『少年たち〜Born TOMORROW〜』(ピンナップ)『ジャニーズ銀座2017』【STAGE SQUARE Summer Special'17】(2017.7.27発売)

0
    今週すのーまんのEXが始まるんだねー。時間と現実が重ならなくてぼーっとしてるけど、前日あたりに一気に焦るやつかな。いつもよりだいぶ早い時間に乗らなきゃいけないんだっけか。がんばろ。

    ぼーっとしてるのはミッションK曲で踊るすのーまんロスだいぶあるかも。

    “この曲歌ってほしいなー”“もう一度見たいなー”みたいなやつ。

    でもさ、無意識に口ずさんでみてふと思うんだけども、ケンティーってキー高いよね。んふふ。サマハニとかあのへんの曲を原キーのまま渡辺くんに歌ってほしいかも。高音ファルセットになっちゃう?きつそーにしながら頑張って声出すえろい顔見たいかも(どえす)・笑

    始まる前ってこういうのが楽しいね・笑。



    以下舞台誌感想


    すとんずさんとの対談。舞台の内容のイメージからは想像つかないマリンなテイストの彼らのページ見つけたときの新鮮な違和感気持ちよかったです。ピンナップも夏の日曜の朝のカフェみたい。

    朝から30度近い気温の駐車場から、逃げるみたいに扉を開けたら 涼しく心地よく冷えたお店の中でこんな店員さんたちが待ってるカフェあったらいいな(ぜーたくきわまりない)。そっか、贅沢か。んじゃ、自分がオーナーでもいいな。地元の学生さんのサークルの週イチ定例の集合場所になってるかんじ(それもぜーたくきわまりない)。

    お店を出るときスマホ置き忘れてるのに気づいているんだけど、あえて教えてあげないの。んで、一旦はみんなでお店を出て少ししてそれに気づいた彼が走って戻ってくるのを見計らって追いかける振りして店先でぶつかりそうになるアクシデント!なテイでよろけて抱きしめられるやつ。そこから恋が始まるやつ。そうそう。オンナなんて所詮あざとい生き物なんだよ(ひらきなおり)・笑

    戻ってくるのはしょーたんでいい?だって一応ここ渡辺翔太ブログだし(ひらきなおり)


    えと。何書きにきたんだっけな。←

    みんなでクロストーク。言ってることは他誌と概ね同じようなことかな・笑

    以下覚書

    *ライフル技の基礎がカラーガード

    *公演中落とさなかったのは 阿部宮舘京本田中

    *ハプニング集監修阿部亮平

    *桶ダン、初演はカットされる

    *京本くんの「ここ、座ってい?」

    *個人的(渡辺)には脱獄したい

    *フリースタイルバスケのインパクトを超えるパフォーマンスに挑戦したい(岩本)

    *今年から『大人たち』(慎ちゃん事情)



    印象的な役と役作りに、渡辺くんはBBJ。なぜか好きと嫌いな野菜を聞かれていて、アスパラ(豚バラ巻き)・トマト。


    それからそれからステスクさんはクリエの本人たち感想を載せてくださってる希少な一冊でした。


    表紙ページはNOROSHIとフラミンゴ。特に嬉しかった写真はラブシチュ全般と、サイコの渡辺くん歌いだしで待機してるとこあたり。

    *最初の3曲踊り倒す案は健くん発
    *ワールドメドレー発案はあべべ
    *手乗り宙ですでに4回死ぬ
    *宮ちゃん衣装フルアウトでストレッチ素材を破壊
    *ラブシチュイントロでしゃべりたくなる衝動
    *振りつけするのにフラミンゴの生態から調べる
    *照“リア充の神”だったのか
    *NOROSHIの振りはだてふかなべ
    *ウエスト・サイド
    *RUSH OF LIGHTは翔太がずっと温めてた曲
    *阿部ちゃん先生で一番楽しかったのドッジボール

    いつも“引き算”みたいなこと言うから、今年のは渡辺くんのアイディアも入ってたことがわかって嬉しかった。みやちゃんの手前か、そんなに言わないけど渡辺くんもなんやかんやでかつん好きよね?笑



    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    渡辺翔太

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode