさげな今年の歌舞伎DVD(初回版)です。発売おめでとうございました。


        んっと、これで・・・3年連続で出していただいてるってことだっけ?そう思うと、隔年で出していただいてない年のも残しててもらえたらよかったのになー・・・なんて今更なこと思ったり。2011年のは渡辺くんもリベンジャー最後まで踊ってたしさ、にかちゃんの捨十大好きだったしさ、2013は演舞場リターンズでいつかの初年だったわけだしさ、まあ、そんなこと言ったら、どの年より手元に置いておきたかったのは2012年の革命ですけどもね滝さま。帝劇の組曲とジジイがダンス映像を自分の手元に置いておけてないって考えるだけで改めて泣きたくなります滝さま。

        なーんてな。出していただくことが当たり前のようになってしまうと、いつしかそこに感謝を忘れてしまうからダメだね。去年の10周年がいろんな意味でイレギュラーだったんでしょうね。


        今回の少年たちの中に“あれ?この音源って?革命?ドリボ?”みたいなシーンがいくつかあって、そのたびに隣の佐久間担と合図しあって懐かしさに胸がぎゅーってなってます。年をとった証拠でしょうか。←



        ドキュメントの中で“Snow Manとしては4年”と言っておりますが2009年の革命元年は前身グループの生まれたステージでもあるわけで、故に滝さまの舞台映像は彼らの成長アルバムのようなものだと思ってます。本年、フルモデルチェンジをしてリスタートに立ちあわせていだたいた11年目の滝沢歌舞伎も映像で残していただいてありがとうございました。10年目までのWITH LOVEの演出と彼らの立ち位置に想いが強すぎて、新しくなってしまったこの曲を自分がどう受け止めるのかわからないでいたのですが。開いてみたら、イントロからすぐに胸にストンと落ちて来て納得させられるのが心地好かったです。水辺の美しい鳥の戯れに、僕のカケラの岩本くんを思い出させてもらえるのも甘酸っぱいです。今年のはホントにイントロが大好き。笑。


        本編・ドキュメントを眺めるにつけ、やはり長きに渡ってジャニーズにいらっしゃる先輩というのは偉大だなあという極めてシンプルな感想にたどり着いている次第です。渡辺くんが「ちゃんとやれ」と叱られたのはこの振付師さんですよね?文字面だけで描いていた想像が立体的に浮かんでくるようでした。この方に“もっとできる”と思ってもらえたんだよね?すごいことだね渡辺くん。

        そうして観劇時に見ることのできなかった全体像を眺めてまた感動を新たにしています。MASKの三宅くんの鬼気迫る表現力は小手先のものじゃないんだろうっていうのは素人目にも迫ってきます。アーティストですね。男女の舞の三宅くんの“Sっぷり”は、今回の演目のなかでかなり大好きな場面だったので、裏話聞けて嬉しかったです。あとはね、蝶の舞の序盤のピアノの旋律も大好きなので、お家にいて聞けるのが本当にうれしい。お目当てくんのいない舞台に新幹線代は出せないってずっと思ってきたけど、いつか渡辺くんたちが出なくなっても、いつか渡辺くんを一番に好きじゃなくなる日がきても・笑、滝沢歌舞伎のファンでいることは変わらないと思う。おばあちゃんになっても東銀座で下車するトキメキを楽しみに生きてると思います。滝さまますます頑張ってくださいね・笑。


        年末の帝劇舞台が発表されたとなると、来年の歌舞伎にお迎えするゲストさんもぼちぼち決まったりしているのかしら。滝さまの構想の中にすのーまんもそこにいてくれるかしら?

        ずうっと続いて欲しいという欲求とはこんなにもせつないものなのだな。

        しかし、心が弱ってるときには見たらダメな映像だな。“みんな大人になったなぁ(T_T)”ってこれ書きながらずっと泣き笑いだもん。看板にいつわりあり だな、まったく・笑。







        そんなことで(どんなことで)

        0


          豪語したけど。

          やっぱりこれも好きです。先輩。←告白ふう




          高校生のころ、よくしてたフリーダンスだよね。そう言えば最近やらなくなっちゃったね。



          んで、この約束の歌はこのCメロの渡辺くんが本当に大好き。





          たくさん擦り込んできた分、思い出そうとするとこちらの絵面が先に思い浮かんじゃう。今年のが先に思い出せるように、早く次の観劇日が来て欲しいな。

          夜更かしのつづき

          0


            朝からはやめなきゃって思ってたのに


            ここで止まって


            ここから先に進めない・笑



            なんでこんなに好きなのか結局わからなくなる。

            やっぱり踊る渡辺くんが好きだ。


            あああ。

            この痛々しいテンションで仕事行かなきゃいけない火曜日ツラ・笑。サントラの組曲からリベンジャーの流れ最高だよね。どっぷり嵌って今日も出勤するー。笑


            あ。

            ここまで来たら巻き戻さずに見る自信ない≪≪←その方面の方々へ・笑


            んにゃー

            0


              いつか



              ここ



              この瞬間の渡辺くんが好きなんだよなあ。うつってなかった(;_;) やっぱりシンガポールで売られてた映像と同じっぽいね。

              いや、こんな綺麗な映像残していただいてありがたいには違いないです。


              さて。少クラ見よう。←

              俺たちはずっと!

              0
                ヒデアキの戦士だ!

                ・・・の

                意思表示かしら?笑

                チェゲバラだよね?

                某先輩くんからいただいたものかもしれないし、本人は知らずに着てるだけかもだけど。

                革命家の生き様って心に刺さる何かしらがあるよね。



                ってことで、いまこのあたり・笑。

                ◆ジャニーズJr.メール伝言板◆12月18日号《「滝沢歌舞伎 10th nniversary」DVD 2016年2月3日 発売決定!!》(2015.12.18)

                0
                  お知らせが届いて、わーい\(^o^)/ってなって、友人さまがたがみんな

                  「ショップ盤でいいよね?」
                  「よ〜いやさ〜でいいんだよね?」

                  ってかんじだったので、ふんふんそっかーそうなのねー って思って、あんまり考えずにポチりました。

                  はあ。一安心。

                  で、ようやく詳細を眺めてみた。


                  ん。
                  んん?
                  んんんーーー?


                  ひょっとして、シンガポール公演自体はない?ドキュメントって、ドキュメントだよね?←そりゃそうだ

                  これシンガポール盤と言ってシンガポール公演が入ってるわけではないよね?←往生際悪い


                  はああああ。さくちゃんの剣舞見たかったあああ。←誰担


                  形になるのは本当に嬉しいのだけど、なにかひとつ完結してしまうような気がして無性に寂しくもあり。


                  歌舞伎なのに組曲が残してもらえるのは、もはや執念を感じる。きっと滝様も強く望んだのではなかろうかと邪推してしまう。

                  革命のなかにもまだまだ聞いていたかった楽曲はたくさんあったまま、ジャニワ分の年数再演されないでいるわけで。

                  終わることなんて考えもしなかった滝チャンネルも終わってしまうわけで。

                  この発売のお知らせのピリオド感の予感に寂しさをしまいこんでおけないです。


                  蜜時。

                  いつまでも続いてほしい。



                  ワガママだよね。わかってる・笑。

                  彼らはきっと、もっともっと。ここよりもっとその先を見据えていなきゃいけないんだよね。




                  【A.B.C-Z Early summer concert(2015.5.31収録)】 〈A.B.C-Z〉(Blu-ray/DVD) (2015.10.28発売)

                  0


                    なんとかジャニウェブの更新だけは、その日の日付のつくうちに感想なりなんなりあげたいから、今日までにすのごとなべごとをまとめておきたくて置き終えたつもりでいて、だいっじなのわすれてた。そうこうしてたら前半誌やら誕生日がやってくるのか。時の流れはいつも同じように流れるはずなのに、このところのすのーまん時間は激流だね・笑。すごいすごい^^*


                    ということで、えびさんの初夏コンをやっと腰落ちつけてみることができました。発売本当におめでとうございました。


                    これ思えばクリエの翌日(映像になってるのは翌々日)あたりの渡辺くんじゃん/////。 逢瀬直後の彼だと思えば、なんとも言えない照れくささなんですけども/////。 ぎゅうってされた夜の翌朝「いってらっしゃい」って送り出した彼のお仕事ぶりをこっそり見るような/////。←もーそーっていつでもいっぽーてき

                    「後ろ姿が佐久間と一緒なんだよ」

                    と言われてさっくんと並んで振り向くと、おもむろにかきあげた後ろ髪の奥の刈り上げた襟足の境でヘッドセットがいい塩梅に渡辺くんの後頭部におさまっていて、“髪型気にせずイヤモニから付け替える効率考えてこうした”的なこといいながら、やはりこんなふうに後ろ髪かきあげて刈りこんだ襟足を見せてくれたクリエを思い出して、なんだろ、さらにさらに胸がきゅってなりました。

                    あ、そうそう、そのね。MCの河合くん談によれば前日さくなべを間違えてしまったというずっとラブでね。センステに移動してからの間奏で、2人ずつを紹介した後に「こいつらがすの〜ま〜ん」の紹介をうけて6人揃って踊る場面があるじゃんね。これさ、クリエで阿部ちゃん先生のコーナー後のセトリに入ってた嵐さんのBitter Sweetの前奏後奏についてた振りと一緒?(って思ってまだ確認できてないんだけど)

                    って思ってね。

                    あのときビタスイについてた振りを操る渡辺くんのスイートな表情に、この期に及んでまだ好きベクトルの角度が思わず上がるのを感じてしまうくらいの甘い瞬間だったのを、つい思い出してしまう。そんなことで、ずっとLOVE。思わず何度も10秒戻ししてしまってる。


                    なんてな。

                    こんなふうに切り取って書き始めたら感想とっちらかるよね・笑。


                    平日の真ん中に遠征してしまったクリエのため山積した日常を思えば無理もできず、この代々木のチケットは手にしていなかったのですよね。映像にしていただけたことがほんとに嬉しいです。「あしたえーびーしーと思ったらトリハダたってきた@@」って言い残して終幕したクリエの翌々日ってことだよね・笑。

                    つながってて、なーんかじんわりくる。


                    大阪のチケットはね、もともとちゃんと申し込んでたんだ。クリエ直後だし、すのーまんがつくことはないんじゃないかなって思ってたんだけど、えびちゃんたちがデビューした後の 初!城ホ! だし、他担の自分がなんだけど、お祝いのつもりでね、おじゃまさせてもらえたらって思ってたのね。

                    まあ、ふたあけたら単独クリエ直後だろうが、つけていただいていたわけですけども・笑。結果、大阪で、夏のはじまりを担当くんと共にすごさせてもらえたのは、ごっつぁんゴール的だったわけですな・笑。



                    “つくかどうかわからないけど、初だし、お祝いのつもりで”

                    って感覚で新幹線に乗ったのは思い返せば何度かあってね。はっしーが初めてソロでクリエやったとき(このとき渡辺くんたちはバックにはついてなかったけど)とか、あと、えびさん初の代々木のときとか。

                    今回にあたって河合くんが“阿部ははじめてだよね?”みたいなこと、ちらほら言ってたけど。そう。えびさんの代々木に6人でつかせていただくのは、これがはじめてなんだよね。デビュー前だったけどえびさんの初代々木は5人だったんだ。

                    あのときの光景はやっぱりまだ鮮明に思い出せてしまって、抜けないトゲがいつまでもささってるような痛みを伴う光景なんだけどさ。こうして、6人一緒に、このえびさん代々木に立たせてもらってアトラクションとかNakedとかイナズマとか、ああいう懐かしい曲につかせてもらってるの見て、トゲを抜いてもらったような気になってる。

                    あのときが初披露だった砂のグラスは、歌詞のせつなさもさることながら振りの熱情もさることながら彼らの立ち位置に緩んだ涙腺しめることができない一曲だったので、わがまま言えば。。。今回6人そろって砂グラにつけてもらえたらよかったなあとちょっとだけ思ってしまった・笑。なーに贅沢言ってんだって話しだけどね・笑。

                    メクルメクで途中、縦花で踊るじゃん。あの縦花と同じあたりで渡辺くんさ。そのころまだちびっこだった某踊れるジュニアくんとシンメで、じゅにぼ時代に着てた衣装にもう一度袖通して、Music for the people踊ってたんだよね。あれ見てるの、こっちだってほーんと傷ついたんだからなー≪≪≪ 笑。こんなの本人たちはもう忘れて、先に進んでるんだろうけどね・笑。

                    ふふ。

                    こう書いたあと 笑 がつけられるほどには時間も経過して、彼らも大人になりました・笑。

                    こんなにタイトなスケジュールの中で彼らをつけてもらえたのも、巡り巡ってつながってるんじゃないかって気がしてじんわりくる。そう思いたいのはヲタのエゴなんだろうとは思うけど。

                    そんなこんなをひっくるめて、この映像には 感謝 しかないです。



                    このあとがシンガポール、そして初主演舞台につながってるんだね。

                    明るい未来感じる今年の初夏を、これを見たらいつでも思い出せると思う。

                    とげぬき後の絆創膏みたいな泣き笑いのアリサマコンの映像だね^^*。


                    本当にありがとうございました^^*。



                    Someday

                    0


                      いつか

                      は、

                      Someday


                      なんですね。そっか、そうだよね。




                      絶賛日生舞台中に、空気の読めないエントリーだなこりゃ。申し訳ありません。雑誌のこととか観劇の感想とか、柔らかいうちに記事にしときたい思いはあるんです。あるにはあるんですけど・汗



                      昨夜、観劇してきました。


                      夜公演だったから、早めに行って時間差で各方面の友人とまったりランチしたりお茶したりして。

                      その中のひとりの友人が、シンガポール土産に現地で売られてたというDVDを持ってきてくれてね。(早々に映像化のお知らせがあったから、シンガポール版のおつかいはお願いしなかったの。)


                      で。昨夜帰宅してからはバタバタだったから、そのまま寝ちゃって起き抜けの寝ぼけ眼でコーヒー入れて


                      再生。


                      チャプター見てほぼ無意識に、いちばんに再生したのは


                      これ


                      ばっちり覚醒した。

                      朝から

                      ・・・・・


                      ごーうきゅー。・゜・(ノД`)・゜・。



                      です。


                      歌舞伎の中の組曲と、革命の中の組曲では趣はちがうけど、本音言えば革命の組曲もこうして映像にしてもらえたら良かったなあとは思うけど、


                      でもでも、そんなの置いておいても、良いものは良い。それに尽きますね。・゜・(ノД`)・゜・。


                      あたし、やっぱり踊るなべさんが好きだ。・゜・(ノД`)・゜・。



                      組曲の中の渡辺くんの

                      このときが大好きな瞬間のひとつなんだけど、うまいことその瞬間は映ってなかった・笑。

                      映像って、そういうこと、だよね。


                      ありがたいけど、それでひとつ区切りがついてしまう。


                      概ねはそう思うんだけど、でもね、組曲は特別だわ。もう諦めてたもん。こうして残してもらえただけで奇跡。




                      ああ。

                      朝から胸がギュッてして泣きそうなのは、天候のせいで前頭葉が痛いせいだ。




                      昨日の渡辺くんの残像とこの映像のせいなんかじゃないもん。




                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>

                      渡辺翔太

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode