『Summer Paradise 2017 Mission:K』(TOKYO DOME CITY HALL)( 2017.7.29 Sat ~ 8.2 Wed )〈S.Watanabe memo〉 8/1 13:00・17:00 1

0
    『Summer Paradise 2017 Mission:K』(TOKYO DOME CITY HALL)
    ( 2017.7.29 Sat ~ 8.2 Wed )〈S.Watanabe memo〉 8/1 13:00・17:00 1



    入場ゲートに模られた樹木はジャングルに迷い込むかんじかしら。そしてたどり着いたその先(客席)に異次元な楽園が広がっているかんじ?なぜ異次元なのかというと、1000年先のアンドロイドなケンティがケントロイドとして2017年のケンティーガールズ&ボーイズ(&すのーまんとおにぎり(仮)たち)を幸せにしにくる時空を超えた物語ということで。

    ステージはメインステと中央に張り出しのステージとステージ前方のカミシモは第一バルコニーの目線あたりまで傾斜した階段。ステージ中央とカミシモには階段があって壇上になるセットの下カミシモにトンネル(ジャングル風)状のセット。


    ■OT

    開演はほぼ O'CLOCK。スクリーンに文字打ち音とともにケンティへの指令がスクリーンに流れはじめる。要約は2017年のケンティガールを幸せにしてくるというようなミッション。近未来的(といっても今のビル建築にはもう存在しそうなかんじではあるけど)な建物のなかで、指令を受けた中島くんが足早にどちらかにむかうと、その途中の廊下や踊り場に指令を待つエージェントとして6人。順番は廊下の壁にもたれて立つひーさん、その傍らに座るふっか。自動とびらが開くと丸型のソファに座る渡辺くん、その傍らに寝そべるみやちゃん。そのあとさっくんあべべ(どんなシチュだったかわすれたー)。顔がアップになるとき、エージェントの一員として名前となにかしら紹介の英文字が映ってたけどメモれなかった><。年齢とか?3017年の設定だから、そういう趣旨のものかも?

    このとき流れてるのがたぶんセクゾさんとか中島くんの曲のリミックスみたいなかんじなんだろうなー。“なんか聞いたことある?”みたいな曲がつながってたらしい。

    そこから、救世主をお守りするべく2017年までの時間旅行をお供するようなかんじなのでしょうか。6人を従え歩みを進めるとその先に一見高層ビルに見るようなエレベーターがあって、中島くんが乗り込むと扉が閉まり、それがタイムマシンで1000年前に向かうようなかんじ。すのーまんは時間差でこのタイムマシンに乗り込むのかな?笑

    壇上セリ上がりで登場する中島くん。動きがアンドロイドのようなかんじに左右を見るとその方から黄色い歓声が上がっておりました(WSでよく映っていたかんじ)。

    プロローグは「1000年先から君を守りに来た。」ええ、ええ、女とは所詮男に守られたい生き物でございますよ。とかいう観点で見てたらだめなんだろな・笑。ここで「キャァァァァ」って言えないとだめなんだろな・笑。なんだろ?この感想書き。黄色い声出しリハビリコンサートだったのかもかもしれない予感・笑。


    ■Mission
    (黒ハイウエストパンツ・白シャツ・黒ネクタイ・黒細サスペンダー・黒エナメルシューズ)

    前奏で壇上からステージ上へ真ん中の階段を使って中島くんが下りてくるのに合わせるように、カミシモのセット奥から出てくるすのーまん。カミテが深渡佐って書いてあるってそのあとのフォーメーションから、たぶんシモテは岩阿宮の順で出てくるのかな。

      岩 深
     阿   渡
    宮     佐
       中

    アンドロイド(ロボット)っぽい動きが多くて、肩とか腰を左右に入れてそれに伴い足先あげるような振りが多かった記憶。両ポケットに両手入れたまま揺れる渡辺くんなめらかい。

    ♪秘密の愛♪みたいな歌詞のところに、ZZLの♪内緒だよシー♪みたいな振りがついてた(左腕を後頭部に回して右手でシーってしてた記憶だけど右手銃口だったかも?)から、きゃあってなった。それから、♪手をつかんだ♪みたいな歌詞のところで、両腕を水平に身体の前に出して横向きに恋人つなぎするのもときめきポイント高かった。ぎゅって繋がれた手みたい。

    たぶんこれA・Bメロあたりかな?そのあとたぶんこの曲で最も印象的な部分で

    ♪Mi Mi MiMiMiMi Mission〜♪みたいな歌詞で狭い音階でリズム取るんだけど、顎に片手置いて(?)、膝を伸ばしたまま足を肩幅以上に開いた状態で左右に揺れるの。かっこいいんだけどちょっとペンギンさんみたいなかんじでかわいくもある。そのあとその足幅のまま重心落として縦揺れだったかな?

    後半は細かく肩揺らす振りとか、ひざ下<>ってなる振りとか、大好物だらけ。

    ■Sun Burns Down(赤西仁)
    (同じ)

    現続行赤西ファンの友人いわく“昼も夜もしようぜ!”的な歌らしいですね。英語ってオブラート・笑。

    夜の部。前奏終わりで歌が始まるあたりでさ、ネクタイを上から下になぞりながらセットポジションに入っていったの、うぎゃっ!ってなった。本人無意識に衣装直したくらいのことかもしれないけど、そのタイミングでネクタイなぞるとか確信犯だろ><ぜったい><@ってなった。

    途中でカミシモ入れ替わるんだろうなー。“羽はばたかせる”とか“のけぞる”とか“からだなぞる”とかそんなことが書いてあるから、たぶんえろっちい振りがついておったんだと思う(推量て!)。濃いピンクの照明が際立たせていた。

    渡 阿 宮 佐
     深   岩

    とか

     岩   深
      渡 佐
    阿  中  宮

    みたいなフォーメーションがメモってある。

    たぶんふたつ目のフォーメーションは間奏あたりでこうなるんだけど、マイケルにありがちな重心を片方に傾けて静止するようなかんじとか所謂腰振りみたいな振りがついてて、中島くんはそれに指先も動かしてたけど、渡辺くんはノーマルなかんじ。右手を腰骨あたりに置いたままさりげなく細かく腰揺らすのがかえってえろさ助長しとりましたが。

    曲終わりにステージ前方に白い幕が下りる。

    □Fly(SMAP)

    白幕シルエットで中島くん。それこそこのあたりもThis is itのマイケル的なシルエットだった記憶。二番あたりで白幕上がる?落ちる?どっちか忘れたけど視界が広がってそこからAメロだった記憶。ステージをカミテシモテに移動して、サビあたりでちびじゅちゃんたちが出てくるんだったかな?中島くんはちびエイジェントに追われているようなかんじ。大サビ壇上連発で発砲してちびエイジェントを散らすようなかんじ。

    □Black Cinderella

    前曲からの続きで、白い洋風の丸テーブル上に残されたアタッシュケースの中からガラスのハイヒールが出てきてそれに中島くんがキスをして曲がスタートするかんじ。ちびちゃん4人選抜(名前がまったくわからないっす)。

    ああ!このかんじ見たことあるぞ!ってなったでしょ?笑。これタッキーだったらピンクのポンポン出てくるやつ・笑。

    決めセリフは「俺から離れんじゃねーぞ」みたいなかんじ。黒いシンデレラとはなんぞや?とつい掘り下げたくなるような印象だね。前の曲から持ってたピストルをここまで持ってるのもなんかの意図あるのかな?

    【OPMC】

    ・3017年から来たケンティーです
    ・ケンティーのミッションはケンティーガールズの幸せを守ること
    ・ケンティーガールズのミッションはMission:Kを全身で感じること

    のような説明をするうちに、カミテからいかちーにーちゃん(ひーさん)登場。

    (黒ライダース・黒パーカー・黒デニム・白Tシャツ・黒エナメル)

    エンジニアブーツ忘れられてた?この出で立ちと設定にダンス靴だった(ひーさんは違った記憶)から笑った。

    司を見つけた陽二が青い革ジャン(実際はナイロン?)を持ってきて(右肩に担ぐようなかんじ)着替えるように促すと、そこまで着ていた黒ジャケットを脱いでネクタイもはずすつかさくんという設定の中島くん。インナーなしで白いシャツをお召しで水かぶったようにすっけすけで、ジャケット脱いではぎゃぁぁぁ!でネクタイ外してきゃぁぁぁぁ!ってなるたびに「騒ぐな」「騒げ」などと、よもやこちら側を煽るごとく反応してくださる健人様。

    ぶっちゃけカルチャーショックだと認めざるを得ない新鮮さでした・笑。わたくしども、椅子の背に背中をくっつけ前のめりには決してならず、良いシーンがあれば拍手でそれを伝えるよう育てられたものですから、もうもうもう、アイドルのコンサートってこうなんだよほんとうは!ってなもんでな・笑。リハビリしたのでちょっと今度のEXで試してみたいと思います。どきどき

    あ、脱線。

    岩本くんに「なにをしとる?」(広島弁)的なことを問われ「『3017年からミッション遂行しに来た』という設定」と答える中島くん。ほどなくして、カミテトンネルセットの奥からきんきん冷え冷えであろう水の入ったペットボトルを持参するひさちゃんこと渡辺くん登場。「『司に水を飲ます』という設定?笑」のようなことを言って、中島くんにお水を渡すとエイジ(ふっか)の登場シーンについてお題を与えるようなかんじ。

    昼が「めちゃめちゃかっこつけて出てくる」で、肩にかけてたジャケットをはためかせて着るのかと思いきや、もとどおり肩に戻すみたいなかんじ。その後中島くんのモノマネをする流れで(愛のかたまりをピアノで歌ったときのイヤモニのはずし方)。やりきるふっかは「しみずみちこさん」だとつっこまれオチ。

    白のTシャツの襟ぐりが深くてさ、デコルテ陶磁器みたい。そこから見上げた喉仏が男を主張してるんだけど、まあその隆起からの流線型が相変わらず芸術的ですよ。美術室に飾ってあるやつみたいな。


    そうするころには、ステージ中央にドラムセットが運ばれスタンバイを確認する中島くん。夜「おっけぃ」と答える渡辺くんのモノマネするようにふっかひーさんも「おっけぃ」。「四年ぶりに極楽蝶が揃いました」として次の曲へ。

    ■BAD BOYS

    フェンダー三色のストラト。あべべの?それとも置物になっちゃったやつ持参したのかしら?笑。一応左手がコードを確認してるようなかんじだけど、たぶん覚えててもコードふたつくらい?笑。完全なる弾き真似ですけども、彼はギター弾きじゃないのでご勘弁を(誰に!)笑。夜は映画で流れてた極楽蝶バンドの映像も流してくれたけど、このときのギターは別のものだったっけね。

    一番はシモテ階段セット上にヒサ。カミテ階段セット上にベースのエイジ。ステージ真ん中奥にドラムのヨウジ。そしてスタンドマイクでボーカルのツカサ。

    二番から階段を下りてきてシモテで演奏。そこにツカサくんが寄ってきて背中合わせで歌うのがBメロあたり。サビに入る前の♪ばっぼーぃ♪でツカサの背中を弾き飛ばすようにするときの渡辺くん役者。鋭いまなざしとうつむき気味な表情から鋭角に力こめて弾き飛ばすようにするかんじ。かっこいいよう。極楽蝶は昼の部が映像になったらいいなー(なべ事情のみのわがまま)。

    サビはエイジとツカサが同じようにするかんじ。Cメロ前?の決め台詞は「We are 極楽蝶」。大サビは一緒に歌う。


    曲が終わると渡辺くんはセンターにあるスタンドマイクを捌けさせ、エイジはミカとデートでヒサは橋本良亮(そこヒロじゃないんだとつっこまれ)とデートといって、シモテにふっかカミテに渡辺くん捌け。ヨウジはガラケーからスマホに換えに行くと言ってツカサの革ジャン受け取りシモテに捌け。夜の部捌けるエイジにむけ「イイ男だね」という中島くんの言葉のチョイスが秀逸すぎ。


    □もう君以外愛せない(KinKi Kids)

    中島くんに「みなさんには大切な人いますか?」と問われ、素直に息子たちとか旦那を想い浮かべたんだけど。はっ!それあかんやつやん!すぐさま「しょーてぃー!」って言えなあかんやつやん! と、ケンティーガールズの『ケンティー!』を聞いて反省しました次第です・笑。ほんと、ケンティーガールズ素敵。


    紅いバラを両手の真ん中に浮かせ、ジャジーにアレンジされた「もう君以外愛せない」。カミテに青く光る電飾の彼女セットが出てきてキスをすると彼女がピンク色に染まるような演出。

    □This Night(悲愴二楽章)〜ディア ハイヒール

    わけなく大好きなビリージョエルの曲なので個人的にはThis Nightとしましたが、映画見たら悲愴かも(未確認)。♪心はさけばない〜♪とアカペラで歌い始め、そのあとピアノ弾き語りで♪ためぐち聞いてたぼく〜♪とつながるかんじ。白いグランドピアノは旋回。

    その後ピアノから離れステージのシモテの方へ歩みを進めると、ステージに上がる階段上に選ばれしケンティーガール(二番サビあたり)。その選ばれしケンティーガールを見つめて、ときには頭を抱き寄せる(実際触れていない寸止めあたりに手はあった記憶)撫ぜるような演出。

    ほうほう、こういう演出アイドルなら一度はやりたいんでしょうなあぁぁ と、結婚式の参列者の親戚みたいな感覚で目を細めて眺めておりましたらば。

    あべちゃんやん!

    姫役さんの傍らにあべべがおりましたとさ。だいぶたってから気づいたっちゅーね・笑。エスコート役やらせていただいてたのね。適任!パーツはちがったけど、ホテルマンの黒衣装だったような?

    切ない歌詞だねえ。♪愛してるとサヨナラだけは口に出せなくて♪という名曲もありますけど、時代ごとの王子様たちが歌い繋いでいく世界なんだろうねえ。

    □エンジェル(KinKi Kids)

    思い出のアルバム(砂に書いたハートとかふたつのはぶらしとか)をめくりながら彼女の未来の幸せを祈るような演出。たしか、壇上のセリが下がって捌けたんだったかな?


    【阿部ちゃん先生】

    阿部ちゃん先生は白衣じゃないよ、スーツ姿。「みなさ〜んこぉんにぃちわぁ〜(みなさんこんにちは)」とコールしながら出てくるあべちゃん先生にちゃーんと『こーんにーちわー』とレスポンスしてくださるケンティーガールズさんたち優しい・涙。

    ミッションワールドに来た先生は生徒さんを呼び入れると、ちびちゃん3人(推定ローティーン)とだいちゃん(25)。お昼は「三毛猫は99パーセントがメス」。夜が「カエルはほぼAB型」。詳しい流れが思い出せないけど「心が叫びたがってるんだ!」とあべべが振ると、さっくんが声優さんな発声で映画の中のセリフを言うかんじ。

    あべちゃんがガチな天気予報を挟むころ、シモテの階段に座るお天道さま(おけんとさま)。スクリーンに雨とか太陽のマークが天気予報コーナーみたいに出るようなかんじで、おケンティ予報をするおけんとさま。雨と言ってアメはアメでも甘いアメとつなぎ次の曲へ。


    ■CANDY〜Can U be my BABY〜
    (淡ダンガリーシャツ・ノースリプリントTシャツ・生成りジャージ・黒エナメル・ロリポップ・他)

    ちびちゃんたちのピンクの量産衣装ねー昔渡辺くんたちも着てたよねー。今じゃそれぞれの衣装いただくまでにおにいちゃんになっちゃってさー。そんなこんなでなんかもう、この空間ごと愛しさに満ち溢れてたよう。

    ってことで、すのーまんは前奏の5小節目くらい?だったかに出てきておおはしゃぎ。

    オープニングあたりのクールなかんじはもちろんかっこいいに違いないんだけどね、そういう場面はたぶん数えきれないくらい見させてもらってきたよね。だから、決められて当然なんだよ、これまでの経緯を思えば。で。たとえばセトリにこのキャンディーがあったとして、いつもなら“出してもらえないんだろうな”と思ってしまうような場面だよね。そこをあたりまえに前奏から出してもらえてて本当に感動しちゃったんだよな。うれしかったー。

    絶対にかわいい!

    っていう時期は正直ちょっと過ぎてしまってる気はする。17歳は17歳ってだけでかわいいもん。だから、こういう可愛い曲の場面で可愛く見せるのはこれからは少しずつ努力もしていかないといけないのかもしれないね。男のキュートを育んでいく時期にはなってきているんだろうなー みたいなこと思ったり。まあ、ゆーてもこんなかわいい25歳(まだ24や!)おらんけどさ(結局甘い)。

    えっと。脱線(いきなり)

    最初の並びは 宮深阿佐岩渡?ロリポップ振り回すたびにダンガリーシャツから袖ぐりの深いTシャツのわき腹あたりをチラリズムさせる渡辺くん無意識の策士。ジャージ素材のパンツってさ生々しいよね(なにが!)。ぴったりした衣装のそれより生々しくて(だからなにが!)釘づけになりましたけども。← 

    あ、お尻ね。←

    後ろ振り向く振りがあってね。この曲のテンポもあるんだけどさ、まあ、跳ねる小鹿のようですよ。ばんびちゃん。んでね、簡単なツーステップみたいなので後ろに下がる(Aメロだったかな?)とこがあるんだけど、こういうかーんたんな振りほど渡辺くんってかっこいいんだ。リズムの取り方大好き大好き。

    たしか一曲フルだったっけ?二番Bメロだったかな?で、前にクリエでよくやってたサザエさんみたいな動きが入ってて物語仕立てになってる?ことを把握。最シモテであべちゃんがエアで旗(アメ)振って先導して、横一列に 宮深岩渡佐 って並んで、サビまでにセンターに戻るかんじ。

    そのあと、Cメロにむけて真ん中の階段上を上がる中島くんを挟むように縦に並ぶ(ちびちゃん込み)のは、前から

     阿
     佐
     宮
     渡
     深
     岩

    で交互に左右に割れたりするやつ。そのあと大サビがWSで映ってたかんじ(はしょった!)。わたなべくんずりずり下がるズボンきゅうってあげながら踊るかっこいいやつ。とりあえずしょーた声でけえ「らぶけんてぃー!」笑。最後ひーくんがお隣にくるちびちゃんの肩抱き寄せてるのが真夏のナイスガイ風だった。

    最後、ぎゅぎゅっと寄ったままみんなで『Hoo〜』からの『Hoo〜』返し。

    「きゃんでぃーみっしょんこんぷりーと!」

    って書いてある。そっかCANDYで盛り上がるのもミッションだったというわけですな。←いまさら

    『いぇ〜いっ!』で大騒ぎでカミシモに捌ける。渡辺くんはシモテへ。このあとMC。






    One and only darling

    0


      Hold me tight darling
      8月の風を抱きしめて♪


      なんかそんな気分。




      心が叫びたがってるんだ の中にThis night(もしくは悲愴二楽章)が使われてるのかな?



      少しは予習をしてから伺わないと失礼だなとは、重々思ってはいたんだけど本当に時間がなくてそこまで至らなくて、丸腰で参加させていただきました。



      音楽や言葉の中に甘く熱く狂おしいスパイスをふんだんにまぜこんで、現実に戻る暇もないくらいの密度の高さに気圧され気味な帰路です。



      気づけば、親心的減点法みたいな観点で観察してしまう癖みたいなものがついてしまっているのだけど、やっぱりそれじゃいけないなあと反省しきりです。


      甘い魔法のかかる会場でまんまと、たまたま隣り合わせた同担さんと一緒に、渡辺くんのかっこいいポイントごとにきゃー(控えめ)って声出したりしてしもた。思い出したらはずかしーわ(((o(*゚▽゚*)o)))





      もうそれで馴染まされているし、それになんの不満もないけどさ、すのーまんって圧倒的に短調の楽曲をパフォーマンスさせてもらうことが多いよね。


      トニトニだっけ?こっそり舞台の奥でイレギュラーに セクサマ だっけ?を踊るの見ただけでも嬉しかったんだもん。

      ただ純粋に、明るいアイドルチューンを体いっぱいで踊る彼らを見られて本当に嬉しかったです。

      ここでなければ叶わなかったと思います。


      素敵な夏をありがとうございました。


      すのーまんに対して

      「お力添えいただいて」

      ってなんの力みもなく言えるのが、中島くんがそこにメインでいる理由であり魅力なんでしょうね。


      8/1は昼夜ともカメラが入ってるって言ってたけど、例えば映像になるとして、多めに使われるのは夜かな?という印象(渡辺くんの気合い具合比)


      Hey summer honey の間奏の迫力凄まじかった!あれほんと映像にしていただいて家宝にしたいです。


      あ、滝翼祭でだてなべハットでダミーさせてもらった愛世界だったかの前に使われてた音源が、たしかみやちゃんロスマイもどきなとこに使われてたよね?ビクッ!って反応してしまったよ・笑


      まあ、そんな感想はまたおいおい。

      感謝をこめて書き残せたらいいな。






      言いたいだけ

      0


        ってことはさ?

        月曜日の午前中は青木アナのおとなりでぇ?

        午後にはけんとっとのおとなりぃ?


        うははー

        すごいねー

        売れっ子アイドルみたいじゃーん(=^▽^)σ ひゅーひゅー(=^▽^)σ


        って言いたかっただけ。

        あ。

        ひゅーひゅー古い?笑。タッキーなら世代感じて安心感あるって言ってもらえるんだけどな・笑

        『〜君たちが〜KING'S TREASURE』goods

        0

          友人にお願いしていた今回のグッズが届きました。

          *ペンライト
          *ステッカー
          *ヘアゴム
          *タオル

          のうち、上3つ。

          しかしだな。この中途半端な長さのヘアゴムをどう使うのか本気でわからなくて友人に聞いたらば

          「ペンライトにつけてる人いたよ」

          って教えてもらってさ。おお!そうか!と思ってさ。手に持つところ滑りそうだし!滑り止めか!


          って思って・笑

          持ち手のところに普通にちょうちょ結びしてみてさ。我ながら良いアイディア!って思って友人にドヤって写メったが。

          「ストラップ穴がついてる」

          らしい・笑。



          は、は、恥ずかしいやつやん。ドヤったの恥ずかしいやつ・笑



          なるほどなー

          そっかー

          ストラップかあ。





          おお!あるじゃん!



          ボンフィン入れるのにストラップのキット買ったの残ってたはず!


          ってことで

          無理やり入れてみた




          おい。なんか冴えないぞ。


          んー

          明日手芸屋行きですなσ^_^;




          コンサート前はこういう時間も楽しいね(*´ω`*)

          『ジャニーズ銀座 2017 Snow Man』(シアタークリエ)( 2017.5.30 Tue ~ 6.4 Sun )〈S.Watanabe memo〉 6/4 13:00 base 2

          0
            覚書のみ






            わりとどうでもいいことだけど、LIPSでマイクを落としたくだり。マイクの頭が下向いて落ちてきたのを、そのまま取ってしまったらマイクのお尻側で歌いだすことになっちゃうから、逆手でキャッチしなきゃ!って思ったらてんぱって取り損ねたという流れ。もともとは、リハのときにみんなの投げる高さが低いから本番ではもう少し高くしてやろうと思ったという説明をするときに、低めに投げることを「ぷり」と擬音で表現し、少し高めにすることをひとつ強めて「ぷりぷり」と。で、渡辺くんが「ぷり」発言するたびに「逆ぷり」だの「みっつぷり」だのと宮舘くんが合いの手を入れるようなかんじだった(ニュアンス)。ということを思い出したので覚書。



            『ジャニーズ銀座 2017 Snow Man』(シアタークリエ)
            ( 2017.5.30 Tue ~ 6.4 Sun )〈S.Watanabe memo〉 6/4 13:00 base 2



            【MC】

            【阿部ちゃん先生】
            (日替わりゲーム)

            阿部ちゃん先生の授業が終了すると、生徒さんたちは小道具(ホワイトボードなど)と一緒にカミシモへ捌け(渡辺くんはカミテ)、阿部ちゃん先生だけがステージ上に残るようなかんじ。阿部ちゃんタイムと言ってた?ステージ前方の中央あたりに立ち位置をとると、メガネの謎(大学1年の時に実験用に買った防護メガネと言ってた。私は見た瞬間、てっきり白内障の手術の前後にかけるようお医者さんからもらうやつだとばかり←年相応)それから当日券のお礼をくださったり(この数字はエライ人にも届けます!無駄にしません!的な宣誓)。

            そのあとBWBを紹介するくだりにつながっていくのですけども、その中で妙齢ばばあがついつい引っかかってたのは「新しい新曲」って、あの(どの)阿部ちゃんでも言っちゃうんだってこと。あべくんですから、重ねることに何か意味でも持たせてたのかもしれないけど・笑、たぶんこれ「頭痛が痛い」的な感じになるんじゃないの・笑?って、ちょっとほほえましかったです。

            そして。先輩方の愛情いっぱいの新曲だという説明を終えると、客席に起立を促し“大人なメドレーをお届けします”と前置きして「僕たちに堕とされる準備はできてますか!?」と柔和な微笑みと文言でよくよく考えたらちょいサディスティックな煽りを残しシモテに捌け。前奏。薄暗いステージにぼんやりスモーク。


            【大人メドレー】
            ☆Boogie Woogie Baby(Snow Man)
            (BWB衣装)

            そのうち少クラで披露させてもらえるだろう と勝手に思っていたので、歌舞伎のときから通して立ち位置も動きも歌詞もちゃんとメモらずに、ただただ渡辺くんを眺めるままここまで来てしまったのですよね。初見のときは、二胡のはじまり?が Now & Forever みたいでいかにも滝さまっぽいなーとか、Aメロ?にあったステップのかんじとか、間奏のかんじが To be or, not to be に似てるなあ〜って思った印象ばっかり強くて、思い出そうとすると To be〜が出てきちゃうという・汗。早急にリクエストせねば・汗。

            ベレー帽からは前髪が出てるスタイルしか見てないけど、入れちゃってた日もあったのかしら?


            前奏。シモテから宮・岩・阿、カミテから渡・深・佐の順に出てきて

              宮渡
             岩  深
            阿    佐

            って始まりだった記憶は合ってる?←

            歌舞伎で初見だったとき、歌い始めあたりすっごい勢いでダイジなトコ右手?だったかで覆ってて、んでそこつかんだままパンツ(not下着)をぎゅぅっ!て引き上げてたもんだから、思わず そりゃあかんやろ! って吹き出したんだけど、たぶん80年代ハマー的なあのサルエルっぽいデザインがそうさせちゃったんでしょうか。前にも黒いサルエル衣装ってあったけど、あのときもいつもの曲でいつものように足が上がらないように見受けられたので、渡辺くんのスタンスの広さにああいった股上のかんじはちょっと動きに制限が出てしまうのかな?という印象。上質なベロアの光沢とウエストでくびれるシルエットはよくお似合いでとっても素敵だなとは思ってはいますが。

            で、動きやすくするべくしかしそうして生々しく裾先あげなくていいように、途中から左手ポッケに入れてひそかに裾先あげてるのかな?

            って勝手に思ってたんだけど、クリエはぽっけに手が入ってる日はなかったような?ステージの狭さ故そうする必要がなかったのかな?という印象。(すべて憶測)

            歌の高音パートはだいたい任されていた記憶。サビの足さばきが軽くて細かくてちょっとタップっぽいかんじがザッツ渡辺翔太ってかんじ(どんなかんじ)。ここの渡辺くんのかかと使いちょーすき。でひざ下ばっかり見ちゃうから、サビのときどんな顔してるとか全然印象がないんだけど(自己責任)。

            サビ最後の方に羽広げる振りがあるのは思い出せるけど、あれを一緒にやるのはなかなか難しい。横一列の6人の並びが美しいんだよね。つい見惚れてるうちに過ぎていっちゃう。

            あと、間奏のところは歌舞伎のお化粧の場面で後ろに流れていた五関さまとの映像で、振り入れてるときの様子が流れていたから思い出しやすいなー。日生歌舞伎のMASKの場面(屋良くんとかがやってた)にちょっと似てるような印象。

            大サビは前に出てきてカミテからふたつ目あたりにいるような記憶。いやはや、今月の収録で歌わせてもらえてたらいいなあ(少クラ)。


            ☆Flamingo(Kis-My-Ft2)
            (同じ)

            さっくんがすの日常でこの曲のことに触れてたんでしたっけ?鳥かごのキスマイフラミンゴさん(文字にするとおかしいな・笑。フラミンゴって鳥かごに収まらないよね?笑)、素敵だったもん。大人メドレーとしてBWBとこの曲並べるの玄人っぽいなあ。すきすきー。

            記憶が混ざっちゃうのがいやなのでキスマイさんのをまだ見ないようにしてるんだけど、前奏部分で歌わせてもらってた低音のとこ(♪目の前の〜 みたいなとこ)はきっと藤ヶ谷くんとか北山くんあたりが担当してるようなパートなんだろうなあという感謝(あとで確認する!)。

            わたなべくーん、低い声体中びりびりきたよう痺れたよう。電気風呂に浸かりっぱなし(おばあちゃんそのたとえは!)で麻痺させられて身動き取れなくなっちゃうみたい。

            そうして支配されて幸せなんだから、もうどうしようもないよね。

            横揺れに右指で指打ちして麻痺した五感をかき回すようなそんな前奏。

            定かではないけど、歌割メモのまま残しておく。(A1ひかるA2さっくんBふか・ファルセットだてサビ6人)だそうな。最後の高音パートと最初の♪Framingo〜♪を渡辺くん(ふたつめはみやちゃん)が歌っておったそうな。

            “カットグラス”っていう言葉のところで、シナつくって揺れてリズムとりながら、顔の前あたりから胸の前あたりにかけて、右手左手でシンメトリーにふたつの山をやんわり描くようなところがあって、これさ、その昔、聖先輩のMake you wetっていう歌で♪君のBodyのライン♪って歌詞についてたのとおんなじだなーってくっつけて見ちゃったもんだから、とたんにさらにアダルトなアクセントがつくって言うか(超個人的ですが)。

            あと、サビでおそらくフラミンゴを意識したポーズになる部分があって(左腕を体の内側(手が心臓あたりかな?)に曲げるようにして右腕を斜め上にあげるようなかんじ。どっちか覚えてないけど片足に重心がかかってて、かかってないほうの足は添えるくらいの力加減。)、毛づくろいするように(フラミンゴが毛づくろいするかどうかは知らんが)顎ひいて視線伏せて羽伸ばす姿は、もうね飛行前の猛禽類(フラミンゴは猛禽類じゃないと思うたぶん)ですよ。心臓を煽るほどの美しさ。渡辺くんはカミテ二番目でステージ奥あたりにいた記憶。

            これきっと引きでみたらもっともと芸術的だったんじゃないかって思う。どこかで映像になってほしいよう。

            ☆In the Name of Love〜誓い(A.B.C−Z)
            (同じ)

            阿部くんが頂点にいるフォーメーションのはじまりだったらしい。

            佐 岩 深
             渡 宮
              阿

            かな?口元隠すって書いてあるけど、どんなんだったか忘れた。歌いだしなべ って書いてあるのは最初の♪In the name of love〜♪のとこだった記憶。足を揃えたまま左右に腰を重心移動させながら(アクロバティックの開いて閉じて開いて閉じてのとこみたいなかんじ)、両手の親指人差し指をL字にしてそれを胸の前で四角のフレーム型になるようにするのを交互に上下にするようなかんじの振りが印象的。

            光景が思い出せないんだけど、Aメロのはじめを歌い出すみやちゃんを5人で囲むようにしてたらしい。そのあと♪絡めた指を〜♪からを渡辺くん。左手?だったかの指を小指から巻き込むように握り込むようなかんじ。シモテからカミテへって書いてあるけど、たしかシモテからカミテにくるひーさんと立ち位置入れ替わるようなかんじだったかな?そのあとの♪偽りの優しさは〜♪がひかる。Bメロふかさく と書いてある。あと、Bメロで千手になる部分があるのかな?並びはメモってないや。

            そこからどうやって移動してったのかなあ。サビが

             渡 岩 深
            佐 宮 阿

            って書いてあるけど(けどなに)。ダイジなトコきゅってしてたみたいだけどどの歌詞のとこかメモってない。んで“恋心”って歌詞のところで、小指を指きりするみたいにたてる部分があって、そのあとの間奏で、葛藤表わすみたいにその小指(右だったか?)を反対の手でふり払うみたいな情熱的なかんじ。♪wow〜♪ってところで、カウントずれで左右に二拍ずつステップ踏むところがあるんだけど、そのときの渡辺くんの膝の落としかたがちょーすき。間奏はたぶん

            渡 深 宮
             岩 阿
              佐

            かな?んで、Cメロ。♪涙で〜♪がみやちゃんで♪月が〜♪が渡辺くんというように、ワンフレーズずつ掛け合いみたいになってたらしい。立ち位置はみやちゃんカミテ渡辺くんシモテで、前後に4人が散らばってて 横に寝そべって(書いてあるけどそうだっけ?←)待機してるようなかんじだったらしい。♪痛みを受け止めたい♪っていう歌詞のところで、左手掲げて歌い終わりのアクセントでぎゅって力こめてつかむようにするようなかんじ。まあなんのかんの書いてますけど、始終かっこいいっすわ。

            大サビは、ら〜とかうぉ〜とか言ってる人の役で歌詞の部分を歌うかんじではなかったのかな。そのあとの手話振りみたいになったとこ好きだったー。♪風が鳴くときも♪の風(どんなだったか書いてない・汗)とか、♪眠れぬ♪で両手のひら合わせたお祈りみたいな手を右頬左頬にスライドさせるようにするのとか、♪白夜♪で顔の前で手を半円描くみたいにして空を表現するようなのとか。これもひーさんが考えたのかな?御苦労もあるとは思うけど、きっと天性の才能なのかなって思ったり。

            ♪僕が盾になる♪

            という最後の一番良いところを歌いあげる渡辺くん。今回のクリエを歌クリエと感じたのは、きっとこういう場面で歌割振ってもらってるからなのかもと自己分析してみたり。ひーさん残して5人は捌け。渡辺くんはカミテへ。

            ☆キ・セ・キ(滝沢秀明)
            《宮岩渡》
            (同じ)

            恩師の曲で、しかもこういう内容の曲を選べるまでになったのかなーって思うと、やっぱりちょっと感慨深いです。直接見てほしかったような気はするけど、人づてに“すのーまん、キセキ歌ってましたよ”的なこと聞いた滝さまがちょっと照れくさそう笑ってくれてたらいいなーなんてことも思ったり。

            Aメロ最初がひーさん。♪自由と孤独なんて〜♪がシモテから出てくるみやちゃん。Bメロ♪鮮やかな季節が〜♪をカミテから出てくる渡辺くん。瞳閉じて熱唱するかんじ。♪焦がし続ける♪の“が”がね、優しいの。濁音だけど濁った音に聞こえなかったの。曲に思いやり持って歌ってるんだなーって感じてしまったからつい涙腺ゆるんじゃうよね。

            すのーまんのために仕立てていただいた新しいお衣装がひときわ輝いて見えるそんな選曲でした。

            ☆Ikujinashi(Ya-Ya-yah)
            《佐深阿》
            (白ジャケットパンツ)

            緩んだ涙腺崩壊ですよ。

            え?え?え?この前奏って?この前奏って?この前奏って???え?え?え?まさかまさかイクジナシ?イクジナシ?イクジナシぃぃぃぃぃ???

            いやぁぁぁぁん(T_T)渡辺くん捌けちゃったぁぁぁぁぁ(T_T)

            で、ある意味号泣・笑。

            ショックすぎてどっちから誰が出てきたとか、いっさいがっさい初見のメモがないという・笑。前奏から始まってサビにつながってたと思う。サビはあのままの振りだった(完コピよ、もちろん・笑)。いいもんいいもん、ジャスワナとひまめろ、来年のクリエにむけてリクエストするもん、あべちゃんに。←

            ☆少年のまま(J.J Express)
            《同じ》(同じ)

            かーらーの?え?え?え?まさか?まさか?まさかーの???

            少年のまま(T_T)

            初見は、同じ白い衣装来ていわだてなべも出てくると思い込んだから、大サビまで3人でもう出てこないと悟ったときの落胆ったらなかったけどね・笑。

            まあ、この曲に並々ならぬ思い入れがあるのは、きっとたぶんふっかだけかな?という気はするから、そこに同期のあべちゃんと、そのあとの選曲かんがえたらこの3人になるんだろうなっていうのは後から理解はできますけどもね・笑。

            これが俺(31昼:とはっしーの)の歩んできた軌跡です的な始まり。

            最初の♪Oh~♪ってたしか航大さんのパートだったよね(違ったらごめん)。そこをさ、ふっかが歌ってんのよ。もうそれだけでバーチャルふっかのママたち(深澤担さんね・笑)はどんな気持ちだろうって思ったら、もらい泣きしてるような感覚でさ。笑。加えて、31日の昼はこれをはっしーが見てるって思ったら、もう今やいろんなとこに散らばっちゃったけど、あの頃のJJ担いてもたってもいられないんじゃないかって、終演後そっこー連絡網で緊急連絡してしまったよ・笑。みんなおめでとうーってさ。甘酸っぱいよう。

            歌い始め♪風の匂いが変わった〜♪はさくふかー。Aメロ♪もう少し先まで〜♪がふかあべ〜。Bメロがさっくん。サビが三人だったかな。あべべとふっかが歌うとこは、バックについてた(ひーさん以外かな)振りをそのままさっくんしてたように思う。サビは既存振りのまま。

            去年が感じるままにYou & Iだったから、来年はLove me babyやってください。ふっかセンターで5人のバックでお願いします。ってお手紙書こ。あべべに←

            同期最高

            って言いながら背中合わせになるふかあべ。

            あれ?さっくんは?笑

            ☆ヲタクだったってIt's Alright!(宮田俊哉(Kis-My-Ft2))
            (後半衣装ジャケなし・萌え法被)

            前の曲の最後に、ステージ中央階段上に駆け上がり、背中越しに「俺のキセキっていったらこれだろう」的なことを、ちょっとアニメ口調で吐き捨てるかんじ。階段上に台があってその上にピンクの法被が用意してあるかんじ。ひらりと、というかぶわっとはためかせて袖を通すと曲がはじまるかんじ。この間にあの白い衣装から、後半の黒い衣装のジャケットなし状態にあべふかは早替えしてるの(疑問て)?あべちゃん早替え多くない〜?今年は裏表逆とかなかったのかなあ?

            ♪ヲタクだったってIt's Alright!!♪を聞いてカミシモから法被きてひーさん以外の4人が出てくるかんじかな。色に惑わされそうになるんだけど(つい、青が渡辺くんなんじゃないかと脳が認識しようとするというか)、メンバーカラーではないかんじ。シモテから

            深(青)宮(緑)佐(ピンク)阿(赤)渡(紫)

            半襟に 雪男命(ハート)、背中に黒字で 萌 。

            二次元事情に詳しくないのでよくわかってないんだけど、これひーさんがアイドルみたいな設定になってんのかな?Aメロの途中で♪神降臨♪の前に階段から下りてくると見せかけて(渡辺くんたちが上を見上げるようにして出てくるのを待つようなかんじ)、カミテからひとりキラキラ金色衣装でひーさんが出てきて(歌も)、Bメロ♪恋愛なんてさ〜♪で半円状に

              阿 宮
             深   渡


            こんな感じで4人が待ってて、渡辺くんから順に反時計回りにひーさんが回っていくかんじで、渡辺くんには(なんでかわからんけど、ボクシングの足さばきみたいなのしながら“来いよ来いよ”みたいなかんじで構えてたよね?)顎クイ、みやちゃんには耳元でささやくやつ、あべべに肩ずん、ふっかに頭ぽんぽん、で、さっくんに壁どんしていくかんじ。

            これまた良ーいタイミングで\(やばーい)/ってさっくんが言うところにつながってるかんじ。そのあと、ひーさんは階段中段?くらいでヲタ芸見てるんだったかな。5人でキスマイさんでやってたままの振りにつながってたと思う。そりゃまあかわいいっすよ(はしょった!)。

            でさ。途中“あ?これどっかで見たことある?”ってなったのは、えびきすさんの少年たちでホンコンさん(河合くん)とろーまーんーすっ!やってたときのかんじだろうね。全力なべちゃん腕ふっとぶよレベル・笑。31日はやっぱちょっとしんどかったんだろうか?腕振り回す前におっきく深呼吸してた記憶。

            何度も説いてしまっておりますけども。足が <>→><→<>→>< ってなる振りで踊る渡辺くんがほんとに好きなんで、過剰摂取にもほどがあるほどのこの曲ほんとに幸せでした。萌え萌えきゅん で外側に足跳ねあげてちょーぜつ笑顔で小首傾げてハート作るような振り、フリーだったら絶対やってくんないよね?ほんとにさっくん、いやみやたせんぱいありがとうございました。ええもん見せてもらいました。

            うりゃほい〜の間奏のところで、渡辺くん(シモテ)とふっか(カミテ)は捌け。さっくん法被着たままウィンドミルしてる間に暗がりになって、あべさくだてでピンクのキンブレで激しいやつ打つかんじ。その間に、壇上になべふかがあがってひーさんにも法被(橙)着せるようなかんじ。

            大サビは6人。最後はさっくんとひーさんが残って「ヲタクっていいだろ?」と納得させるような流れ。土日、ちっこいさっくんにおっきなひーさんが隠れるみたいにしてさっくんの陰から指鉄砲バーンしてて、悲鳴のような歓声が上がっておった・笑。

            ヘッドセットからハンドマイクに持ち替えて

            ☆AAO(Kis-My-Ft2)
            (同じ)
            (途中から客席降り11・12間通路お立ち台)

            法被だからエイエイオー(応援)なのかな・笑。Aメロで客席降り。渡辺くんはシモテ通路から11・12列間お立ち台へ。お立ち台はシモテから 岩渡阿佐宮深 かな?12列より後列通路に出てたのは岩深以外だっけか(違う曲だったかも)?お立ち台も途中でカミシモ入れ替わるようなかんじ。しっかし渡辺くんの“踊り子さんには手を触れないでください”オーラがおもしろすぎた・笑。通路横に入ってた他担友人が怖くて思わず後ずさったってさ・笑。

            ☆NOROSHI(関ジャニ∞)
            (法被脱ぎ・各々和柄入り黒ジャケット・黒パンツ・赤Tデザインシャツ)

            前の曲終わりまでにステージに戻ってきて(渡辺くんはシモテ通路から)、戻るやいなや法被脱いでシモテ袖で待機していてくださるスタッフさんに渡すとそのままジャケット受け取ってヘッドセットと衣装装着。31日は汗?でなかなか腕が通らないでいたけど、そういうしぐさまでプロっぽいというかかっちょいーっすよ。ってか、この渡辺くんんの和風アレンジのジャケットが襟が二重になってて、袖がうまく通っても今度は襟がうまく二枚とも立たなくて途中で襟元直したりもしてたけど、まあ、そういうしぐさもかっちょいーっすよ(もーもくさーせん)。

            詳細は今週の少クラ!(はっしょったー!!笑)

            Bメロで半円になるフォーメーションのところ(渡辺くんはカミテの二番目)で♪全部消えた気がしたとき♪って歌詞のところで四股踏むみたいに重心おとして気合い入れるみたいなポーズをとるところがあって、その気合い入れを対面のふっかが反笑いで見てるんだけども、最終公演のとき、立ち位置からずいずいずいーっとふっかの前まで来てそれやってて、ふっかが反笑いから小笑いくらいになってた。

            ☆PSYCHO(Kis-My-Ft2)
            (同じ)

            この場面の渡辺くんの衣装は右腕が裃みたいな形になってて、背中にも赤基調の和柄の布でアクセント取ってるような結構ゴージャスな衣装。右の腰にグレーの尻尾も付いてたり。近くで見たら縫製かなりしっかりしてたし、さすがにやっぱりどなたかのお下がりをアレンジしたのかなーという印象だけどどちらのグループさんのものなんだろう。

            いや実はオリジナルですってなったら、かなり感動するくらい派手でジャニーズっぽい黒衣装だな。

            最初の ♪Now Are you ready?♪が渡辺くんだった記憶。振りはたぶん、キスマイさんでバックについてたときのメインさんの振りとバックの振りをミックスしてたような?いろいろ立ち位置メモってあるけど、どう符号させるかわからんので放置・笑。雰囲気はアイスクリームのぶるれい!マルチアングル!!(はしょった!!笑)


            終盤♪ほとばしる汗が〜朝までオールナイト♪のあたりで、シモテの方にみんなが寄ってくる場面があって渡辺くんはその輪の真ん中にいて静かに待機してんの。赤いくてほの暗い煽動的な照明の中、彼の頬だけ蒼白く光っててね、その熱量に気圧される。静かに呼吸を整えて一気にねその熱を爆発させるの

            ♪高ぶるHeart Beat
            Tonight we going high♪

            最後は刀を振り下ろしてフィニッシュ。

            さっき、フラミンゴの所で 猛禽類みたい と書いたけど、この黒の衣装と勢いがね、まさに猛禽類。十代のころの渡辺くんの鋭角な印象を猛禽類が降下してくる印象とたとえるのが好きだったんだけど、久々にそんなかんじにたとえたくなる場面だった。烏天狗のような妖艶。

            ☆REAL DX(タッキー&翼)
            (同じ)

            去年のクリエのセトリにはなかったから二年ぶり?翼くん不在の滝翼コンのセトリにもあったけど、あれはたしかそれより前の冬だったからやっぱり二年ぶりってことでいいかな(あ、ジャニアイでイレギュラーにやったりしたんでしたっけ)?その間に三宅くんのいらっしゃる歌舞伎があったりそのほかの方面からもたくさん新しいファンの方が増えていて、きっと彼らのリアデラを初めて見るかたもたっくさんいらっしゃるということはきっと彼らも感じていると思うので、これだけの良い場面でやっぱりこの曲を持って来たところに、この曲に彼らのアイデンティティの主張を感じたというかね。

            渡辺くんの動きはシモテ二番目から既存振りではじまって、いちばんにばんさんばん\Snow Man/。Bメロでみやちゃんと歌うときにセンターに入ってきてそのあとカミテに移動していってサビ。Cメロなしで最後はシモテでフィニッシュ。声出し促す場面で裏手で 来い来い ってしてて、なんかもう自分たちの歌みたいな勢いだったね・笑。この衣装、重たそうに見えて、動きが軽快だったから、案外軽量タイプなのかな?それともちょっとがんばった?笑。いずれにしても自分が見られた五つのどの公演のどの部分も抜かりなしでほんとかっこよかったよ。久々にタッキーの後ろで踊るの見たくなっちゃったな。

            ☆RUSH OF LIGHT(KAT-TUN)
            (同じ)

            この曲はハンドマイクだったと思うんだけども。どうやってマイクつないだっけかなー。歌いだしひーさんでちょっとびっくりした・笑。ほんとはみやちゃん歌いたかったでしょお?笑

            (壇上)  佐 渡
            (階段) 深   岩
            (ステ)阿     宮

            ってかんじ?ひーさんとふっかの乗ってる階段は段違いだったとは思うけど。Aメロ♪夜風に〜♪があべだて。A2メロ♪ふたつの〜♪さくなべ。Bメロ♪大切にしてた♪ふか♪アルバムを閉じて♪いわ、♪東の空へ〜♪いわふか。♪君と〜♪6人。

            間奏で移動

            (壇上)  岩
            (階段) 渡 宮
            (ステ)佐 深 阿

            Cメロ♪出口が見えなくても〜ずっとずっと♪だてなべ。大サビ6人。

            これ書き終わったらディスク引っ張り出してこようと思うんだけど、かつんさんデビューコンあたりで歌われてた曲の記憶。いっぱいいっぱい当時は聴いたんだよな。ひーさんがいつだったかどこかで 横アリのかつんコンがオーデだった みたいなこと言ってたのはたぶんこのときのだよね?ってことは、5人はドームのわらわら要員だったのかな。どこかに映り込んでるかな?

            ここまでの選曲は、なんやかんやですぐ彼らがついてたものとか6人で歌わせてもらってた映像がすぐに思い浮かんできたんだけど、この曲だけはかなりあいまい。クリエ本編ラストにこの曲を持ってきた謎解き映像見たらできるかな?

            ♪出口が見えなくても
            転がりながらもずっとずっと
            向かっていく俺たちを
            迎え撃つ未来どんな日も
            君のそばで笑ってみせる
            二人夜空に光放つ
            Rush oflight♪

            思えばいつも、なにかしらメッセージ性感じる本編ラストだね・笑。素直な大志がいとしいよ・笑。ずっとそのままでいてね・笑。

            最後

            佐・渡・岩・深・阿・宮

            の並びで曲終わりに幕が下り各々の Z の指文字がシルエットで浮かびあがるようなエンディング。


            【EC】
            ☆Acrobatic(Snow Man)
            (同じ)
            (横通路上下から)

            お立ち台は前奏始まってから出てくるから、スタッフさん結構ばったばた。ほんとありがとうございますです・笑。

            宮阿深岩佐渡

            って書いてあるけど、どっちから見てなんだろう?←

            途中でカミシモ入れ替わってたように思うから、まあどっちにも行ったってことで。←

            踊ってるのもすっごい好きだからメインステージで見たかったような気もするけど、オリ曲をアンコールの一曲目に持ってこれるなんてほんっと贅沢で幸せなことだから、これもクリエならではなのかな。後奏でステージに戻るようなかんじ。

            最終公演のひーさんが今回のグッズのタオルをバンダナふうにまいてたんだけども、それが男闘呼組のロックよ静かに流れよのおかけんみたいでかっこよかったという感想は妙齢に拍車がかかる感想だから書きたくないけど、書いておく。←どっち。いやかっこよかったという修飾語です、ロックよ静かに流れよ。←二度言うか

            ☆Lucky Man(嵐)
            (同じ)

            クリエで盆回すすのーまん・笑。

            前奏のラップのとこで最初にだてなべが壇上に上がるんだったかな?

            宮    渡
             阿  佐
              岩深

            って書いてある。あべさく階段?サイドに階段ってあったっけ?←いまさら!

            んで、Aメロで反時計回りに回るんだよな。それが盆が回ってるみたいに見えたってことです。Bメロで渡辺くんが真ん中にまわってくるんだったかな?(このへん楽しくなっちゃっててほんとメモが残ってなくてさ、メモがないとなんも思い出せんという)

            最後は渡辺くんシモテにいた記憶ー(ほんっと旧式充電だな)。

            【WEC】
            幕前挨拶
            岩渡宮佐阿深


            *【WEC6/4】
            ☆ZIG ZAG LOVE
            (同じ)

            前奏から客席降り。サイン(?)ボール投げ。恐怖恐怖・笑。最後「Snow Man!」のコールを促すかんじ。

            *【TEC6/4】
            幕前挨拶
            岩渡宮佐阿深


            MC関係はまた別でまとめられたらいいなー(という願望)。最後の方、言葉選びがだいぶ適当になってきたので、また思い出したら追記(したいという願望)。


            『ジャニーズ銀座 2017 Snow Man』(シアタークリエ)( 2017.5.30 Tue ~ 6.4 Sun )〈S.Watanabe memo〉 6/4 13:00 base 1

            0

              個人的感想につきレポートではありません。読み直ししてません誤字脱字覚え違いあり。長文乱文につきスルー推奨。






              さっき手にした前半誌にソロ曲は?の謎解きのワードが載っていて、そうして聞くとやっぱりちょっとだけ聞きたかったような気もするけども。つとめてみんなを見るようにしたところで、誰しも視点の中心にいるのはたぶん一番大好きな人だよね。全曲ソロ曲みたいなもん!(これ、さっくんの「買ったらタダ!」の感覚に似てるかも?笑)ってことで・笑。


              9人でも8人でも5人でも。そこに渡辺くんが居るのなら、ただ渡辺くんのいる場所を応援するだけだって決めこんでいたのは、まだそんなに前のことじゃないよ。解体されたときの心の負担を軽くするべく、いつでも予防線を張ってしまう癖がなかなか抜けない。ずっと6人でいてほしい って文字打ちするだけでもちょっと心拍数があがってしまう。

              でもね、今年のクリエを経て、6人の中の渡辺くんでいてほしいんだってことを、もうもっとおおっぴらに言って自分の心を開放してあげてもいいんじゃないかって思ってる。

              何を不安になることがあるの?

              こんなにも彼ら自身が6人でいることにこだわっている。



              ってことを身を持って教えてもらったような。

              そんな2017年のシアタークリエSnow Man公演でした。




              『ジャニーズ銀座 2017 Snow Man』(シアタークリエ)
              ( 2017.5.30 Tue ~ 6.4 Sun )〈S.Watanabe memo〉 6/4 13:00 base 1



              クリエの公演って以前は舞台カテゴリーだったよねえ。観劇感想も舞台カテゴリーに入れてた記憶。今はライブでいいのかなあ。

              今年は単独始まってからずっと歌ってきた唯一の限界メーターがついになかったなー。もうちょっとコール頑張ればTECで緞帳上がったのかなあ?下がった幕のむこうで「あとはみんなの声次第だな〜」ってけらけら笑いながら言ってたのはいつだっけ?ああいうのも、「俺たちもう限界ですよ」みたいな振りもなかったし、やっぱり緞帳前のご挨拶で終わるって決まってたのかな。

              メッセンジャーがセトリからなくなってた年もさみしかったけど、限界メーターなくなっちゃった今年もやっぱりそういう意味ではさみしい(よくばり)。でもまあ、それに代わる、いやそれ以上の新しいきらきらした場面が増えたということで、大人の階段を上がるとはきっとこういうことなのかな、なんて思ったりして。

              6人の最初のオリ曲に始まり同じくその曲で終わるというのは、思えば去年の最終公演もそうだったわけだけど、なんだか趣きがだいぶ違いましたね。

              大トリ公演だったから、去年みたいに推されさんたちがご登場されるかも?という心の準備は一応していたけど、それもなく、なんならお仲間さんたちの見学もなく(当日券でいつもよりたくさん入れたりしたのかしら?)、なんともアットホームな最終公演だったような。

              「理屈はあとだ。今を楽しめ!」

              みたいなことをぎらぎらした渡辺くんに言われるのも悪くないけど、あの空間にどっぷり気を許して、嬉しそうに楽しそうに歌い踊りしゃべる渡辺くんが幸せそうで幸せな今年のクリエでした。



              【OT】
              幕奥シルエットに各々アクセントダンス。英語でのナレーション(れでぃーずえんじぇんとるめーん〜みたいな)。曲に合わせて英語で名前紹介してたっけ。ひーさんの名前だけふっかが紹介してあとはひーさんだったのかな?(あいまい)

              ・岩本:少年たち劇中歌(シーンウェストサイド)
              広げる腕がシルエットだと尚勇壮に見えるひーさんのリーチの長さ

              ・阿部:NOT ENOUGH
              影越しに飛び込んでジャジーに横揺れで手拍子。初年のソーヤンもそうだけどあべべはこういう曲調がお好きなのかな?

              ・宮舘:FIGHT ALL NIGHT
              ジャケはだけ。ふぁいおーって書いてあるけど、どっちのかな?まあ、みやちゃんのことですしかつんさんのほうかな?最終公演は スキ(亀と山P)を。

              ・佐久間:Everybody Go
              おたげい(って書いてある)。入ってくるときさっくんぴーすしてた記憶。

              ・渡辺:Za ABC〜5stars〜
              三方礼。客席側にお尻をむける立ち位置だから、普段どおり左腕を最初にあげカミテ側に礼をすると、シルエットではシモテ側に最初に礼するようなかんじ(わかりにくいぞ)。えっと渡辺くんの後ろで普段の三方礼を見るようなかんじと言えばよいのかな?

              ・深澤:夢物語
              歌舞伎の影絵。一公演につきひとつなにかやるような記憶だけど、最後はうさぎとふくろうどっちもしてた。

              幕上に雪の結晶が映し出されるようなかんじ。とても儚くて美しい光景。


              【OP】
              ☆ZIG ZAG LOVE(Snow Man)
              (シルバー各々Jr.祭り新衣装)

              前奏が流れ始めると緞帳があがり、ステージ奥から射すライトで逆光になるように彼らのシルエットが浮かび上がり、頭上からは季節外れの雪が舞い降りているような感じ。初見のメモに さくらふぶき って書いてあるけど、それはきっと歌舞伎ロス気味からくる間違い・笑。

              並びはシモテから

              宮・阿・岩・深・渡・佐

              最初の静かな歌いだしから、曲が走りだすあたりでひーさん煽り。

              31日の平日あたりはアクロのたびに白地に青い文字などのアンダーウェアのメーカー名が丸見えだったけど、後半はマイクの装置つける黒いベルトみたいなのに変わってたような?腰痛に丸腰怖いからコルセットだったかも?(すべて憶測)塩ビ人形のような腹筋がファンタジーのよう。既存の振りだけど、ひーさん去年のサマステで入れてた♪君の瞳はボクのもの♪とか♪Hey kiss me ZIG ZAG LOVE〜♪みたいなラップ挟んでたっぽい。歌後の煽りでアクセントつけて(左腕水平に半円切るみたいに引き寄せるかんじ)“Come on!!!!”ってシャウトする渡辺くん頼れるアニキってかんじ。

              あー今書いてて思い出したんだけど、たぶんこの立ち位置で始まるかんじジュニア祭りのZZLのかんじなのかも。

              曲終わりに指を Z にして次の曲の前奏に入っていくようなかんじ。

              渡・阿・岩・深・佐・宮

              ☆Sky's The Limit(V6)
              (同じ)

              サマステから少クラでやってた振りのままという記憶。♪もうきっとだめだって〜♪のAメロのところで、前傾になる渡辺くんとその後ろでひーさんがそれを操るようなフリのところで、渡辺くんの肩あたりをひーさんが右手の人差指と中指で とことことこ ってさせる日があったり ねっとり滑らせるよう にする日もあったり。最終公演は普通だった記憶。

              Bメロでシモテの奥から反時計回りに回り込んでセンターに入るひーさんが、会場のペンラの動きに合わせて拳軽く振りながらにこにこしてるの和む。曲のイメージとだいぶ違うけど。で、そのあと曲のイメージどおり目頭に力こめて♪君の隣にそっとその手伸ばすから〜♪を歌いあげる渡辺くんいかちー。

              31日の夜公演、サビから後奏あたりの足さばきにだいぶお疲れが出てた(ほとんどあがってない)。

              ☆Gravity(Kis-My-Ft2)
              (同じ)

              スカリミ終わり

              宮    佐
               阿  渡
                岩深
               (半円状)

              これまた祭り・少クラの始まりと一緒かな。立ち位置逆になってシモテ側になる大サビの♪〜Get up now♪で、ガッツポーズして左右に飛ぶの オコオコ! みたいになってて(渡辺くんだけ?)かわいいよねとか言ったらだめ?笑。かっこいーって言っておいたほうがいい?笑

              しかし、大サビの中の♪嵐の後♪のところで真円描くように高く上がる右足がほんとかっこいい。ダイジなトコ守りながら重心低く沈むとこもほんとかっこいい。

              ☆LIPS(KAT-TUN)
              (同じ)
              (途中から客席降り11・12間通路お立ち台)

              最初ステージにいて

              渡・岩・佐・阿・深・宮

              ヘッドセットはずしつつ(?ここじゃないかも)ステージ前方のくぼんだところに布みたいなのが掛けてある中?にあるハンドマイクを取って(左手)、投げて反対の右手で受けるのかな。31日夜だったか、それをちょっとお調子に乗って高く上げすぎたらマイクの頭の部分が下になるように落下してきたのが想定外で、あせって取り損ね落としてしまった(MC談)渡辺くん。落とした瞬間のあわてっぷりがキュートすぎて爆笑してごめんなさい。だってさ、マイクが落ちてきて落ちきる前から“ああっ!もう取れない@@!!”みたいな感じに取りそこなうことを予測してるみたいに即座に反応してて、もう両手がお手上げ状態みたなポーズになっててさ、んで足踏み高速にぱたぱたして、マンガみたいに焦ってて、落ちたあともまた高速にしゃがみ込んでマイクを拾うと客席カミテ奥の方を見上げて申し訳なさそうに ごめんなさいー>< って音響さんにしてんの。その困った顔のかわいいことっつったらな、迷子の子犬状態っすよ。拾って育てようかと思ったわ。まがお

              他で見た日は軽く投げて難なくキャッチするようなかんじ。Aメロまでにシモテ組は7・8番間通路からカミテ組は22・23番間通路から、11・12列間横通路のお立ち台に向かう。マイク落としちゃった日は「マイク落としたっ!」って叫びながら駆け抜けてった記憶。

              阿深宮渡佐岩(シモテから・途中入れ替わり?)

              マイク落とした瞬間のキュートから、瞬時にスイッチ入れ替えて曲調に合わせた強めな表情作り上げる渡辺くんのアイドル底力。まあ、歌いだしが渡辺くんだからいつまでもふにゃふにゃしてるわけにいかないんだろうけど・笑。♪抜け出しーてた〜ぁ♪の一番高い音の強さと伸びるときに捩じれる声が男の色気溢れてて大好き。サビ前Bメロの最後でドス効かせて声伸ばすとき、体内からすべての二酸化炭素吐き切るみたいに歌いあげるの超絶かっこいい。吐き切ったあとこれでもかって酸素摂り込むのも相変わらず生々しくてやっぱり好き。

              サビでもう一度同じ通路からステージに戻るようなかんじだったかな?

              【OPMC】
              渡佐岩深阿宮(シモテから)

              マイク落としたことで弁明する渡辺くんに「大丈夫?怪我してない?」とさらりと声かけるみやちゃぁぁあん。もう計算でいい、いやむしろ計算でいいよ。きょどって「ちょっとトイレ行ってくるわ」とさらりと照れ隠し落とす渡辺くん見られるのもみやちゃんでしかなしえないでしょう。たまにでいいのでああいうのまた見せてくださいまし。

              ふっかの仕切りで誰かに振るようなかんじ。最終日はあべべの櫻井くんリスペクトver.と、渡辺くんの週明けもまたがんばりましょう的な労いと、みやちゃんのごきげんよう(しか覚えてない・汗)。

              次の場面に移るべくふっかが話しはじめると、お隣ひーさんがちょっと下がったところで客席の反応を煽るようなかんじ。たしかこの流れ水曜日にはなかったというか、そのへんで探り探りして、わざとらしく驚く役は渡辺くんだったような?それを客席に振るというスタイルが土曜日には固まってたというような印象。「ワールドにちなんだ曲をメドレーにしました」的なことを言う流れの、そのタイミングじゃないところで『えー』って言わせたり『いぇーい!』言わせたりして、「ちょっと早い」だの「それでえーはおかしいだろ」とかそんな返し。

              【World メドレー】
              ☆CHANGE UR WORLD(KAT-TUN)
              (同じ)

              えっとこれはサマステでやって少クラでもやったんだっけか?たぶんフォーメーションはそのままかな?渡辺くんの最初は円形のフォーメーションのカミテ側。スタンス広めにしてマトリックスみたいにのけぞって片足ずつリズム取る前奏。重力に任せてジャケットが完全にはだけてるときもあれば、そのまま着てるときもあればというかんじ。歌に入る前に蹴り入れてくるのもタイミングよくて鋭角。

              最初のラップのひーさんの勢いがものすごい前のめりにひっぱるようなかんじで、なんか今までと違う印象。どこにもラップ担当の方はいる印象だけど、どこのグループとも違うその世界を作り上げるべく努力してるんだろうなあという印象。たしかボイパも入れてたよね?この歌じゃないかも?

              ラップの間にステージ中央奥の階段あたりに一度止まるんだったかかなあ。

                深
               阿 渡
                岩
              宮   佐

              って書いてあるのはたしか階段上の付近のことだった記憶。
              tそのあと大サビにむかって、みんなが壇上にあがって

                岩深
               宮  佐
              阿    渡

              って散らばるようなかんじ。ソロパートのところを歌いあげるときは踊ることはなく、歌い終わるとまた揃いの振りに入っていくようなかんじ。

              ☆CHANGE THE WORLD(V6)
              (同じ)

              はっしーの来てくれてた31日昼公演のときは、カミテの台上からカミテバルコのはっしーに向かって指さしして手振ってすっごい嬉しそうな笑顔してた。

              前奏中に台上の中央に集まってきてBメロまでに階段一列に降りてくるようなかんじだったかな

              (壇 上)
                岩
                阿
                宮
                渡
                佐
                深
              (ステージ)

              ♪君にであえたとき〜♪からワンフレーズずつなのは少クラでやってたままの歌割だったと思うんだけど、その順に下から並んでいるようなかんじ。歌い終わったふっかはカミテ側に体倒すと、さっくんがセンターにいるようなかんじで続きを歌い、さっくんが今度はシモテ側に体を倒すと渡辺くんが真ん中にいてというようなかんじ。みやちゃんとあべべがETみたいに指さしリレーしてるのかわいかったな。

              サビで階段下りてくるんだろうな(推測って・笑)。なんかこっちも腕を横に振った記憶。

              これもサマステが最初(もう記憶が)?曲最後、カミテの方でエアギターしてんのいちいち決まってるからくやしい。←つんでれっちゅー愛情表現だそうだ


              ☆Change the world(NEWS)
              (同じ)

              宮渡阿深佐岩

              って書いてあるのがどのタイミングの立ち位置なのか思い出せないよう><。これこの曲の立ち位置メモ?←だれにきーてる。たぶんヘドバンしてた前奏あたりかなあ(もう永遠に謎)

              ☆まだ見ぬ世界(嵐)
              (同じ)

              んー><立ち位置メモってる日がない><。前の曲でカミテに移動してるんだったかなあ。カミテのステージ前方にハンドマイクを置いて、再度ヘッドセット装着しながら立ち位置に移動していくかんじで

              深 岩 阿
               宮 渡
                佐

              だったかな。

              襟足が刈り込んであるのは、やっぱりクリエのマイク事情のためということのままでよいのかな?この場面、お客さんの前でマイクチェンジをする場面で、私が見ることのできた5回中5回とも装着したあと後頭部の髪を無造作にもしゃもしゃもしゃって散らしてた。

              前奏の♪To the top〜♪ってとこがさっくんから始まるカウントずれでだてなべは3小節目からはいるかんじだったかな。渡辺くんは左のひざ下を先にサイドに蹴りあげるようなかんじだったから、たぶんみんな同じ方向に動くかんじかな。

              これ去年やったときはA・Bメロとかもやったんだっけ?今年のはメドレー上の尺の関係で?前奏からサビにつながるようなかんじなのかな?(A・Bメロの記憶がない。というか御本家さんのを聞いたことがないので全くの思い違いかも?)

              左足?で真円描くのとか、健さまメイビーにもあった片足で軸とってカウント二つ とんとん って飛ぶのとか(♪いつかたどり着く場所がある♪って歌詞のとこ)の記憶はなんとなくサビであろう?という記憶。後奏♪Oh~♪のところで、腕組みしながら2ステップで下がりつつ次の立ち位置につくような?フリだった記憶。

              ☆Brand New World(Kis-My-Ft2)
              (同じ)

              佐    宮
               深  岩
                阿渡

              で始まるのは少クラと同じ。少クラ映像の感想を書くとき(まだ諦めてない・笑)残しておきたいなーって思ってたんだけど、Bメロで重心低く落とすとこ好き。んで、少クラなら、背中をごろんってしてたとこひっかけ宙になってたのかな?(これまた永遠に謎のかなたへ)ハンドマイクに持ち替えるべくステージカミテ前方へ歩みを寄せる渡辺くん。

              ☆SNOW DOMEの約束(Kis-My-Ft2)
              (同じ)
              細く息を吐き出して、大きく息を吸い込んで。

              「Snow Manというグループ名にちなんで、こんな曲を選んでみました。Snow Domeの約束」

              照明が薄暗くなって、カミテステージ前方にいる渡辺くんにライトがほんのりあたっててさ、このナレーションが始まるの。今年のクリエで一番二番に好きな場面だった。MC中の話し方でもない、歌声でもない、今までのどこかの舞台で聞いたことのあるんじゃないか?と思うようなセリフ回しみたいな声色と抑揚でさ、その正体を思い出そうとずっとずっと考えてる。

              なんだか聞いたことある

              って思ったのはどこの記憶からひっぱってきてるんだろうって。うん。きっとセリフ回しっぽいんだよね。ささやくような口調なんだけど済んでいて冴えわたってるの。

              鼻炎じみた少し鼻にかかる湿った声には思わず体温を感じてしまって、その声色はこちらの五感を支配して、それを目いっぱいに包みこむような安心感に満ちているの。声に抱きしめられているような希少な感覚たまらない。いつもなら踊る渡辺くんを一番にチョイスしてきた気がするけど、今回はこの場面、特に 声 が本当に大好きだって一番に思い浮かぶよ。

              (階段上)宮

              佐   渡   阿

                岩   深


              渡辺くん真ん中。

              Aメロ♪僕は君を知ってる〜♪なべふか。♪冬は苦手だったけれど〜♪さくだて。Bメロ♪コートとコート〜♪いわあべ。自身が歌い終えると、マイクを持たない右の指が星の瞬く音に合わせてクルクルンと魔法かけるように動いたり、流れ星ながれる瞬間みたいにパッとひらいたり。小さく小さく右のわき腹あたりで4拍子を描いたり。曲の世界観も多いにあるのは理解しているけど、このA・Bメロの持つファンタジー感素敵でした。激しく踊って歌ってというのもそれはそれでいいけれど、アイドルだしたまにはやっぱり甘い夢に誘ってくれなきゃ。そして

              だてなべによる ♪♪Forever♪♪

              そして6人でサビ。あべさくの♪愛しい足跡を♪

              低音とらえるときの渡辺くんの低い声が聞こえてくる瞬間も大好きでした。最後、各々の指先が各々に音に合わせて柔らかくカウントとるのも、スノードームの中を絵画にしたようでした。渡辺くんは左手腕をまっすぐ前に差し出すようなかんじ。

              先輩の曲だとわかっちゃいるけど幸せすぎた。いつかこういう夢みたいな曲もすのーまんのオリジナル曲に加わればいいなって心から思いました。

              ☆Love Situation(嵐)
              (Aメロ3:3でシモテからジャケット脱いで)

              たたみかけるように妄想彼氏ソングの連発。この構成好きだようあべべ〜(あべくんが決めたか知らんけど・笑)。

              前奏

              阿・宮・岩・深・渡・佐

              メモに残ってるのは (開く・閉じる・開く開く開く・右手なげちゅ・左手なげちゅ・とんとんとん(これがなんだかわからん・笑。))。開く閉じるは確か右足と肘?(とんとんとん)は別の日に(とんとん飛びながらターン)って書いてあるのと一緒かな?

              土曜の昼公演のなげちゅーのとき、お目目瞑って、お口が ちゅー ってとんがってたの思い出しては瀕死状態になってる。最近じゃなかなかあんな なげちゅー、なべしょしてくんなくなったからな(振りのひとつじゃ!)。いーじゃんいーじゃん、それだけで会場中の渡辺担が幸せになれるんだもん、もったいぶらずに放出しろっつーの(こらことばづかい!)。

              こほん。はい。大変貴重な投げきっすでした。この曲ピアノ一本の始まりも甘ったるさ醸し出してていいんだろうなあ。

              で、終わったらあかん(まだ前奏)!

              そのあと、(じゃにっぽい振り・腕波打たせる・右足左足交互に出す)とか書いてあるけどもうどんなダンスがつながってたか思い出せない。そうして前奏を6人で揃えてAメロ最初に阿部岩本渡辺はシモテに捌け、深澤佐久間宮舘が残るようなかんじ。

              ♪窓の景色はときめいてる〜♪

              ここまでに白と銀の新衣装のジャケットを脱いだインナー衣装の状態で、深い茶色のアンティークっぽいラインの木製の椅子の背もたれの上部を持って引きずりながらシモテから入ってくるようなかんじ。並びはシモテから阿部・岩本・渡辺。

              椅子をまたぐようにして自身のお腹側が背もたれ側に来るようなかんじに座ると歌い始め。あ、31日のお昼のとき、椅子ひきずってくるとき靴ひも?踏んだかひっかかったかでちょっとつまずくようにしてたっけか。

              で。

              さっきスノードームの約束で一番二番って書いたけど、ここ、その一番二番が決められないくらい好きなとこ。といっても去年もサマステでもやってるから、たぶん何回かは見てるはずなんだけどね。今まで以上にときめいたときめきポイントは、汗で透ける渡辺翔太の上腕・肩の筋肉と美しく流線型を描くわき腹のラインを露わにさせた白いロンTでしょう。真っ裸(みたことないけど)よりえろっちい。

              背もたれに両肘ひっかけるみたいにして、その視線の先にいる彼女を覗き込むみたいな表情で♪あり得ない幸せのチケットにぎりしめたまま♪あたりまでを歌うんだけども。お尻引いて座ってちょっと前傾になって背もたれに肘先ひっかけるとね、肩先がムキって程よく盛り上がって、それだけで男の体なんだよなあと思わず実感しちゃうんだ。よっぽど格闘技でもやってる女性ならそうもなるかもしれないけど、まあ大抵は女の骨格では作ることのできそうにない雄々しい隆起。

              椅子をまたいで座った状態で歌詞模写に手が動くようなかんじ。窓の外を指さしたり 幸せ だったかで指でハート作ったり。

              ♪出来すぎたラブシチュエーション♪でカミテからふかさくだても椅子ひきずって入ってくるんだったかな。

              サビは

              ○ ○ 渡
               ○ ○ ○

              って椅子が配置された記憶なんだけど、結局最後まで渡辺くんしか見られなかった。渡辺くんの配置もあやしいかも←

              椅子の上に片足で立ち上がるようにすると、揺れるコイゴコロ描くみたいにゆらゆら(たぶんわざと)してバランスとるようにしてたのは思い出せるけど、そのあと椅子どうすんだっけな?(迷宮)

              たぶん椅子はそのままステージ前方に出てきて、シモテから

              深・佐・岩・阿・渡・宮(?←これほんとにわからん。わたなべくんしか見てなかった><)

              横並びでCメロ、フレーズごとにスポットライトがあたるようなかんじで

              宮:言い出せなくても構わないなんて
              深:恋する力に敵わないんじゃない
              渡:その眼を心に向ければそうそれがふたりの近道だから
              佐:素直な自分を曝け出し
              阿:愛することを諦めない
              岩:始まっていくその夢に少しずつ

              横一列になってるところから、ぎゅーっていわあべ中心にするように寄ってきて 『『『チカヅキタイ』』』した最終公演は平和でしたねえ・笑。にんまり口角あげて してやったり って表情で「チカヅキタイ」って彼の口が動いてるだけでとてつもない充足感。翔太フル。

              あ、そうそう。31日の2公演とも渡辺くんの「チカヅキタイ」だったんだ。でもさ、昼は両目両手で隠しちゃうし、夜はあえての?棒読み。リアルしょーたんってかんじでかわいいっちゃかわいいけども、せっかくの妄想ソングなんだから、ここはいっちょ妄想彼氏になりきってほしかったかも。たまには王子様みたいなしょーたん見たいじゃーん?笑。けんとくんやみやちゃんほどじゃなくていいからさ・笑。

              まあ渡辺くんが、たとえばまつじゅんせんぱいにでもなりきってえろっちい顔で(ここまつじゅんせんぱいがしてるかどうかも知らないのでまったくの想像ですが)「チカヅキタイ・・・」って、吐息でささやいてきたら、ごめんたぶん爆笑するけど(断言←だめじゃんこら)・笑。

              ゆーてもAメロの電車の中のとこが十分妄想彼氏なお顔してるから、お腹いっぱいなんだけどねきゅんきゅん/////。

              んで、大サビ。たぶん椅子の配置はそのままだったかで場所が変わるんだっけ。最初は後列の真ん中でそのあと前列の真ん中。バスの座席みたいに二列縦隊になるときは

              ○ ○
              ○ 渡
              ○ ○

              ってかんじかな?最初の横列のときは足先が細かく動いて(膝がしら揃えてひざ下左右にリズムとったり、腹筋つかってのけぞってそのまま足組んだり。「会える」ってワードでたどり着くべくクロールみたいに泳ぐようにしてみたり)。

              んでさ、いっちゃんラストで縦列になるとき(後奏?)の動きがまた一番二番付けられないくらい好き(一番二番が何個あるんだ)

              大きめに開脚して座った状態で、ジャニーズによく見るダンスの振りがついてんの。中でも子宮がぎゅーってなるくらい悶えたのはロッキングからの首揺らし。普通にしてるときだって渡辺くんの操るロッキングが誰のそれよりだいっすき(何度でも唱えさせていだたく)。腰から上だけがあの動きをするにあたって、先ほど吠えさせていただいたその隆々とした肩先が右から左に移るとき、まるで水面にたつ波みたいにしなやかに移動していくんですよ。この動き!この動きよ!!

              ああぁぁぁぁぁしょぉちゃぁぁぁぁんんんやっぱすきぃぃぃぃ/////ってなるよね←やっぱはいらん

              そして曲終わりは椅子の背もたれ上に座るようにして(前列座り・後列立ち?なんとなく階段状になってたような記憶)ダブルピースで「いぇいっ♪」

              目を細めたリアルとファンタジーの狭間のような笑顔でフィニッシュ。


              あ!追記!追記!

              ♪幸せ分けてあげたい♪で、後ろ向きに座ってる椅子を開いた股の間から引き抜くようにして、椅子の部分が客席の方むいた状態で、背もたれの左側(上手側)に首を倒すような振りだったな!←ふいに思い出す


              ってことでこのあとMCから阿部ちゃん先生。

              ヲタ日常

              0
                普段、着圧ソックスの欠かせない生活をしておるのですが、いつもの着圧ちゃんたちがどうやってどんな服に合わせてもやっぱりサンダルにミスマッチで仕方なしに履かずに二日間すごしました。

                素足にサンダルを解禁するのも、ここ何年かたぶんクリエの気がする。

                いつも梅雨入り前特有の湿度の高さと白いシャンテの壁とアスファルトの照り返しで異様に熱い印象があったんだけど、今年は湿度が低めでさわやかに風のなびく日に参加できました。結果足先冷えちゃって結局ストッキング買っちゃったけど・笑。

                クリエの中も結構冷房が効いてると感じたのだけど、ステージ見れば汗だくな彼らには足りないくらいなのかな。

                いずれにしても熱い場所に違いない。

                阿部ちゃん先生の「数列」という言葉に惑わされて、7 5 5 7 10 という数字が何なのか気づけなかったの悔しかったなー。初年ももともとは5つで、あとから追加が出たんだっけ?(曖昧) 過ごす時間が濃密だから、5公演しかなかった年もあったなんて記憶に薄くてさ、ピンとこなかったんだ。特に 5 っていう数字。そうして思い出せば、“あー今年は追加でないのかー”って思った年もあったという記憶がぼんやり残ってるかも。

                今年は10公演!!!

                って改めて思うと、本当に嬉しいことだねえ。いつもより当たる確率もあがったのかなあ・・・って少しは思ったけど、当日券に並ばれる方の数を思うとやっぱりそうでもないのかな。

                あれだけ嬉しそうに「たくさんの方、並んでくださってありがとう」なんて言う彼らの笑顔を見れば素直に“よかったね”って嬉しくなるけどさ、でもひとつも入れてない友人が連日並んでるの見たら心は痛むんだ。でも、そのひとつも入れてない友人に“おひとつどうぞ”とはやっぱり言えない自分の未熟さに辟易したり。

                数が増えるだけ、入れる確率は下がるんだよねえ。このジレンマ。

                クリエ以上に大きな会場で公演があるならって考えたとき、劇場育ちの彼らなら日生劇場がいいなーって思ってたんだけど、そこにも全員入れないじゃん><。って久し振りに orz とか使いたくなっちゃったよ。最終日の当日券の抽選に並ばれた方の人数は、日生劇場にそのまま移動しても入れない方がいらっしゃるくらいでした。

                でもさ、チケットがなかったとして当日券のためだけに新幹線にはあたしだったら乗れないもん。いや、確立が半々くらいですよって言うならいちかばちか乗ってみるかもしれないけど。まあそんなのただのたらればですよ。いまやそうはいかないよね。っていうか、気づけば 激戦 みたいなものになじまされてしまっているけれどさ(かめちゃんのどりぼとかさ、ほっすのの舞台挨拶あたりからかなあ?)。彼らのために並ぶっていうのももちろんあって当然だけれど、やっぱあの列はすのーまんを見たいファンのための列なんだなあと改めて。あれだけ、いやあれ以上の人が彼らがステージに立つ姿を欲しているんだという証。

                はあ。ただただ友人の、「当たったよ!入れるよ!」 って言葉が聞きたかっただけです。そして同じもの見て共有した思い出をつまみに おつかれさまでしたー したかったんだ。めっちゃ自分本位だよね。わかっちゃいるの。


                さてさて。着圧ソックスなしですごした足先と体全体に起きてもまだ痛みやだるさが残っていて、ロストバージン後の朝、体に残る痛みってこんなかんじだっけ(何十年まえだよ!)?とか甘ったるいことうっかり考えてしまって、もう渡辺くんが恋しい。記念すべき期間大トリ10の公演に参加できたことに感謝して全力疾走した彼らの思い出を少しでも書きつづっておかないとね。気づけば前半誌も出るよ。急げ!自分!!








                我が良き友よ

                0


                  ♪古き時代と人が言う
                  今も昔と俺は言う
                  バンカラなどと口走る
                  古き言葉を悔やみつつ
                  あー友と良き酒を
                  時を憂いて飲み明かしたい
                  今も昔もこの酒つげば
                  心地よし♪




                  マックじゃないけど





                  ナーイスファイヤー\(^o^)/




                  ひゃっほーい\(^o^)/





                  祭りのあとの淋しさは、嫌でもやってくるからね。今すこし、余韻に浸るとするよ。

                  楽しかったなあ。楽しかった。

                  すのーまん最高。

                  サイコー\(^o^)/

                  遠い街のどこかで

                  0
                    ♪同じ空の向こう〜♪

                    ・・・・・

                    ってミポリンの歌があったなーと思ってググったら遠恋の歌だった・笑。

                    ♪たとえ離れてても
                    同じ星を見てる
                    遠い街のどこかで♪



                    クリロナが疲労回復にオレンジジュースを一日何リットルも飲むってどっかで言ってたから




                    昨日の帰りに買ってみた。家族の仕度のために早起きしなくていい、ひとりの時間のためのちょっとした贅沢のために。

                    ゆーても、いつもの4時半に自然に目が覚めたけど・笑。

                    さっき、息子たちが自分たちのお昼のおにぎりを自作している写真が夫から送られてきて、なんかちょっと申し訳なくなっちゃったけど(職場の女の子に、〇〇さん!甘すぎ!過保護すぎ!っていっつも怒られるんですけどね・笑。いーの!やってあげたいんだから〜てへっ ってすっとぼけてみる)。自分で作るおにぎりはさぞおいしいことでしょう・笑。

                    今日のお昼用に渡した特別支給金は何を買うのに消えるんだろうねー・笑




                    さて。

                    何げにつけたテレビから関東の天気予報が流れていて、ガラにもなく


                    あー。いつもより近い空の下にいるんだなー。


                    とか、オトメみたいなこと思ってる。かわいいな自分←自分でゆーな



                    土日だってさ、遠征っていったら出るまでに 一仕事 がいっぱいあるから、今ここにいるだけでかなりの充実ではあるけれど。



                    土曜日っていいね


                    って、そんなこんな遠征事情を労ってもらえたみたいで嬉しかったよう。なかなかダイレクトには得ることのできない報われる瞬間が、しれっと訪れてしまうのはクリエの異空間故ですかねえ。

                    別天地。

                    まあ、平日だってなんだって、この時期は一年一度のお祭りみたいなもんだから、なにをしたって駆けつけるよ。他でもないすのーまんのためだし。

                    当日券の人数も実はあんまり気にしてなくて、というか、競うのが苦手 というかそれで報われないのがもうしんどかったりね。んで、やっぱり他とは事情が違う気がするから つとめて気にしないように してしまってるんだけど、実際の数を聞くと起こさないようにしていた闘争本能みたいなのが起きてきちゃうや・笑。

                    もうずっとオンリーワンには違いない。がしかし、やっぱりナンバーワンでもいてほしいんだ。

                    ヲタクとはこんなにも強欲なものなのかなあ。


                    今日は久々に自分の名前の入ったチケットでいつもの友人と入れるのが嬉しい(となると、来年は落とされるんだろなーってもう憂鬱になるけど・笑)。

                    膝の心配ありがとうございます・笑。昨夜ロキソニンパップ貼って寝ました←持ってきた・笑。美容のためのマイ甘酒も朝一で飲んだ。←持ってきた・笑。

                    なんとか万全よ・笑。頑張って盛り上げなきゃね p(^_^)q

                    家に帰るまでが

                    0
                      遠足です



                      ってよく言うけど。






                      今年は家に帰ってからも遠足なクリエだな。




                      キ・セ・キ 思い出してこれ見てる。




                      多分、先輩の視線受けて歌いながら照れてにやついてるやつ。かっこつけきれないしょーたんかわええのおー。

                      んで、昨日の渡辺くんのキセキ思い出して

                      オトナになったねー
                      かっこよかったなー
                      かっこつけきってたなーうりうりー

                      って思い出して、勝手に冷やかしてニヤニヤしてる。←きも




                      次はニュースさんのチェンジザワールドやってた少クラ見たくなってる。


                      イクジナシは見たらメソメソしそうだから見ない←まだ言ってる




                      あ、同じ月(2009.1)にラッキーマン歌ってるのだけども、ラッキーマン衣装で玉森くん千賀くんのボニバタにもつかせてもらってて。



                      あんまり書いたことないけど、ボニバタ歌う渡辺くんもいいだろなーって結構強めに思ってたりする。


                      んー。なんでソロないの?←素朴な疑問


                      セトリ眺めて考えてみよ。


                      お家に帰ってからも遠足です。


                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      渡辺翔太

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode