きみがいるだけで。〜12th Anniversary side We Will Rock you!!!

0
    そろそろこのテンションのタイトルコピペも恥ずかしくなってきたな・笑。


    アイドル渡辺翔太の誕生から12回目のお誕生日ですか。おめでとうございます。おめでとうございますには違いないけど、入所日って感謝の気持ちの方が強いのかもしれない。

    そこにいてくれてありがとう 

    から始まってる気はする。

    居続けてくれてありがとう。


    毎年クリエの終わったこの時期は、9月の舞台までちょっとほっとできる時期だったのに・笑、渡辺くん12年目の夏に新たに加わったお仕事(EXシアター)のおかげでなんとなく気ぜわしいです。ほぼスタンディングの会場を見て “これは妙齢ヲタをふるいにかける現場なのでは?” と不安になりましたが、結果しぶとく好きでごめんなさい・笑。立ちっぱなしの恐怖より蚊帳の外だったその前の年までを思い出す方が怖い。そしてやっぱり今年もそこにつながっていたことの嬉しさで心強いです。

    そのあとは日生での二度目の主演舞台だっけ。ひさびさにお見送りなんてあったのも12年目のお話しだったんだっけ。日生劇場の階段下りるあたりでちょーどきどきしながら下に並んでるみなさんを見下ろしたとき、渡辺くんのすぐ隣にほっくんがいて吹き出したんだ・笑。「俺もだいすき!」って言ってもらった経験のある友人にならって私もほっくんに大好きですって言ってみて、んでそれでもう ライトなジャニ好き くらいになろうって思ってたんだけどさ、隣に渡辺くんがいてなんとなく操を立ててしまったんだよな・笑。結果相変わらず一番好きなまま秋が過ぎていっちゃった。

    んでんで冬があって(はしょった)冬の終わりにはこれまたひっさびさのJr.コン出演者の中に名前があったのも嬉しかったなー。横浜ってだけでだいぶ交通費減らせるもん(そこかよ)。なんてね・笑。そうそうなんせ初うちわ!!!“個人うちわ出たら箱買いしよう!”と友人と誓った2009年のJr.コンの悲願から実に8年越しってほんとは笑えないけど・笑。個人までにはまだまだ先がありそうだけど、苦楽をわかちあってきた5人といっしょのうちわだもん。こんな幸せの形ってないよね。

    そして春の新橋。12年目の間のお仕事でたぶん一番嬉しかったお仕事のような気がする。どの年の歌舞伎の中のお役目もその年ごとにありがたいことだと思ってきたし、こんなことあたしが言えることじゃないとは重々思ってはいるんだけどね、やっと殿になにかしら認めてもらえたような気がしてしまって、今年の歌舞伎は感謝の念ばっかりだった。いにしえが一皮むけててなんとも言えないスピリチュアルな涙が溢れたよ。酷使した膝と腰は年とってからがっつりダメージ来るのでちゃんとケアしててくれたらいいなと心から思います・笑。

    そうして12年目のお仕事は確実に13年目につながってるのですね。今週は少年たちの当落です。


    苦節何年 と言われているデビュー組の先輩たちでもたぶん12年くらいでJr.を卒業してんじゃなかったっけ?って考えた時、うっかり冷たい汗が流れそうになるよ。でもね、もう言ってもしゃーないやん・笑。強気で前進あるのみよ・笑。

    13年目を進んでいく若鮎さん(なんか文字面矛盾ある?笑)の入所日を思って今年思い浮かんできたのが

    We Will Rock You!

    だったってこと・笑


    ♪Kickin' your can all over the place

    Singin'!

    We will we will Rock You!!

    We will we will Rock You!!!♪


    怯むなー!昇ってけー!!変えていけー!!!

    みたいな・笑。


    *・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



    12周年もお祝いをさせてもらえてシアワセです。


    ありがとです。


    おめでとです。



    渡辺くんのダンスに物語が宿り、バーチャルなリアルに引き込まれる瞬間の甘くて傷い快感がやめられない私は、完全にShotaholic(翔太中毒)です。君は気づいているのかな?あなたのダンスは人の心を震わすんだよ。



    これからもこれまでと同じように気高くその道に精進し、自分の思い描く未来へ邁進してくださいね。今日もそこにいてくれるだけで感謝です。



    12年間立ち続けてきたステージの上であなたが思い描いてきたステージに、13年目も立てていますように。





    *・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜




    入所日超えると私の新たな一年も始まるよ。地方の主婦が関東のJr.を応援できるのなんて3年くらいが限度だと思ってたのに。

    9度目の夏です・笑。

    回りまわって

    なんでいつまでもこんなに好きなんだろうね。

    そんな自分に呆れる

    でも

    こんなに好きなまま夏を重ねて行けるのは、

    やっぱり渡辺くんのおかげだね。

    舞台に立つ渡辺くんの姿こそがラヴィアンローズそのものです。

    人生に潤いを心からありがとう。



    入所12周年おめでとうございます

    2017.6.26 mon Sincerly…mizuki

    17春ジャニーズJr.『ジャニーズ銀座2017』グッズ撮影(2017.6.22発売)

    0
      クリエで発売されていたオリジナルフォトは、ご自身も大絶賛の盛れっぷりでしたので・笑、

      ジャニショ別ショット発売楽しみにしてましたっ♪


      うん。悔しいが確かにかっこいい(撃沈)。


      「どこいくフレンチおれんち」顔だな。←どんな顔や







      17春ジャニーズJr.「ジャニーズ銀座2017」グッズ撮影(2017.6.22発売)


      187-191*岩本
      192-196*深澤
      197-201*渡辺
      202-206*宮舘
      207-211*佐久間
      212-216*阿部



      200番。峰の尖った鼻筋横に、陰影のできる写真。


      好き。

      未来でもきっと

      0
        その癖は
        変わらずにいるでしょう♪



        初デジチケ体験\(^o^)/たのしかった\(^o^)/

        掲示板に張り出される大学の合格発表みたいな盛り上がりよね・笑。・・・とか言ってられるのは担当くんがいない公演に限るかな^^;。久々ガイシのアリーナ入らせていただいたけど、全然スタンドの方がいいや^^;。死角ダイキライ。二階正面ダイスキ・笑。

        あ、そだそだ。MCで宮田くんがさっくんの名前出してくれてたよ(雨の影響で止まってしまった5時間カンヅメの車内でずっとさっくんとラインしてたというお話し)^^。


        止まるかもしれない新幹線にも乗らずにはいられないときもあるんだよなー。って思い出したりしちゃったり。ダレノタメ?ナンノタメ?愚問です・笑



        しかし、周りの人の視界を遮ることわかってても、どうしてもあれ必要なの?花かんむり。多分全然キスマイさんの視界には入ってなかったけど。見てもらうことより自分がつけたいからつけてるってこと?だとしたら例えば視界に入ったとして、思いやり欠如の象徴にしか見えないように思うんだけどね。え?だまれ小姑?笑

        こういうのもコンサートの楽しみと思えばいいのかなー。担当くんのいないものに限るけど・笑

        『ジャニーズ銀座2017 完全燃焼レポート』『あの人とマンツーマンMAIL』【Myojo】(2017.8)

        0

          秋の帝劇

          0

            一足お先に夏コン楽しもうと思ってたのに。今日に限ってなんでこんな雨σ(^_^;) まあ空梅雨でも困るけどさ。この雨。屋上会見が今日じゃなくて良かったね^ ^。

            そっかー。9月の帝劇はドリボじゃないのですね。ひとつ季節が過ぎて行くような、そんな感じだなーって思ったんだけど、2010年だっけ?一年抜けた年もあったから、来年ひょいっと戻ってきたりして?笑。


            しかし、社長さんゆーあんどみーお好きよね・笑。YOUの前にはMEがいる ってサブタイトルどっか(んっと?クリエか・笑)であったよね・笑。






            橋本担ちゃんにさ、「ずっと出てきたものに、突然出なくなる年が来ると結構寂しいもんだよ」って言われたことがあるんだけど、今回は寂しさより、同じ時期に主演の舞台が決まってることの嬉しさの方が強いかも。一年のサイクルが少しずつでも変化していくのが嬉しい^ ^。

            でもさ、冬にまた帝劇があるとして、そこにお名前なかったらさすがに寂しいかも・笑。ってことで、冬気になるなー・笑。

            んっと。革命再演?ありませんかね?笑

            『すの日常 Snow Nichijou16』【Johnnys' web】(宮舘)(2017.6.19 mon 18:00)更新

            0

              きすまいさんのQRが届いてたー。気づいてなくて一緒に入る友人に「どうだった?」って聞かれてメールに気づいたんだけど・汗。席もよくわかんないし、じーぱんとてぃーしゃつすにーかーで行っちゃおっかなーって言ったら、友人は一応ピンク(ふたりとも元担色・笑)を着ていくらしい。乙女だのう・笑。じゃああたし何色着ていったらバランスいいかな?うーーーーーん。うん。おでかけ服って青or紺しかない件(そんなおち)。いやでもやっぱり地元といえ久々アリーナの先輩コンサートだし、失礼ないようにちゃんとして行こうかな・笑。あーーーーっ!メモ帳持たずにコンサートってどうやって見たらいいんだろう@@!(幸せな悩みだな)

              そして今週のはじめ、あの頃の未来がこんなことになってるなんて思ってもみなかった事態になってしまってて時間の流れの残酷さを痛感してる。クリエ前、「再結成があったら返してね・笑」と言って快く貸してくれたS字のペンライトはもうきっとずっと私の手元に置いたままになるんだね。「返す返す!絶対返す・笑」って約束したのにね。悲しいや。


              そんな6月19日の月曜日は舘様の日常16巡目でした^^

              「ご機嫌よ〜」って思えばさ・笑、バカレアのカトレア(だっけ?)のご挨拶だったっけ・笑?今度舘様にこのご挨拶していただくなら、スカートの裾つまんでやってほしいかも。絶対かわいい・笑。舘様のご機嫌ようってさ“ごっきげんっよぉー”みたいに跳ねるような抑揚ですごくテンションあがるよね。また聞きたいなー。

              クリエの感想聞けたのうれしかったなー。大人なコーナー好きだったよぅ。学習発表会ふうにお化粧中の先輩がカミシモでながめてらっしゃるのは今思えば若干ぶつ切り感があったのかなあと思えてしまうくらい、あの三曲をあの上質ベロア衣装で溶かして蕩けさせた流れ素敵でした。「銀座に合ってた」とか「だから俺頑張る!」とかみやちゃんのキュートがオーバーフローしてて、母性本能みたいな感情(あんまりみやちゃんには感じたことないんだけど・笑)がくすぐられるね・笑。

              それから。映画。イェーイvv って・笑。かわいいなあもう・笑。きっと私たちとおんなじくらい?いやそれ以上に嬉しいのは本人たちなんだろうなあという感想。「みんなも是非やってみてね!」ってそうそう容易いもんじゃないけどね・笑。たのしみたのしみ。


              おー!って思ったのは、白のTシャツ事情。某スニーカーブランドのそんなTシャツをちょっと前に長男が買ってきてて、シンプルでちょーかわいかったから勝手に着てやったら怒られたんだよね・笑。サマステのときも勝手に借りて着てってやろうかな(また怒られる)ってくらいかわいい。

              白のTシャツとデニムって一昔前は、○しだ○いさくさんのものでしたけども←

              いけめんさんにシンプルアイテムかっこいいに決まってるよねえ。どこかでお披露目してほしいなー。


              んであべちゃんと盛り上がったドラマのお話し。

              どの場面だったかすぐ思い出せないけどクリエ(幕前ご挨拶のときだったかなあああ思い出せないけど)で♪はぴねす♪ピースしてたよね^^。そんなこんなボク運ロスをEXで発散してください(背中越しのチャンス歌ってほしいというリクエスト)笑。

              夏だねえ〜。うふふ〜。

              『ジャニーズ銀座2017 ジャニーズJr.完全名鑑』【女性セブン 2017年6月29日・7月6日号】(2017.6.15発売)

              0

                38人(Love-tune・東京B少年・HiHI Jet・Travis Japan・宇宙Six・MADE・Snow Man)のSCOOP SHOTだそうな。『全7グループを撮り下ろし&全員のコメントつき!』とある。濱ちゃんのひとが「これから見てて楽しいのはなすくんでしょ」って言っておった。そっかーこの子がなすくんかー(まだそのれべる)。このキャッチコピーって本人発信ってことでよいのよね?


                Snow Man《高度なアクロバットを駆使したド派手なパフォーマンスで魅了する、経験豊富な舞台の申し子たち。喋りも一級品》

                阿部「ファンの反応を見て、よりよいステージを見せたい!」
                岩本「ファンと心で向かい合っているからステージの上の記憶はない」
                宮舘「脱ぐのもじらす。チラリズムで我慢してな」
                渡辺「塩対応?もっと一緒に押し引きを楽しもうよ」
                深澤「笑いをとって、場の空気を変えられる存在になりたい」
                佐久間「オタクだけじゃない。煽りはオラオラでいくよ」


                ・・・・・。

                絶対これ自分発信じゃないっしょ?←

                だーってぇぇぇ。なんかどっかこれ、あっちこっちのもんひっつけてくっつけた感ありませんかぁ?まったくもって信じられない。「押し引き楽しもー」なんてゆーわけないじゃん(断言て・笑)。

                百歩譲って、久々の女性セブンさんの取材に気をよくした彼が勢いあまってあまりすぎてリップサービス特盛りにしたとして、これ信じてサマステでしゃしゃったら大やけどするやつじゃん?(疑心暗鬼で塗り固められておりまして)

                え?じゃあなにかい?踊り子さんに手を触れないでくださいオーラは実は構ってほしかった裏返しだったってこと?

                もーぉ、しょーたんたらかまってちゃんっ はーと♪


                ・・・・・。

                ってなるかあぼけ(こらことばづかい)


                あー。あれか。この発言が載ってるだけでもう押し引きとやらを楽しませてもらっておるというわけですね。さすが翔太サマ/////

                ってなるかb…(こらことばづかい)


                ってことで久々の名鑑たのしかったです♪笑

                『6月の物語 ふたりのヒミツ』【duet】(2017.7)

                0
                  ネットの片隅に放置していた過去の日記(別ブログとかみくしぃとか)を整理しようと思って久々にログイン(これパスワード探し至難よね・汗)してみたら、

                  茹でたて揚げたて炊きたてみたいなままの感情が並んでて、結局全消去みたいなボタン押せずにそのままにしてしまったよ。テスト期間中につい大掃除はじめちゃうみたいなやつかな、これ?笑

                  今の感情が炊きたてじゃないか?と問えば別にそうでもないはずなんだけど、やっぱ好きのはじめのころの勢いにはかなわないかも・笑。違いをあげるなら、以前は一升炊きで今は一合炊きみたいなかんじ?笑。なんにせよそういうほわほわな感情の行列を整理するつもりが結局読みふけってしまって、むしろ変な刺激を受けてしまってさ。あたしほんとに渡辺くんのこと好きだったんだなー(かこけーかよ)って・笑。ってことで、今日は一合炊きが二合炊きくらいには、また好きに拍車がかかってる。感情は口に出す方向にベクトルが向くということは多いにありますな。言葉を紡ぐということは罪なことです・笑。


                  憧れのエゴイストとか溺愛ロジックとか、あとやっぱりIkujinashiの世界に渡辺くんをはめ込むのが大好きだったの。「しょーちゃんのいくじなし」みたいなやつ・笑



                  突然の雨を知らせる風と空の色に、傘を持たない涼太は慌てて掛けて行ったが、自分はこのまえ持ち帰り忘れた傘があったから「じゃあね」とその背中を見送った。しかし空の色は急激に移り思うより早く雨粒が落ちてきて途方に暮れる。

                  これじゃ傘差しても…

                  濡れてしまうなと思う瞬間背後から声を掛けられ一瞬びくつく。さっきまでに一緒に日直の仕事を終わらせ先に帰宅したはずの彼女の姿がそこにあった。雨の勢いと彼女の出現に流れをまかせた俺は雨宿りを提案する。たしか前にもこんなことあったっけ。「そういえば前にも一緒に雨宿りしたよね」と彼女もそれを思い出したらしく、それがかなりうれしかった。彼女は俺と涼太が幼馴染であることをいつもうらやましがるが、彼女とのそういう時間もそれなりに積み重なっている。でもたしかあのときの雨は日曜の約束をとりつける前に上がってしまったんだ。今日こそ、雨の止む前に気持ちを伝えてしまおう。

                  雨…止みそうにないね…

                  一本の傘で一緒に駅まで行こうと告げるべく息を吸い込むと、雨脚とは別の“バシャバシャ”という足音が聞こえてきてそちらに目をやる。「傘・・・持ってなかったよね?」息を切らして走ってきた涼太の手には駅売りであろうビニール傘があった。




                  このあと、この彼女がどの傘を選ぶのかという選択肢をおいたまま書き逃げしますが、私的には、彼女がまだ校内にいることをわかっていて、降り出した雨に濡れないよう傘買って戻ってきてくれたみやちゃんの傘に彼女は入ることでこの恋の行方はみやちゃんに傾き、そして渡辺くんは好きだという気持ちを吐き出すこともできないまま身を引く。ここで、「しょうたのいくじなし」物語ですよ・笑。そうしてその後もいつも本命の彼女とはうまくいかないのは、このころのトラウマを抱えているから。



                  という物語がこのあとに続いている(いや、いて欲しいというただの願望)。笑

                  好きになったら概ね好きにさせる自信はあるけど、涼太とおんなじ子を好きになったらそうなる前に身を引いてて欲しい(という渡辺くんに対する超個人的嗜好)という儚げな物語・笑。


                  まあ、ゆーても高校生んとき目尻にこんな



                  笑い皺寄らなかったのでは?という記憶・笑。



                  わははー。さすがに、こーこーせーもーそーはそろそろキツイかもねー・笑。

                  『相方は元気のスパイス!? Snow Man』『J-Novel〜キミのとなりで〜…2nd SEASON…(宮舘・渡辺)』【duet】(2017.7)

                  0

                    『コトノハ Snow Man』【POTATO】(2017.7)

                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>

                      渡辺翔太

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode