『KING'S TREASURE』(Snow Man)(EXシアター六本木)(2017.8.8 Tue〜8.10 Thu)〈S.Watanabe memo〉8.9 14:30 base 4

0
    『KING'S TREASURE』(Snow Man)(EXシアター六本木)(2017.8.8 Tue〜8.10 Thu)〈S.Watanabe memo〉8.9 14:30 base 4

    ■キ・セ・キ(滝沢秀明)
    ()

    どのタイミングでジャケット着たんだろうなー?思い出せないなー。汗だくシャツの上に黒いジャケットを着たからイヤモニのコードがへんてこなことになったんだろうなー(昼)。左の耳横にぴろーんってコードが飛び出しちゃってたんだ。歌割はクリエのままで、

       深(階段上)
    岩(シモテ階段)宮(カミテ階段)
       佐(階段中)
       阿
          渡

    階段使って散らばって渡辺くんはBメロのところ。

    大サビでシモテから後方マンションセットに上がるようなかんじ。最後までステージに残るのがみやちゃんで「溶けない愛が宝物」として次の曲へ。

    ■愛はタカラモノ(タッキー&翼)

    マンションセットの中にカラフルな羽のついたマイクスタンド(当時より小さめの羽)。

    佐 阿
     深
     岩
    渡 宮

    ♪目の前に広がる〜♪あべふか
    ♪君が弱気なとき〜♪いわさく(?)
    Bメロ(だてなべ)ってことはサビは全員かな?

    愛タカのしょーたんと言えば♪君を離さない♪で巻き込む指先が几帳面で一生懸命で幼くて、嬉しそうに歌いながら踊るのが愛くるしくて。目に入れても痛くないって当時真剣に思ったんだけど。

    同じ場面で巻き込む指先にね余裕があんの。

    なんかもー大人になっちゃってさーって思って見てたら目が痛くなっちゃって。気づいたら視界滲ませてしまったよ。滝翼祭のころって、ジュニアのユニットとしてえびきすさんたちの後行くんだって信じてたし、不安もあったけど8人時代のいちっばん良い時期っていうかさ。そのあと滝さまのソロコンのセトリには入ってたけどピンクのポンポンだったし・笑。それからいろんなことがあって今があってやっと彼らが歌う場面を見せてもらえることになって、そしたら柔らかい指先が男の顔してて。もう胸いっぱい。こんなにおっきくなってる姿見せてもらって報われる気がして、応援してこれて本当によかったって思った。

    ■Diamod(タッキー&翼)

    そうして胸いっぱいになってたらDiamondのイントロ流れてきたから2公演目の空気も読まず絶叫したよ。「え?え?え?まじで?まじで?やばい!やばい!」みたいなやつ・笑。みんなが脱いでボディーペイントみたいな衣装になったらどうしよう?心の準備しなきゃ><ってガチで思ったよね。笑。

    天井からダイアモンド型のセットが降りてきたのも地味に感動した。こんなセット用意してもらえるようになったんだーみたいな・笑

    ♪もうキセキなんて〜♪(阿部)
    ♪ただ君がここに〜♪(佐久間)
    ♪悲しみや孤独から♪(宮舘)
    ♪この手で君を救い出そう♪(渡辺)

    あたりまでにマンションセットが前進してきてサビ前あたりで下に降りて(セットは下がる)サビ。胸いっぱいといいつつ、この曲はもっとがっつり踊るの見たかったー・笑。サビの最後のワンフレーズだけ既存の振り(胸の前で八の字書くやつ)でした。

    ■REAL DX(タッキー&翼)

    歌割やフォーメーションはすのーまんバージョンのいつもどおり。クリエでもこのバージョンが定着しつつあるけども、もちろんみられるだけで幸せだけどセトリにあるだけで満足なんだけど

    ♪両手伸ばして触れる
    涙ひとつぶだけ落ちた♪

    で瞳伏せて静かに止して

    ♪泣かないで♪

    から勢いよく踊りだす瞬間の渡辺くんの足さばきがほんっとーにだいっすきなんで、

    ♪切ないキスして
    急に抱きしめたいよ♪

    またそのうちでいいから見られたらいいな。

    ■epilogue(タッキー&翼)

    最終的に・笑

    “こんなとこまで来ることができたんだなあ”

    みたいな感想・笑

    リアデラが彼らの背伸びに追いつくころ、一番最後に持ってきた曲は未来航海だったよね。多分、あの年だったらエピローグはまだ早いって思ったかもしれない。あれがあの頃の彼らの等身大なのかな。そしてきっとエピローグは今の彼らの等身大なんだろう、と。タッキー&翼さんご本人にも滝翼担さんにも本当に大事な曲だと思うし、手をつけさせてもらうにはちょっと恐れ多いというかさ。それは多分、彼らのほうが強く感じているんじゃないかと思うから、“エピやろう”って言いだすタイミングはきっとみんなが見計らっていたんじゃないかしら。だから敢えて敬愛の念こめてそのままを。そして今がそのタイミング。

    という推量・笑。

        岩(階段上)
    渡(シモテ階段)宮(カミテ階段)
          深(階段中)
        阿 佐

    ♪終わりを告げるベルが〜♪(なべいわ)
    ♪時間よ止まれ〜♪(ふかだて)
    ♪こんな時に限って〜♪(あべさく)

    ♪ずっと忘れない♪(6人)

    サビ(6人)そしてCメロ

    各々がステージに降りてきて

      深岩
     渡  宮 
    阿    佐

    半円で向かい合い

    ♪今日というこの一瞬を
    今までの涙を
    すべてを抱きしめよう
    僕らのすべてを♪

    あかん。書いてるだけで泣く。そして大サビ。顎をあげてフェイスアップして歌う渡辺くんの美しさが力強くて、なんかもううまく言葉が出てこない、心がぐちゃぐちゃ。

    エピのサビを踊る渡辺くんが大好き。フライングする滝さまを見上げる渡辺くんのイノセントが大っ好き。

    今回はそのどちらもないけどでも。エピローグという曲を大切に思うもうひとつ別のページを作ったような感覚。

    歌い終わって音楽が転調するあたりで背を向けたのは“ついて来い”っていう暗なるメッセージととらえたけどそれでいい?階段の最上段はさらなる高みへ昇るととらえていい?先陣切ってだてなべ、そのあとあべさく、最後にいわふかが登り終えるころには、ステージ上がった象徴としてひとつ幕が下りたんだってとらえたけどどうかな。感動したなあ。

    そのあと昨年のパフォーマンスで使ったZZLのオルゴールver.の流れる中、すの日常のままの出演者紹介には6人だけ。正真正銘の単独コンだよ。そしてアイドル雑誌で撮っていただいたふざけた写真(学ランヤンクミ)と「夏の思い出をありがとう!」を最後にFinと流れるエンドロール。どっかしら劇場仕立てだね。このドラマチックなセトリにはひとつ物語があったと考えてよいのかな?笑。

    【EC】

    ■ひと夏の…(タッキー&翼)
    (赤各々ジャケット・他そのまま)

    アンコールにひと夏のだよ!!想いや思い出ぎっしりだし、やっぱ嬉しいよぅ!!!

    イントロ聞こえて来た瞬間飛び上がったってば。超イントロドン!くらいな早さ・笑。

    阿渡深《スクリーン》岩宮佐

    でセットが前進。♪ワナビフリー♪で、あべべはぴょーんって飛んでたけど、しょーたんは消極的。高いもんね危ないよね・笑。ぷるるるるーはー!って吠えるのかっこいい。


    ■Lucky Man(嵐)

    ラブスパイラル来るんじゃん?って思ったらそこは違った・笑。最後までいっぱい声出せ声出せ言われて、ばあさん息絶え絶え。殺す気か・笑。でもハイテンションなまま底抜けに明るく終わるの好き!腕ぶんぶん振って岐路につく前向きなかんじよね、らっきーまんってさ・笑。

    あべくんが先頭にいると無意識に“サザエさん”ってメモる癖があるらしいが、阿部渡辺深澤岩本宮舘佐久間の順でシモテのバルコに出るのかな?メインステに戻って煽って曲が終わり、後奏で宮(なんだったか甘い言葉)→渡(普通にばいばい)→佐(元気にぴーす)→阿(同じようにピース)→岩深(照れながらピース)で、たしかひーさんだけカミテにぴょーんって飛んで捌けるんだったかな。みんなはシモテだったような?

    【WEC】

    *挨拶

    幕上がってのご挨拶だったような。ふっかが仕切ってその日の感想を聞くようなかんじ。○渡辺○○○深澤(渡辺くんはシモテから二人目だったような?ふっかはおそらく。あと思い出せない)。

    昼夜公演で汗びっしょりの背中をくねらせて「Yシャツやばくない?まじえろくない?」夜は「わたなべさんこんだけ汗かきましたぁっ(振りむいてどや)」。そういうのに積極的な渡辺くんに免疫ないから突然やるの心臓に悪いえろいやめてやめないで←。渡辺くんが「Yシャツ」とか言うのさえ淫語に思えるからほんとやめてやめないで←。

    んでそのあとみやちゃんがなんだったか甘い言葉(夢で逢いましょうみたいな)言ってみたり、朝は渡辺くんが昼はひーさんが「もっと声出してほしかったなー」みたいなやつ。確かクリエの初年もアンコール前に「もーっと声欲しかったなー」みたいなこと言ったんだよね。あれ、かなり効果的だったよね?もっともっと声出したらもっともっと答えてくれる?って期待しちゃうもん。だからこれからももっとそうしてだだこねてくれたらいいよ。

    ジョニーデップになりきれてないみやちゃんは朝だったか昼だったか。ひーさんが“塩なめて!熱中症気をつけて”って連発してたから、出口でペットボトルのお茶(綾鷹)が配られてたのはすのーまんのポケットマネーからかと思ってしまったよ・笑。

    さっくんの 皆の衆〜楽しかったでやんすか〜ならよし! それから おっちー! で世界が愛に包まれて、ふっかのとにかくリアル風な「愛してるぜ」でありったけの愛を告げられて、ほわほわな感情に包まれたまま帰り支度をする幸せな幸せな2017年夏のすのーまんとの逢瀬でした。 


    P.S.来年の夏があるなら、椅子のある会場に飛躍していられますように・笑。じゅみょー絶対縮まってるよー・笑。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    渡辺翔太

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode