雑誌(〜2018.4.24)

0
    「これは買いだよ〜」って言われたもんをとにかく買い集めるだけで精一杯な4月でした。いや、まだ終わっとらんけど。山積みのままにしてあるので、キレイ好きな夫に寝てる間に処分されるんじゃないかという恐怖がこのところずっとあったので恐る恐る手をつけたらば、全然読んでないまま順に積み重ねてあることが判明した。

    これ買う意味あんのか?

    という根本的な自問に至っておる次第・笑。


    前に中居ちゃんが、同時期に何社からも同じテーマで問われるから、それように100くらいは当たり前に答えを用意していたというようなことを言っておった記憶なのだけど、いまやすのーまんも少しはそれに近づけるようにがんばってるんだなーって思う4月おもに映画誌の感想。

    あえての左利き矯正話し・笑。そりゃ壁の話し全部が大喜利話しじゃなべちゃんらしくないわな・笑。

    あとは“八王子のやんきーこえー”ってのも吹き出した。太鼓も叩かせてもらえず名もない農民役でステージに立つの君のことを心底心配したあのころのあたしの心労返して・笑。

    映画誌表紙は概ね櫻井くん。どの雑誌も巻頭で膨大な言葉数を語られておられて、これも一社ずつ違うことをお話しされておるのだろうか?いやきっとそうなんだろう。と心底感心してしまった。大きくなるって並大抵じゃ到達できないんだろうね。まだまだがんばらんとね。



    以下記録ごと(購入したものだけ)

    *4.24*

    【月刊ザテレビジョン】(6月号)
    『SixTONES×Snow Man パーフェクトパーソナルデータ!』

    ・宮舘→渡辺「手が冷たい人は心が温かいんだよ」


    【月刊TVnavi】(4・27〜5・31 6月号)
    『滝沢歌舞伎2018』『ラストホールド!』

    ・塚田「彼らはふだんから10を10説明しなくても、1つ説明したらこういうことかってみんなで動いてやってくれる、表現してくれるというろころで、すごく頼れるグループ。だから今回の芝居でもいろんな場面でそういうカンの良さや表現力を感じました。たとえば、渡辺翔太は撮影ギリギリまで寝てたりするから、大丈夫かよ!って思うんだけど、カメラが回ると予想を越えた芝居をキッチリしてくる。やられましたね、天才かよ!」

    ・岩本「今はこういうものを求めてる、これをやったら喜んでくれる、というのを前提で考えられるようになったのはSnow Man全員の視点が揃ったってこと」

    ・渡辺「俺もファンの人たちとの距離の近さは感じる。俺たちとお客さんの距離感もだし、ファン同士の距離っていうのも、俺たちのファンの人は近い感じがする、イメージだけどね」


    【TVfan】(4/27〜5/31 6月号)
    『滝沢歌舞伎2018』『塚田僚一&Snow Man』

    ・渡辺「僕はやっぱりテニスサークル。」宮舘「ふふふ。」渡辺「チャラいイメージと、女の子がテニスしてるのがかわいいから(笑)」


    *4.23*

    【ポポロ】(6月号)
    『ラストホールド』

    【Myojo】(6月号)
    『ある日の爆笑リハーサルをのぞき見!!』
    ・阿部「そういえば昔、こういう広いスタジオを借りて深夜に練習しに行ったよね?」宮舘「もう4、5年前」

    ・渡辺「とあるお店のサラダがすごく気に入っちゃって、何度か通ってたら青いポリバケツでサラダが出てきて」岩本「動物園の光景じゃん!」

    『ジャニーズJr.祭り2018』『アイドル公開伝言板第31回(加藤シゲアキ→渡辺)』

    ・加藤「翔太の印象は、バカがつくくらいマジメ。〜いつでも相談にのるよ。」

    *4.20*

    【FLIX】(NO.247 6月号)
    『ラストホールド!』

    ・渡辺「実は3、4歳くらいの時に、左利きだと判明して(笑)。字を書くときと箸を持つときは右手に矯正しましら。」(彼らにも越えねばならない壁があった。と問われ)


    *4.19*

    【BARFOUT!】(MAY 2018 272)
    『ラストホールド!』

    ・渡辺「踊りだったらすぐ踊れるけど、お芝居だと、自分ではできていたつもりだったのに、『もう一回』と言われることもあって。そのときは確か『瞬きが多い』という理由」

    ・渡辺「ワン.コーナーの喋りを僕が仕切るというのが1度あって。僕はそんなに喋りも得意じゃないのに任されて、その時は本当に、ジャニーズの生活の中で一番しんどかったです。」

    *4.18*

    【PICT-UP】(2018 6)
    『ラストホールド!』

    ・渡辺「考えてもどうにもならないし、なるようになっていく」

    *4.13*

    【QLAP!】(5 May 2018)
    『滝沢歌舞伎2018』『ジャニーズJr.祭り2018』

    *4.7*
    【POTATO】
    『Have fun!!』

    【duet】
    『滝沢歌舞伎2018 Special座談会』

    ・渡辺「オレは怒られるたびに「八王子のヤンキー、怖いな〜(笑)」って」滝沢「おまえは本当にサイテーだ!(笑)」

    ・滝沢「そんなナベも、一度だけオレに噛みついてきたことあったよな。」渡辺「怒られてたとき、オレは納得いかない…って感じを出しちゃったんですよね〜」滝沢「ワハハ、オレに噛みつこうとした後輩、ナベだけだから、おもしろかったんだよね(笑)。いまじゃ後輩の指導役だもんな。その姿みてると今度はオレがニヤニヤしちゃう。〜」

    ・渡辺「そうね。でも、オレもMCじゃなくガヤ向きだった(笑)」(その前(ふっかがハタチでしゃべり路線転向)は翔太が回してくれてたような(宮舘)をうけ)

    【WinkUP】
    『Sexy Special 2 Weakness you want to hide』「納得しないで首をタテに降るってことは、オレの辞書にないんだよね。」
    *4.4*

    【ザテレビジョンZoom!!】
    『ジャニーズJr.祭り2018』

    【TVfanCROSS】(TVfan5月号増刊 Vol.26)
    『ラストホールド!』

    ・渡辺「まあそうですね、“オンナの影”がある役の方が、僕のファンの方は喜ぶと思います(笑)」

    『ジャニーズJr.祭り2018』

    【TVガイド】(2018.4.7〜4.13)
    『ジャニーズJr.祭り2018』

    【TNnavi SMILE】(2018 Vol.028)
    『ジャニーズJr.祭り』

    *4.2*
    【Cinema★Cinema】(No.74)
    ・渡辺「千と千尋の神隠し」ハクが龍になって千尋と一緒に飛ぶシーン

    【J Movie Magazine】(Vol.34)
    ・渡辺「もしも自分の女をこの人にとられたら…と想像していくうちに〜」

    【キネマ旬報】(Vol.19)

    【CINEMA SQUARE】(Vol.100)
    ・岩本「ボウリングのシーンで本当にストライク出したでしょ。」




    Snow Man宮舘涼太が美味しくて簡単な【ローストビーフ】の作り方を教えます! 【今夜のオカズ宮舘を添えて】』【ジャニーズJr.チャンネル】7(2018.4.18)

    0
      《どうも!Snow Manです。宮舘涼太が得意料理をメンバーに振る舞い、さらにその作り方を大公開しちゃう【今夜のオカズ宮舘を添えて】が始動!
      記念すべき第1回目のメニューは「ローストビーフ」。
      誰でもお手軽に作れる簡単レシピなので、ご覧の皆さんもぜひ挑戦してみてください!》




      どこも全部かわいくて全然先に進めない・笑


      ←なんならいっちゃんさいしょだな

      感想書きたいんだけど、にまにましながら結局ぜーんぶ見ちゃって はーまんぞくっ^^ ってなっちゃう・笑。ずーっと口角上がりっぱなしだから、見終わるころほっぺ痛いもん・笑。

      時間がなくて出かける前にひとつだけ見よう!ってなると、迷わず【オカズのみやちゃん(語弊)】見ちゃってます。笑。

      丁寧に下味つけたらフロントに結ばれた赤いリボンのサプライズに少し照れて笑みこぼして、あんなふうにリボンほどいてそんなふうにリボンを首にかけたまま、優しくこわれモノでも扱うようにそぉっと抱き起こし、もう充分なほどに熱せられた丸いベッドに組み敷くのね(ちゃうなふらいぱんだな)。

      PARTY TIME後、5人のうぇいうぇい感にいつものポーカーフェイスが保てず、お顔ほころんじゃってるりょーたんかっわいぃぃぃ。そして美人んんんんー。ここ、この場面すっごい新鮮だったの。たいてい真反対にいる人だから、ほとんど見られないことの方が多い人なんで、知らない顔の方がむしろ多いのかもしれないけど、ステージの上だと見られないお顔な印象。


      きぃぃぃぃぃぃぃうわめづかいやっばあぁぁぁぁ(だれたん)


      くっぅぅぅぅぅぅキャンドル消しちゃうのもやっばぁぁぁぁ(だからだれたん)

      あー宮舘くんは暗がりに目が慣れるまでを楽しまれるタイプですか?そしてカーテンの隙間から朝日のまぶしさとカノンの調べで目が覚めるんですよね。←じちょー



      そして台無しコメントに爆笑\(^o^)/


      ちゅーがくせーレベルすぎてなんかもー母性本能崩壊するわ。笑


      はあたのしかった。あ、自分の中でみやちゃんってひとは、もはやわたなべくんの一部みたいな人っていう位置づけなんで、(だれたん?)発言お赦しください←いまさら!笑。

      ひゃあっはぁっ

      には、「はぁぁぁぁぁなむなむぅぅぅぅ」ってなったよ。しょーたんの笑う声ってさ、木魚の間に響くおりんの音くらい心の平穏に効果あるね(たとえなんとかならんのか)。


      でもなー。わたしなまにく苦手なんだー。以前結構頑張って良い肉買ってオーブン使って作ったことあんだけど、ウェルダンなローストビーフに仕上げたら「噛みきれん!」ってなって不評だったからそのあと作ったことない。湯煎かぁぁぁお手軽だけど、切ったあとフライパンで焼いちゃいそうだな。←ローストビーフの意味どこ

      いやいやしかし次はどんなレシピかなー。みやちゃんの作るものだし、どれも渡辺くんが食べられるものが登場するよね?笑。ほーんとたのしみ♪

      Snow Man あなたの体が変わります!スマホを見ながらできる【体脂肪率4% 岩本照のH1フィットネス】【ジャニーズJr.チャンネル】6(2018.4.11)

      0
        《【H1フィットネス】とは…
        「照(HIKARU)」の「H」、その人が持っているオンリー「1」(ワン)の体という意味と、「岩本(IWAMOTO)の「I」をかけて、「H1フィットネス」と名付けました!

        記念すべき第1回のメニューは
        ・初級編「腹筋」
        〜スマホを見ながらできて、脚やお尻にも効くトレーニング〜

        ・上級編「大胸筋」
        〜腕立て伏せでは物足りない方におすすめ、イスを使ったトレーニング〜

        続けることで、あなたの体が変わります!》


        「大事なのは鍛えてる部位を意識する」

        これ、この言葉好き〜^^。普通の腹筋って腰痛くなるし下腹部に効いてるかんじがしないけど、この初級編この問題全部クリアしてると思う〜^^。いきなりあべちゃんみたいに行けるか不安だったから、最初膝ついてやってみたらそれでも効くからすごい^^。

        上級編にさしかかるあたりのひーさんがどんどん饒舌になってくのかわいいぃぃ。普段はさ、「あんた日本語どこ置いてきた?」ってくらいふにゃふにゃあほ(リアル)息子たちがさ、試合後とかになると完全別人レベルで、あのときこのときどんなプレイこんなプレイって、むっずかしいー用語ぽんぽん出してぺっらぺら喋り出すんだけども、あれとリンクする・笑。好きなもんを言葉にすると、じわじわアドレナリン出ちゃうんだろうね^^。

        「大胸筋つけたいよってひと!」(岩本)「はい!」(渡辺)

        かっわいぃぃぃ〜笑ったわぁぁぁぁ〜。これ動画撮りじゃなかったら絶対やってないべ?とか思ってすんません・笑。ひーさんがイス使って腕立てスタンバイ入るとき、しぜーんにイス押さえに入るだてふかさくが“これぞSnow Manってかんじでかっこいーやつだね^^。

        「自分の筋肉に問いかけるわ」「5回。いけるか?」「がんばれ!」(渡辺)

        ・・・・・。

        きぃぃぃぃぃ(しろめ)

        いけるかやばいいけるかやばいいけるかやばいぃぃぃぃぃぃ<<<<<<

        こんな優しい声で「いけるか?」言われる女の子が世の中にいるんだよ?世の中ってほんと不公平じゃない?←どっかしら全部お門違い


        ってことで早速やってみた^^。ふっかよりはできなかったけど、わたなべくんよりはできた\(^o^)/ きっつー!これきっつー!!!ひーさんがふっかにつんつんしてた脇あたりと肩甲骨まわりが3時間後くらいにすぐ筋肉痛になった^^;。

        でもさ、妙齢具合って 背中 に出るって常日頃思っておるので結構気にしてんの。がんばって続けてみる〜\(^o^)/

        ってことで、最近話題になってた女優さんみたいに“H1フィットネス3ヶ月プロジェクト!夏のすのーまんのライブまでにノースリーブ美しく着られるようにします!”みたいなファン企画やってくんないかな。ちょいむずかしい?笑。







        平和だ〜。かわええなぁぁぁ^^*


        Snow Man 「Snow Dream」(「ジャニーズJr.祭り 2018」単独LIVE in 横浜アリーナ)【ジャニーズJr.チャンネル】(2018.4.10)

        0
          《2018年3月25日に横浜アリーナで行われた「ジャニーズJr.祭り 2018」単独LIVEより「Snow Dream」のパフォーマンスを公開!
          ジャニーズジュニア情報局で、他の曲も含めたダイジェストを公開予定!》

          すのーまんの水曜更新とは別で公開していただいた「Snow Dream」でした。

          本当は、できるだけネタばれになるもの(雑誌とか)を見ないで感想残したかったんだけど、書き残せないまま残しておいたら動画が公開されてしまった・笑。でもね。見たものが映像になるってこんなに嬉しいものなんだね。…って、たしかいつかの To be or not to beでも思ったっけな。笑


          のぼせるほどに煽られて、忘れられない光景と強い決意刻みこまれて、新しい命が宿るほどの予感さえ抱かせる前曲(ファイナリーオーバー)。すると、そうして火照る後頭部を梳くように優しく灯りがおちると、夜空に浮かぶ6つのスノーフレーク。ステージ奥の暗闇から彼らが何かを手にしてもう一度背筋を伸ばすから、こちらもつられて背筋を伸ばしたよ。

          「感謝の気持ちを込めて新曲をプレゼント」

          なんて、改めて言われると、もうこのあと広がる世界がなんとなく予感できてしまうじゃん。だめだよ、そういう優しいトーンには慣れてないんだからさ。映像でペンライトを白くするよう促す手は誰のだったのかな。ステージの渡辺くんばっかり見ちゃってたから、そっちまで気がまわらなかったよ。

          奥から出てきた君がそれまで着ていたシャツの上に、白いジャケットに着て出てきたからさ、準備の整った花嫁のもとに呼ばれて照れながら入ってくる花婿さんみたいでね。寸分違わず息合わせて灯る6つの灯りは、これからもそれを頼りについて行く道標みたいに見えてね。でもなんだかもう泣きたくないから“汗だくのシャツの上にジャケット?ごくろーさん・笑”って茶化してみるふりをしてた。

          わたしね、渡辺くんがこんなにSnow Manに必死だったんだって実感したのは割と遅めだったんだよ。淡々としているように見えるし、他のメンバーみたいに欲しい言葉を言ってくれるわけじゃないし。でもね、こんなに丁寧にSの字を描いてるの見て、強い強い愛情感じてしまったんだよね。まあ“そう思うならそうなんじゃない?”って含んで笑ってくれたら最高だよ・笑。

          いつもの並びじゃなくて、センター寄りに立ったから冷静に驚いた前奏。

          ♪魅せつけたいよ 熱い想い
          “岩も溶”かすほど
          “伊達”じゃないんだ
          決意の“深さは”
          底無しだよ

          “渡る”世間は 無情なほどに
          “あべ”こべな華
          “咲くま”で何度 眠ればいいのか
          分からない

          砕け散る心の破片(かけら)が
          ゆらゆらと夜風に揺れて
          降り出した雪のよう

          涙で滲む約束がまだ
          果たせない僕だから
          もう少し傍に居て
          もう何度も告げたセリフだね

          Wow Wow Wow
          Wow Wow Wow

          純白の果てしなき道
          まだ誰も歩いてない未知
          祇園精舎の鐘の声に
          諸行無常の響きあろうと
          一歩一歩目指すよ
          憧れの終着点を
          銀色の足音
          ほら振り返れば足跡

          君と描きたい風景(けしき)がまだ
          未完成な間は
          もう少し傍に居て
          Wow あと少し

          涙で滲む約束がまだ
          果たせない僕だから
          もう少し傍に居て
          もう本当は聞き飽きてるよね
          Wow Wow Wow 君の声が
          Wow Wow Wow 夜空に舞う

          淡い粉雪が
          街を染めるように
          ひと粒ひと粒
          Snow Dream

          Be the one 君のOnly one
          Twenty four seven 命を燃やして
          春を待ち侘びながら
          君のこと考えてた
          I want to become your famous
          その願いはいつか叶えます
          絶対あきらめないよ
          選り取り見取りつかむSnow Dream♪


          渡る世間は無情

          と彼が歌うのかと認識しただけでいろんなことが走馬灯状態になるには充分だったけど、泣きたくないから必死に目に映るものメモした。“鼻筋キレイ”とか“頬汗だく”とか、思えばもうどうでもいいようなことばっかり。

          心が砕け散りそうになったのは、同じだったって思ってもいいのかな?でもね、未完の完にこそ充分な力をもらってきたんだよ。だからね、こちらが勝手に好きなだけ。手なんて差し出さなくても平気なんだと思ってた。傍らにいてほしいなんて初めて聞く気がするよ?いてもいいの?本当に?せっかくここまで言葉にしてくれるならあと少しなんて言わないで、永遠にって言ったらいいのに。

          でもそういうところこそが何より大好きなところだよ。

          君と描きたい風景なんて歌詞を幼馴染くんと歌う景色はどんなだったのかな?君たちを見続けることは、ないと言われる同じ結晶探すみたいでこんなにいつもドキドキしてるのに、もう飽き飽きなんて言うと思う?本当は思ってないでしょ?笑。

          ステージの上で泣くなって言われて育った君たちだけど、どうしてもこらえられない時もあったよね。本当は、この夜も泣いてしまいたい衝動はあったんじゃないかしら。報われる実感はやっぱり泣けるものだと思うよ。頑張ってきてよかったね。頑張ってきてくれてありがとう。

          心こめて言葉紡ぐそんなプロ意識は、あえて言葉に気持ちを乗せきらずこらえているようにも見えるよ。♪流れるな涙 心で止まれ♪昔そんな歌があったっけ。堪える少年たちの気丈とは、かくも美しいものなのだね。抱きしめたいほどの愛しさだったよ。

          いつか叶うその願いってなんだろな。Snow ManがSnow Manでいてくれたらそれだけでいいとか言ってたらだめかな。もっともっと望んでもいいのかな。問えばきっと淡々と「がんばります!」って言うのかな。手探りだった世界が一気に開けて未来が今になる瞬間を見させてもらった事実は、また新しい支えになっているのを本当に実感しているから、もう少し欲張ってみようって思ったよ。

          この動画はコールがかかるここで終わり。

          コンサートの本編終了の寂しさはもちろんあったけど、本編ラストに新曲を置ける今の幸せかみしめてました。

          希望とか挫折とか
          いろいろあるけれど
          とりあえずゼロから登ればいい

          それも、そのときのきっと彼らの本心だったんだろうとは思うよ。でもさ、それもこれもこの日のために、Snow Dreamに出会うためにあったのかもしれないって思えるほどだね。

          今はね、こんな本編ラストを作っちゃったら、次どうすんだろ?って心配になってる・笑。

          二度とない初の単独アリーナだし、まあ、そんな心配はまた次考えたらいいのかな。きっと幸せな心配だね・笑。


          このあと怒涛のアンコール!



          2018 滝沢歌舞伎 開幕

          0
            おめでとうございました!

            同日、御園座の日程も発表されました。重ねておめでとうございます!


            しかし。
            なにこのふざけた曲(笑)←ワイドショー見た

            毎年、初日翌日のワイドショーはレアなとこ残してくれるから楽しみにしてるんですけど。

            今年は偏り過ぎでしょ(笑)



            新聞方面の記者さんたちはあのあたりのお席だったのかなー?ってアングルだね(笑)



            買って来なきゃ♪

            『Snow Man【舞台ウラ】自撮り&【サプライズ】宮舘涼太バースデー(「ジャニーズJr.祭り 2018」単独LIVE in 横浜アリーナ)【ジャニーズJr.チャンネル】(2018.4.4)

            0
              やらなきゃならないこといっぱいあるのに。なんなら多分動画なんて優先順位からしたら10番目くらいなのに。ずーっとずーっと延々とにまにまにやにやしながら見ちゃってる。完全に“ヒトをダメにする”的なやつ・笑。

              割り箸ついてたの?原始的で親近感・笑。先週の予告のかんじから勝手に、かめちゃんのおめでとう動画まで見られるもんだと思ってた(わがまま)。みやちゃんにとってなによりのサプライズはそっちだったような気が?笑。でも予告からは想像できないくらいウラ側見られたのはうれしい誤算〜。リハ中のZZLの生声?が、カラオケで渡辺くんに「じぐざぐらぶ歌って♪」ってお願いしたらこんなかんじ〜(ハート)?という不毛な妄想であたまぱんぱん。はーしあわせ(めでてーな)。

              《前回お送りした『ZIG ZAG LOVE』の自撮りLIVE、楽しんでもらえ…「今回はそのウラ側をぜひ!」ということで、リハーサルの模様を大公開しちゃいます!
              そしてさらに!本番中に仕掛けた『舘様への誕生日ドッキリ』の様子もお届け!ぜひご覧ください!》


              『ジャニーズJr.祭り 2018 Snow Man』(横浜アリーナ)(2018.3.25 Sun)〈S.Watanabe memo〉7

              0
                ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

                『ジャニーズJr.祭り 2018 Snow Man』
                (横浜アリーナ)
                (2018.3.25 sun)

                2018/3/25 sun

                【EC】背中越しのチャンス〜ZIG ZAG LOVE【WEC】

                〈S.Watanabe memo〉7

                ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


                【EC】

                ◆背中越しのチャンス〔亀と山P〕
                《スタンドトロッコ》

                概ね20:00。『アンコール!』ではなく『Snow Man!』のコールに応えてメインステから前奏を聴きながら出てくると、半々に分かれてスタトロへ。時計回り反時計回り。カミテ側はBOX席越えるまでは練り歩き状態なのかわいいね・笑。

                 メインステ
                宮     阿
                岩     深
                渡     佐
                 バクステ

                すごいなすごいなすごいことだなー。6人全員で横アリのスタンドトロッコ一基ずつに乗ってるんだよ?こんな未来信じられた?“うれしそう”ってメモの主語はきっと渡辺くん。♪ふいに見せた笑顔昔から一緒で♪ってか?♪寝ぐせも気分屋もこのままじゃだめ♪ってか?♪ぼくらだけに見えるハピネス♪ってか。

                幸せな光景すぎて、曲に合わせて跳ねるたびに、臓器いっこずつポトポト落としたんじゃないかってくらい、体軽くてふっわふわだったよ。

                ◆ラブスパイラル〔タッキー&翼〕
                《スタトロ》

                ちょうどバクステ側にたどりつく前くらい(トロッコチェンジは曲はじまって少しして♪ふぉーえばー♪あたりって書いてある)に前曲終了。“「わたしあべちゃんのファンだからわたなべの汗いや」って思われたら嫌”だから、封印したんじゃなかったっけ?笑。なべ汁噴射しまくって(あたまふりふり)中継点までたどり着くと。

                超ウルトライントロどん!でボタン早押しする勢いで跳ねあがったよね><@

                らーぶーすーぱーーーーーー(T_T)

                ええ。

                何度もおんなじこと言ってる自覚はあります。

                ねえ。

                横アリの単独コンのアンコールで、
                ラブスパで、
                スタトロ乗ってる未来なんて
                どうやったら信じられたの(T_T)

                滝さまの作りだす幸せな世界に便乗させてもらってどこか客観的に眺めてた光景だよ(T_T)

                ついて来てよかった。ただそればっか思ってた。

                いろんな思い出があるけど、やっぱり最初に思い浮かんできたのは、2012年の歌舞伎千秋楽カテコのラブスパかな。お名前もういちどもらえた年。さっくんWITH LOVEで号泣してたっけなーって。そうそう、ずーいぶん前だけど、忘れられないファンサもらった曲だったりな。

                ラブスパイラルってまさにですな。

                他G担の友人に「すのって沼だよね」ってよく言われるんだけど、そのたびに「沼じゃないって!ラブスパイラルだってば!笑」って言い返すの・笑。まあ、ゆーても先輩の大切な曲なので商標登録とれないのがなんですけども・笑。ぬめぬめのところにはまるようなかんじじゃなくてさ、理科でならったDNAとか細胞のキラッキラな世界のらせんの滑り台に、ひゅるひゅるひゅるーぴゅうーーーん!ってスーパーマンポーズで飛び込むかんじ。もう彼らの世界に身を任せるしかないの・笑。

                まあ、必死にもがいていた時もたしかにあったような気はするけど(記憶どこいった!)笑。そういう場所から彼らが抜け出してほしいという意味では同じように抜け出したいとは思っていたけど、でも彼らの魅力に嵌ったその場所から抜け出たいとは思わないというか。

                はあ。感覚を言葉にするってむずかしいな・笑。


                前奏から世界がキラキラ輝いてるこの曲は、彼らの理想郷みたいな曲なんじゃないかなって勝手に思ってる・笑。


                “いいなー”

                って指くわえて見てた世界だよ。夢に見た未来が今になる現実って本当にあるんだね。あるんだよ。

                ◆Lucky Man〔嵐〕
                《スタトロ〜メインステ》

                トロッコ先頭の渡辺くん。カミテ側のトロッコ下りて練り歩きの段になると、そのまま先頭を行かねばならんのですけども、下りて行かないといけない階段方向じゃなくて、もいちど客席側の方に向かいだし“うろうろ迷”った挙句「道まちがえた!」暴露(階段おり始めたころって書いてある)。素でそういうのやっちゃう無垢が母性本能直撃で子宮痛くなるやつだった。かわいいぃぃぃぃ。

                いつかスタトロの道順なんて間違えることなんてなくなっちゃうんだよね。初々しくて目の中に入れても痛くない光景だった・笑。


                サビあたりでメインステに戻ってくると、そのまま縦花からセンステへ向かいCメロ大サビで最後まで煽り。

                クリエ単独の3年目だったかでこの曲がセトリにあって、そのときこのC&Rをはじめてさせてもらったんだっけ。今思えば、初年と二年目、あまりにも声の出せなかった客席を見て投入された曲だったのかもね・笑。

                高校生の頃だっけ。少クラでさせてもらってたから曲はもちろん知っていたから、ひーさんのコールに導かれてレスポンスできたけどでも、だからなおさら“こういうオリ曲があったらなあ”ってすごくすごく思う曲だったな。“まるで自分たちの曲みたいな勢いでコールしていて”みたいなことはむしろ書けない、少し繊細な曲だった記憶。

                だけども、今は “まるで自分たちの曲みたいな勢いでコールしていて” って書いて “(笑)” で閉じられるようになったね。笑

                ◆Acrobatic
                《外周リフター〜メインステ》

                それはやっぱりZZLとこのアクロバティックのおかげです・笑。その後もたくさんの子(曲)に恵まれ、今や子宝パパさんのすのーまんです・笑。

                しかし光沢のある上品なエンジのスーツに身を包み、劇場のステージでこの子が披露された時は、こんな跳ね上がらせてくれる子になるとは本当に思わなかった・笑。

                前奏までにバクステへ向かうと螺旋背中階段駆け上がり、そのあとリフターへ。

                 バクステ

                阿    岩

                渡    深

                宮    佐

                メインステ

                Cメロでリフター下がりメインステへと書いてある。汗で透ける白シャツの背中がキレイとも書いてある。大好きな人に\イケメン/\イケメン/いっぱい言わせてもらえて、もうなんて充実感なんだろ。


                夏のEXのアンコールだったかで ひと夏の… の前奏がかかったから、このまま ラブスパ に繋がっていたらいいなーって思ったの。ラブザシャングリラもすごく好きだけど、やっぱどっちかと言えばわたしたちもラブスパ育ちじゃん?笑。そう思ってしまうのは多分、初年単独クリエのラストの光景がすごくキラキラしてたからなんだろうなー。もう一度渡辺くんの「なんて幸せなんだ!」な光景を知らずのうちに望んでいたからかな。

                でもね。今回はさ、アンコールのラストはラブスパじゃなくていいんだよ。充分かつてのその役を担ってくれる、オリジナル曲がちゃんとあるんだよ。

                そしてその曲の後奏彼らから発せられる「おれたちが!」を地声で聴いて

                みんなでみーんなで『すのーまーーーーーーん!!』って叫べるんだよ。

                当たり前なわけないのに、当たり前のように名前の入る銀色のテープが空から降ってくるキラキラした世界に包まれるエピローグ。

                こんな幸せなことってあるの?

                あったんだよ・笑。


                【WEC】

                ◆ZIG ZAG LOVE

                ここで8:10だって。

                宮渡岩深佐阿

                汗で透ける白シャツ腕まくりしてるかんじが情事後の彼氏風情・笑。いろっぺーなーおい・笑。

                でね、やっぱり単独初年のクリエを思い出したんだ。

                ラストの衣装がおそらく元からある白いスーツにメンバーカラーの飾り施してもらってて、そのままの流れでWECがデイブレでさ。その衣装のかんじもかつてのエビキスさんたちのデイブレ模倣というかでね。過去感想覗いてみたら、それでも “新婚さんごっこみたいでうれしかった” って書いてあったのね。

                Snow Manコールに応えてくだけた調子で出てきてくれる今回の6人は、なんだか憑き物おちたみたいに惚けて見えてさ、抱きしめられる腕の中ぐらいの安心感に身を委ねるようで、“ごっこ”脱却感じちゃったんだよね・笑。

                彼らも、ひょっとしてこちら側に少しは依存してくれてるんじゃないか?

                置かれた立場に弱音はけるわけもなく己の足で己を律することで、存在意義を証明するしかない彼らに、これまでは求められている実感がわかなくて空しくなることがあったのも事実で、それでもいいって言い聞かせているようなときもあったようには思うんだ。好きという理由しかないんだもん。

                甘えてもらえるって本当に幸せなんだね。

                “なんだよ〜?”“呼んだ〜?”って出てくるテンションがね、割と長く連れ添った夫婦みたいでさ・笑。客電ついたあっかるーいステージで優しく微笑む渡辺くん見て照れたよ。“いやいや、今さらだけどさ、電気消そうよ・笑”みたいな・笑。

                あーでもこういうの、デビューコンの感想に残しておきたかったな・笑。まあ、そのときは“熟年夫婦みたい”くらいな感想になってんのかな・笑。

                あはは。デビューコンの感想を書ける日も来る

                って、いつしか信じちゃってるね・笑



                お約束に、軽めの挨拶だけして下がろうとするから、当然『えーーーーーー!』ってなってさ、誰かが「ほしがりだな」って言ってたらしい(みやちゃん?)。おにぎりの話しにでもなるのかな?ってそのときは一瞬思ったんだよね。

                でもそこはさらりとかわして「PAさん」に去年のクリエ方式で最後の選曲にゆだねたんだっけね。「アライブかも」って言ったのは渡辺くん。そんなこんなで笑いながら迎える単独コンのラストの曲はZZL。デイブレで終われる年も限界メーターで終われる年も、それはそれで幸せだったけど、ZZLではじまってZZLで終わる今回にはやっぱかなわないや・笑。

                縦花からバクステ経由して外周回ってメインステへ。最後ひーさんが、ひらいてとじてかいてイケメン 言い出して笑った。いっぱい笑った。「ここがスタート」だって言われてどこかしら不安まじりだったクリエのラストから5年。「みんなのこと大切にする」と言い残す阿部くんの言葉は、いろいろなことが間違いなく昇華されていく瞬間だったよ。


                たくさんの想いにきっちり責任持てなきゃ守りたいものは守れない。

                侠気だね。かっこいいよ。

                不言実行の彼らの強さに守られて、すのーまんのファンは幸せだね。幸せすぎて怖いよ。


                怖いけどでもね、ずっと憧れてた想い想われる日がちゃんと待っててくれたって思えるよ。幸せだよ。ありがとうございました。ただそれだけ。








                『ジャニーズJr.祭り 2018 Snow Man』(横浜アリーナ)(2018.3.25 Sun)〈S.Watanabe memo〉6

                0
                  ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

                  『ジャニーズJr.祭り 2018 Snow Man』
                  (横浜アリーナ)
                  (2018.3.25 sun)

                  2018/3/25 sun

                  VI Guys Snow Man〜Snow Dream

                  〈S.Watanabe memo〉6

                  ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

                  マンションに散らばりアクセントダンス。部屋の枠が各々のカラーで光るようなかんじ。合同前半?だったかの出番で使っていた出方と一緒だったような?

                     阿
                   岩
                    宮
                  佐   渡
                    深(ステージ上)

                  みたいなかんじで、パフォーマンス順は 岩→阿→宮→渡→佐→深 かな?さくなべ逆だったかも。渡辺くんは飛び上がりながらの回し蹴りみたいなかんじ?そのあと

                  岩 宮 阿
                  佐 深 渡(ステージ上)

                  になって、そのあとがPONさんで流していただいた台宙の流れかな。さっくんは渡辺くんのもうひとつ下の階段から飛んでるメモになってるけど、あれ同じ台からだったんですねー。セットの階段なんてお互いの振動だけでも怖そうなのに、肝座らせるすべまでシュミレーションしているであろうで頼もしいよぅ。階段つかって時計回りに回りだすと“この並びはもしかして”“この音の流れからしてもしかして”って台宙に繋がってるんじゃないかと予測させるような高揚感があって、新技披露までにドキドキの増幅感がハンパなかった。曲の使い方うま!って思ったの。

                  テレビだけでもあれだけ感動したけども、今回初めて生で見せてもらえて本当に嬉しかった。できて当たり前じゃない。彼らが精魂込めて作り上げた大輪の花が、最高の場所で開く瞬間を見た気がして本当に幸せだった。


                  ◆VI Guys Snow Man
                  《メインステ》
                  〈同じ〉

                  台宙着地から意識もかんじないくらい自然に立ち位置入って、ひーさんの「We are Snow Man!!!!!!」に合わせてみんながフェイスアップする瞬間が、もうちょーぜつかっこ良かったよ。みんなが成功確信した自信に満ち溢れてる。

                  渡辺くんはこういう場面で調子上がってくるとカウント取りが早くなる印象なんですけど、このたびはそんなことはなくて、でも逸る気持ちが表情に出まくるというか・笑。以前は目力魅せるために「“ここでまばたきしない”って決めてきてる?」みたいに思ったこともあるんですけど、そういう策略みたいなのはもはやぶっとんでいるであろうに、目力がどんどん上がっていくから、もうそこから視線外せなくて、きっとまんまと彼の思うつぼだったのだと思います。アイドル底力。

                  今まで渡辺くんのダンスを見て“自分が女でよかった”って何度も思ってきたんだけど、最近は声帯にもそういう感情を持つようになってる。

                  広い空間に物怖じもせず、その比類のない声帯から♪Can you hear my voice?”と問われるこんな官能って他にある?

                  お台場で突如出現した二番はここでも(合同でも)封印されていて、なんか伝説の指クイみたいになってる節はあるけど・笑、渡辺くんはこの自身のパートでこの指使いをしておられました。声色の艶気で潤しておいてとどめさす渡辺くん。♪わたしのわたしの彼は左利き〜♪ わたしひだりききの人とお付き合いしたことないからさ、彼はあれもこれもそれもどれも、普通の反対側から致すの?って思うだけで悶絶っすよ。女の妄想力なめんなー!ってなったよね(なめてないとおもいますが)・笑。

                  全然違う!って怒られそうだけど、桑田さんの歌詞の世界のエロスに近いもん感じたわ・笑。

                  そんなこんなで毛穴まで全開にさせといて、6人みんなが「もっと」「もっと!」『もっとーーー!!!』って(Say!Snow Man!のとこ)煽るからもうほんとたまらん。最近、何効果かわからんけど閲覧してくださる方の数が増えててあんだーとぴっくす系ちょっと書きづらくなっちゃってるんだけど(前置きしたよ)、

                  なんなんだこの公開情事感!

                  特にえびさんとこのバックにつかせていただいてるときに思うことが多いんだけど、えびさんとえび担さんの相思相愛感がたまらなく羨ましかったんだよね。お互いが想われてるなあ、大切にされてるんだなあって。

                  しかし。

                  すのーまんなんだかそういう前戯みたいなのぶっとばしてきたぞ!

                  これ本当は感想の最後に書きたかったんだけどね、今回の単独コンって彼らが男になった瞬間見届けるような感覚だったのね。わたしら彼らの最初の女じゃん?みたいな・笑。まあ、この辺の感情感想はもっと言葉選んで最後につづるつもり。

                  序盤に前戯はちゃんとあったよ・笑。そしてこのへんからがいっちゃんイイトコ(じちょー)。

                  そしてこのあと甘やかにピロートークに繋がっていくわけですな。

                  はぁぁぁぁ。すのーまんいいぃぃぃ/////(こら意味深)


                  (なんとかお城に今年初参内させていただいたんですけども、横アリ感想残すまでは先に進めません・汗。がんばれ自分。っていうか、感想残しってほんっとたのしーんだもん。いつまでたっても終わらんっつーの。4/12現在)


                  ってことでまだ続く。↓

                  ◆EXPLODE〔Kis-My-Ft2〕
                  《メインステ〜外周?》
                  〈同じ〉

                  “なんだこの曲?新曲か!?”

                  って、またまた思いましたけども・笑。サビまで聴いたら“なんかどっかで聴いたことある。そうそうキスマイさんだわ”ってなりました。去年地元にいらしていたときに参加させていただいたアリーナツアーのセトリにあったような?

                  渡辺くんの歌割は♪なんてらしくない♪あたりを歌っていたらしく、そのあとがだて→さくって書いてあるから、多分Aメロをいわあべふかで回すようなかんじかなあ(推測)。♪HERO♪のかけあいも担当してたっぽい。おそらくサビで外周に出つつ歌は6人かな(推測)。そんでもって

                  ♪だれもがすすむ〜♪だて
                  ♪みみをすまして〜♪なべ

                  ってあるのでCメロだてなべってことかな(おそらく)。

                  んで、どのタイミングで上がったのかがメモれてないんだけどこのCメロ中の♪とざされ〜♪って歌詞あたりまでリフターが上がってたっぽい。そのあとの間奏からセンステに集合して大サビかな。感動したのは炎ガンガンあがる演出があって、記憶ではたしかセンステ囲むようにあがってたような(かなりあいまい)。

                  渡辺くんのリフターはDブロ前だったような記憶だけど、これまたメモないよう。詳細どこかで出ないかなあ・涙。最後のセンステは
                  ←メインステのせり上がりをリフターとメモってしまったらしい(5/1訂正)
                  メインステ側
                    ↑
                   渡岩阿
                   佐深宮
                    ↓
                  バクステ側

                  公演中のこのへんに持ってくるキスマイさん曲って、彼らの本気を見る場面というか(いや、全編において本気だとは思いますけど)。前奏からアドレナリン出まくってパワー放出しまくる渡辺くんを見て、そこになんとも言えないデジャブ感を感じてね。そのデジャブ感を探るうちに、どんどんどんどん客席からの甘い熱い歓声が厚くなって行くのを感じて思い出したの。

                  単独二年目だったか?のクリエでアイノビートをしたでしょ。ああ、あのときのかんじに似てるかも。って。

                  “彼らも頑張ってるし負けずに声出さなきゃ”みたいな感じじゃないんだよね。もう知らず知らずのうちに心の底から抑えきれない声がわき上がるというか。

                  はぁぁぁ><かっこいぃぃぃぃぃいいいい゛い゛い゛い゛い゛い゛><><<<<!!!!!!

                  ってどんどんクレッシェンドしてくの。もう大サビたどりつくころには青息にも似た桃色吐息状態ですよ。

                  彼らは多分彼らが思ってる以上にかっこいいってことを自覚してないんじゃないか?って思うよ。もはやかっこよさがアナーキーな領域。

                  なのに煽る声も歌詞に合わせて力の入る腰使いも左の拳も表情も全然緩めてくれる気配ないから、立ってるのもやっとなの。たしか、アイノビートのときも足ががくがく震えるから、体幹で必死に自分を支えた記憶がある。

                  あのサイズだからそうできたのかもしれないって、今までは思ってたんだけどね。あのままを横アリに持っていっても完全に成立していたんじゃないか?ってこの辺で思ったんだよね。で。こうなってしまったらば、本当に寂しいけどもう彼らのエナジーを600人の空間に入れておけるわけないんだよ。とも思ったんだ。


                  ◆Finally Over〔A.B.C-Z〕
                  《センステ〜バクステ》
                  〈同じ〉

                  本編最後が確実に近づいているんだなあという哀愁に、泣きそうになってるところに響き渡る渡辺くんの歌い出しで自分を支えるの必死でした。“いろけやばい!”という陳腐なメモが残ってる・笑。

                  地声裏声の境界線あたりを巧みに操る渡辺翔太さん。最後の最後でフィニッシュ決めるこんな大舞台で、彼がソロで歌いだす瞬間が来てるんだ!って割と敏感に五感が反応して意図せず泣けてきた。

                  何年目だったか?のクリエのセトリにあったときも、たしかこの曲をこの辺のタイミングに入れてきていて、あのときは6人で歌いだしていたんじゃなかったっけ?上手側のバルコニーからはっしーととっつーが嬉しそうに見ててくれたんだっけ。今回のも見てもらえたら良かったなあ。言葉と言葉がくっきり聞こえてきて、その歌声がこの曲に対するリスペクトを最大に表現してると感じたんだよね。


                  上下関係すぐ察知して恐縮や謙譲が顔や態度に出るのは、きちんと育てられた人なんだなあと思うと同時に普通の人くさくて愛しいところだとは思ってきたけど、彼らの立つ場所はやっぱり下がった分だけ上げるの大変な世界だと思うからさ。そして上がれば上がっただけの景色が見えるはずだからさ。私は彼らの登った場所をいつも見せてもらうだけで、なんもできないのが本当に申し訳ないなって思うけど。でもだから、渡辺くんにはいつでも自信満々でいてほしくてね。

                  ボルテージ高まって「さわげこのやろー!!」みたいなこと言ってるの聞いて「なんちゅー口のわるさや!笑」って思わず突っ込んだけど・笑、でもそういう“ちょっとらしくない”渡辺くんを見られて嬉しくて泣き笑いだった。こんなに距離感縮めてきてくれてるんだなあって。

                  センステからメインステ経由で上手側の外周へ出る時に、ハンドマイクを受け取ってサビまでにバクステ行くのかな。バクステで赤ってなんだろ?照明?←思い出せない・笑

                  大サビでセンステで、後奏までに下手側の外周からメインステに戻るんだったかな。まさにドーピング疑惑レベルの運動量・笑。

                  でもね。ここまでにも力の配分なんて感じることもなくて、もう声も枯れちゃうんじゃないかと思うのに、さらにさらに煽る声に怯みは一切感じられなくてね。

                  それでももうさすがに声帯まかせにできなかったのか、騒げ!と叫ぶのに四股踏むみたいに腰落としてから拳突き上げて、体内に残る渡辺翔太を一滴も残さず振り絞るようで、

                  そこから滴り落ちる汗をぬぐいもせず駆け抜ける彼は、ハレーションするほど輝いて、眩しくて、痺れました。この人、わたしの知ってる渡辺翔太と同じひと?笑、みたいなこと思うくらい・笑。

                  コンナノハジメテ(←言ってみたいやつ・笑)


                  そうしてみんながメインステに集結すると、最後の3.2.1でジャンプ。特効上がる瞬間にすのーまんと一緒に空に浮いてるってなんてなんて幸せなんだろう。


                  なんて。このまま、この高揚感に身を任せていたいのに、まるで熱を冷ますみたいに彼がスッと背中を向けて、マンションセット奥からペンライトを握りしめて出てきたから、

                  ああ、このコンサートはエピローグに向かうんだなあって、割と冷静に眺めてた。

                  この後広がる景色をまだ知らないころ。




                  ◆Snow Dream〔新曲〕
                  《メインステ》
                  〈同上・白ジャケット〉
                  *ペンライト振り


                  『ジャニーズJr.祭り 2018 Snow Man』(横浜アリーナ)(2018.3.25 Sun)〈S.Watanabe memo〉5

                  0
                    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

                    『ジャニーズJr.祭り 2018 Snow Man』
                    (横浜アリーナ)
                    (2018.3.25 sun)

                    2018/3/25 sun

                    Flamingo〜ALIVE

                    〈S.Watanabe memo〉5

                    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


                    ◆Flamingo〔Kis-My-Ft2〕
                    《センステ》
                    〈黒ラメ衣装〉

                    雨音聞きながらセンステで渡辺くんがジャケットに袖通すと6つの衣装が重なって、一年を通して聞きならされてきた前奏のはじまり。6人のお気に入りのパフォーマンスなんだろうね。これが彼らの曲ならいいなって実は何度も思いながら見てきたよ。笑

                    ◆T.A.B.O.O〔櫻井翔〕
                    《センステ》
                    〈〉
                    {阿部・岩深}

                    阿部くんだけ赤(キスマイさんおさがり)衣装のジャケットにチェンジ。

                    あぁぁぁぁぁぁ(T_T)わたしとことんTABOOにはご縁がない(T_T)あべちゃんせっかくだから5人をバックに従えてほしかったようぅぅぅ(T_T)。初年エビ座で、はっしーがこの曲をされておったわけ(なのでご本家さまのパフォーマンスはまったく存じ上げないのが申し訳ない)だが、地方だけ(ちなみに地元にはたしか関西Jr.くんたちがついた記憶)はバックがすのーまんだったと聞いて、“やっぱりヲタごとは「悩んだら行け!」に決まってる”って、深く深ーく後悔した曲のひとつだったりする。

                    まあ、地方おたくなんてのは、そんな先に立つ後悔ばっかだよね・笑。

                    ってことで、あべちゃんにしても満を持してのT.A.B.O.Oかな?おめでとうございました!!

                    ◆AAO〔Kis-My-Ft2〕
                    《センステ:阿岩深・メインステ:佐宮渡〜外周》
                    〈〉

                    メインステにさくだて?渡辺くんはカミテの外周スタートって書いてある。センステからシモテ外周にふっか?バクステにいわあべ?←全部“?”って・笑

                    ◆チラリズム〔NEWS〕
                    《バクステ》
                    〈〉
                    {宮舘・佐久間}

                    前の曲終わりまでにメインステまでダッシュしてきたから、次はメインステ?かと思いきや、シモテのセット奥に捌けた渡辺くん。前奏きこえてきてパフォーマンスの位置探すとバクステでだてさく。どうせならサッカーのユニフォームでやったらよかったのに(んな尺あるかぁ!)笑。既存振り。もはや円熟味まで感じさせるだてさく25歳のチラリズム・笑。

                    んで、前に6人でやったときも書いた記憶あるんだけどさ、この曲は“ぱんつーまるみえ!”までやってワンセットだってーの(たしかサビからだったと思うからやってないよね?)笑。

                    ◆Sexy Zone〔Sexy Zone〕
                    《メインステ〜センステ》
                    〈赤〉
                    {岩本・渡辺}

                    チラリズムからのセクシーゾーンできわどいとこ攻めてきた!笑。メインステからランウェイ風情でセンステまで歩くいわなべ。曲の切り替わりでひーさん先陣に「セクシーローズ」。渡辺くんは「せくしーろーず?」って照れ隠しなのかなぜか疑問符付くようなかんじで爆笑した。アイドルのくせにかっこつけきれないなべちゃんてほんとおもしろい。そのあと二人合わせて『セクシーポーズ』って言いながらセクシーポーズ(爆笑してたからどんなポーズしてたか見逃した←)。

                    しかし美声。高音最高。こんなこーんなアイドル曲のお手本のような歌まで、なべ色に歌いあげるのほんとずるい。

                    センステで赤いジャケット着るのかな?着ながら「はずい」って言ってたっぽい。


                    ◆勇気100%〔〕
                    《メインステ》
                    〈同じ〉
                    {阿部・深澤}

                    曲の途中であべふか入所時の写真がスクリーンに出るのですけども。そのへんまでにメインステまで戻らねばならない渡辺くんは、まだセンステから縦花を歩いておりましてな。

                    客席は、縦花を通過する渡辺くんの方を向いておったのをわかっておったのでしょうな。

                    /////

                    その一帯を見ながら、スクリーンの方を指さして「あっち見て見て」ってしたんですよ。

                    もうもうもう/////サプライズで打ち上げ花火用意していてくれた彼氏が「こっちばっか見てないで、あっち、ほら見て・笑」みたいな笑顔でさぁぁぁぁぁ/////

                    おーまーえーーーーんなかわいい顔でんなことすんじゃねーよーーーーしんぞーとまるやろがーーーー(くちわりぃな)

                    はい。

                    ええ。もう心の臓は長らく患っております。

                    恋煩いというやつです/////(おたくいたくてなんぼじゃ!←ひらきなおり)

                    で。勇気100%だっけ←

                    すのーまんの勇100見られたのなんて何年ぶりだよぉぉぉ(T_T)彼らが後ろで踊ってたのは、まだ古い振りのころだよねぇぇぇ(T_T) 腕ぶんぶんふって♪やりたいことやったもんがち青春なら〜♪してたしょーたん大好きだったよぉぉぉぉ(T_T)

                    ってそのときは思ったけど、たしか新しい振りの勇100で紅白出たっけか・笑。←

                    ふっかとあべちゃんのノスタルジーな選曲大好きです。今回はみんなもいてうれしかった(いくじなしも6人で見たかったという暗なるメッセージ)・笑


                    ◆恋のABO
                    《マンション》
                    〈同じ〉

                    前奏までにマンション内に入るかんじかな。

                     阿
                    宮 岩
                     佐
                    渡 深

                    B型なべふかはステージ上にいたから、そのまま階上の住人だったんだと思う。

                    歌詞の血液型の順のままスクリーンに映し出されていて、各々アピールしてたと思う。渡辺くんは両親指立てて自身を顔元あたりで指すかんじ。

                    Bメロでシモテ側の階段あがって壇上でサビ。

                    岩 阿 宮
                    佐 渡 深

                    たしか岩阿宮は一段上だったような記憶。既存振り(当時少クラとかハイヘイセイあたりの映像は擦り切れるくらいリピったので多分間違いなくあの頃のままの振りだったかと)。

                    敢えて書きますけど♪ほっほほー♪の足さばき当たり前にさいっこーっす。敢えて書きますけどやっぱなべちゃんの下半身(腰下の軟体性)ほんと大好きっす。もうもうもうほんと現代のジョントラボルタっすよ(年ばれっぞ)。♪来いよ来いよ〜♪のあたりの歌割が上段下段で掛け合いみたいになってたっぽい。

                    まだファンには公開していなかった時期かな?って記憶なんだけど、さっくん(すの含む)が人前でヲタ芸したのはこの曲が一番最初だったんじゃないかな?笑。2010年の少年たちで♪ろーまーんーすっ♪してたけど、ABOは2009年のキスマイさんでみやたぱいせんが選曲していたと思うの。渡辺くんたちはへんてこなTシャツ着てS字の外周にちらばってた記憶・笑。当時ヲタ芸なんてもん知らんかったので“なんかエアロビクスのステップみたいだなー”って思ったんだけど、たしかサビがライライレフレフだったような。

                    全種の血液型の揃う所以の選曲だろうとは思いますが、ちょっとそんなノスタルジーも置いておく・笑。


                    ◆ALIVE〔玉森裕太〕
                    《壇上〜メインステ》
                    〈バニシンジャケなし〉
                    {深澤・5人}

                    下から一段目壇上にふっかだけを残してみなさんはマンション奥に捌けるんだったか。「期待を裏切ってかっこよくやる」っていうからまたおちゃらけるのかと思った。だってかっこいいふっかずっと期待してるもん・笑。

                    ストレート投げるふかさーくんかっこいいよお!「ちぇんじまいうおーいえー」じゃなくて、ちゃーんと♪Change my world yeah!♪って聞こえたよお!

                    白い腕に際立って映える赤のキャプテンマーク見てモーレツに泣いたわ(なんであんたがって話し・笑)。

                    すのーまんがここまでになるまでに、肩に食い込む以上の重みを背負ってきた人なんじゃないかなって思ってる。誰よりキャプテンマークの似合う人だと思ってる。本当に感謝してます。青いベロア衣装の絆とかいろんなこと思い出して、書いてる今も泣きそうになってる(なんであんたがって話し・笑)。

                    前奏で壇上から飛び降りて、間奏?で5人が合流するのかな。多分その先はPONさんで流れてた映像のかんじかな。

                    阿 岩 宮
                     佐 渡
                      深

                    センターに立つ人を一際輝かせることに関して、すのーまんは良くも悪くも(笑)本当にプロだと思うの。これメンバーがセンターでもしかりなんだなあと実感したよ。ふっかの今回のパフォーマンスを至上のものに仕上げる5つの気概がビリビリ伝わってきて、本当に心打つ一曲でした。

                    『ジャニーズJr.祭り 2018 Snow Man』(横浜アリーナ)(2018.3.25 Sun)〈S.Watanabe memo〉4

                    0
                      ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

                      『ジャニーズJr.祭り 2018 Snow Man』
                      (横浜アリーナ)
                      (2018.3.25 sun)

                      2018/3/25 sun

                      交差点

                      〈S.Watanabe memo〉4

                      ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


                      【MC】
                      *ジュニアチャンネル撮影◆ZZL
                      *宮舘誕生日サプライズ
                      *阿部ちゃんお天気コーナー

                      あべちゃんが普通に天気予報をはじめたから、このお天気おにいさんいい声してんなー みたいなこと思いながら微笑ましくその光景を眺めていたんだけど、そののち横アリの天気予報をしだすおにいさんが「交差点では雨が降るでしょう。綺麗な歌声をお楽しみに」というような予報を始めたので、ちょっと身構えたよ。きっと渡辺くんのこと?ってね、ちゃんとキャッチしたつもり。ピンクの鳥とか嵐になる予報も謎解きみたいで素敵なお天気予報でした。横アリであべちゃん先生やっちゃう?って始まる前はは思ったけど、今回みたいな予報、スタイリッシュですのーまんのよそ行きの顔ってかんじで、お友達に誘われて来ました!みたいな方にはあべちゃんってこんな人って印象深くついたんじゃないかなって思ったよ。またやってほしいなー。


                      ◆交差点〔中山優馬〕
                      《バクステ〜センステ》
                      〈黒ラメ衣装・白シャツのみ〉
                      {渡辺・深澤〜4人(阿部以外)}


                      前にも書いたけども。気づけばすのーまんだけ見て育ってきちゃったから、ジャニヲタとか言いながら、ジャニーズのことはすのーまんが表で関わってきたものしか知らないんだよね。だから、知らない曲はみーんな“オリ曲?”って思っちゃう・笑。優馬くんに関する知識は、2011年だっけ?革命でご一緒させていただいたとき、すごく距離縮めてたのよく覚えてるよ。慕われて頼られてるのうれしかったんだ。でもあとは、NYCと、よく遊びよく学べと、ミッシングピース、あと水の帰る場所だっけ?それくらい・笑。

                      だからさ、この曲も渡辺くんがソロでもらったオリジナル曲かと思っちゃった

                      というオチ。ほんと、おめでたいよね・笑。

                      それくらい渡辺くんの声に合ってるなーって思ったよ。渡辺くんの得意な音域だけで作ってもらったのかな?みたいなこと思うくらい・笑。


                      えび座でさっくんと最初にスパイダースさせてもらったときさ、原曲のキーのままだと低かったのか、♪その日から〜♪の“ら〜”とかさ、聞くたびめっちゃ危うくて・笑。でもその危うさこそ、渡辺翔太自身の危うげな魅力をまさに模るみたいで、より惹かれてしまうというか。翌年の なんとなくしあわせ は、キーをひとつだったか?あげてもらってて、そういう心配しなくてよくなっちゃったんだけど、どこか寂しいぞ。みたいな・笑。

                      そんなこともあって、渡辺くんが歌うときは、その曲の一番低い音をとらえにいく瞬間が今も本当に大好きなんだけどね。

                      多分、そういう場面がこの曲にはなかったような記憶。

                      幕が上がる前何度か“ディアハイヒール”を思い浮かべたのにはわけがあってね。中島(健人)くんの曲は合うだろうなーって思ってたの。♪Loveの風が僕らを包んでいく〜♪とか、男の子にしては高いよね?それから、やっぱりどこかしらで関わってきたものを聞かせてもらいたいというおたくの身勝手もあるかもしれない。

                      帰ってから、優馬くんのこの曲をようやく聞かせてもらって思ったのはね。彼の反骨精神をやっぱり感じてしまったということ・笑。“反骨精神”っていうワードはたしか、黒い朝白い夜を見せてもらったときもそう感じた記憶がある。

                      平たく言えば、横アリ初単独の優等生ぞろいなセットリストの中に、この曲をぶっこんでくる彼のへそ曲がり感に笑ってしまったというか・笑。どんなに王道だと言われても、もう君以外愛せない じゃ嫌だったんだよね?笑。選曲もまた、己を表現する手段だよね。“へそ曲がり”という肯定の感情が嬉しいです。

                      でもさ「俺元々優馬が歌う曲が結構好き笑」(なべ日)とか、もう、さいっしょっから教えといてよ。そしたらもっと“この歌詞でこんな振り”とか“Bメロで○○くんがバックでこんなこと”とか“サビのフォーメーションこんなかんじ”とか覚えておけたのに・笑。地元でちゃのましてる友人が帰りの新幹線に乗ってる間にも「しょーたんの交差点聞きたかった〜^^」ってラインを見て思わず嫉妬してしまった・笑。“あの曲交差点って言うんだ”みたいなね・笑。

                      もっと勉強します・笑。

                      だからね。そんなことでぜんっぜん覚えてないの。思い出せるのは、バクステからセンステへ軽くステップ踏みながら澱みなく歌う渡辺くんが“これが今の俺”みたいなのを誇示して歌いあげてたという記憶と、メモに残る“マイク左手”“つぐむ口元”“あがる口角”から想像する彼の表情だけ。

                      思えば、どの年の選曲も想像の斜め上行くなあという感想。一筋縄ではいかないんだわ。渡辺翔太って人はな・笑。何を発信してもまるで自分のものみたいな顔して歌いあげるから、もうそれが全てでいいやってなってる・笑。渡辺くんが表現するものがすべての答え・笑。

                      ってね、うまく思い出せないから若干自暴自棄になってるなこれ・笑。

                      せつない曲だね。情景の中に色味や香りが漂ってきて、その中に渡辺くんが身を投じてると思うと尚せつない。雨上がりの光景と水音を水辺の美しい鳥たちにつなげたかったんだね。情緒的だね。

                      この交差点を歌う姿がどこかでお披露目されたらいいなあ。できることなら、この日の横浜アリーナの姿が全部見られたらいいなあ。


                      それからいつか。本当に。渡辺くんのソロ曲が収録されるSnow Manのアルバムなんてのが発売されたらいいなあ。


                      今はただ“PONさんありがとう”。これに尽きるという、いつにもましてコンレポとは程遠い感想・笑。


                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>

                      渡辺翔太

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode